プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    殊勝な態度

     母が年をとり、膝を悪くしました。ヒアルロン酸の注射に行ったりしていますが、悪化傾向です。痛い痛い、と言うので、ネットで膝の医師を探したりしました。そういった専門医に一度受診するように勧めましたが、なにやら友達とのクチコミの情報を頼りにしているようで、結局のところ本人としては今のままでいたいそうです。

     私は、それはそれでいいのですが、怒れたのは母の態度です。
     母の膝が悪くなったのは、仕事を退職したのが大きなきっかけです。70過ぎのリタイアでした。私は母のリタイアには基本的に反対でした。母は元来働き者で、趣味を楽しむタイプではありませんでしたから、急速に体調が崩れる事を危惧していました。
     でも母の人生ですし、年をとると職場に居辛くなるのもわかりましたし。
     ただ問題は高齢者は運動量が落ちると急速に筋肉が落ちてしまって弱ります。想像以上のスピードです。刺激が無くなり精神的にもハリを失いますから、一気に色んな病気にもかかりやすくなります。ですから、ボランティアでも何でも良いので、外出の機会と社会との接触を続けて欲しいと話しました。
     ところが母は家に篭るようになりました。運動は30分ほど買い物を兼ねた散歩のみです。これではとても足りません。
     結果、膝がどんどん悪くなっていきました。

     病気を治そう、状況を良くさせようと思うのであれば、その病気についてまず知る事、そして出来る事を探して実践する事でしょう。
     ところが母の態度は、病院に通えばいい、情報はクチコミで、といったものです。
     病院でもちゃんと説明はしてくれません。
    「膝が悪くなっちゃったね。年だねぇ。じゃ、注射しとこうか。あとで電気かけてってね。」
    程度の話で終わっているのは想像に難くありません。日本の医療なんて、こんなもんです。ですから治そうと思ったら、ある程度自分で勉強して、一歩踏み込んだ質問をしていかなくてはいけません。運動の説明も紙一枚渡されたきりだという事でした。

     母はあんまり痛いから手術も考えている、というので専門医を調べたのですが、結局は私の徒労に終わり、それどころか電話口で母と喧嘩になりそうになりました。
     母が動けなくなったら誰に迷惑をかけるのか、それを考えていない母の行動に腹が立ちましたが、もう勝手にしろ、と思いました。殊勝な態度が見られない人に情けはかけたくありません。

     母との関係は今までもこんな感じでした。実の親子は関係が悪化すると歴史がある分、婚家先の義理の関係より始末が悪いのです。
     私は三姉妹の三女で手抜きで育てられたのを感じていた分、こういう時に我慢する気力がありません。子供は大事に育てるものだとつくづく思います。子育て中の皆さん、可愛がって世話して育てましょうね。
     今回のような事は今後も繰り返されるだろうと思うので、出来るだけ距離をとっておきたいと考えています。

     私には子供がいませんから、老後の頼りはお金だけです。医療もどんどんお金がモノを言うようになりました。母の膝だって、おそらく世界の先端医療技術ならあっさり良くなったりするものなのでしょう。尾崎豊の歌で「ダンスホール」という曲があるのですが、その中の歌詞に
    「金が全てじゃないなんて きれいには 言えないわ~」
    とあるのですが、最近そこが頭の中を流れる事が多いです。。。

     私は夫に迷惑をかけないように、運動など自衛出来るものはしていきたいと思いました。
     
    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。 
    スポンサーサイト

    COMMENT

    お返事ありがとうございます。
    日本の処方が悪いということは分かっていますのでいくつかの病院でバルトレックスをもらって自分でしっかり治るまで飲むということは、やってますよ。
    500mg×4回を3カ月やったこともありますし。
    しかし完璧に治った後で、量を減らしたとたんに再発します。2カ月や3カ月服用して治っていないということはさすがに無いと思います。その頃には症状も消えてますし。
    それとアトピー自体の重症度は全く高くないです。ヘルペスが引き金になって悪化しているということは自分でも前から感じていました。日本ではこの点は知らない医者が多いですね。
    ヘルペスが口周りにでる→顔や首などのアトピーが急激に悪化→そこに移る→さらに全身へ
    と言った感じですね。
    前は1日1錠でおさまっていたのがいまは3錠でもおさまらなくなっています。それと治癒までの期間もとても長くなっているので効きが悪くなっているのは明らかなんです。
    ずっと一日4錠飲んでいてまったく問題がないのならいいのですが、このままいくと効かなくなるのも時間の問題かなと思ってしまいます。

    マモルさん

    長期間、アシクロビルを飲んでいますが、検査で引っかかった事はありません。ドクターもとても安全性が高い薬、と言っています。日本のお医者さんたちは強い薬だから、と及び腰ですよね。

    マモルさんの処方は、量が足りていないので治っていない、という日本の悪い処方の典型だと思います。だから効きが悪くなったように感じているのではないかと思います。
    私はヘルペスが出ている時はバルトレックスは1000mgを一日3回飲み続け、症状が落ち着くまで続けます。そこから症状が落ち着いてきたら徐々に減らしています。
    ヘルペスはアトピーを悪化させますから、アトピーも酷いんじゃないかと思います。(ただヘルペスを治してもアトピーは残りますけど)
    出来れば渡米して、ドクターたちの治療を受けられたら、と思います。重症度が高そうなので、気になりました。

    鍵コメさん

    人気がなさそうな記事だったので、内容に理解を示してくださった事、とても嬉しく思いました。
    70歳過ぎの世代だと、運動に対する意識もあまり無いのかな、と思ったりします。今後はもう、なるようにしかならないですよね。。。

    ヘルペスについて

    自分はアトピーとヘルペス持ちでヘルペスがあまりにも頻繁に再発するため全身にカポジを繰り返しています。担当医などもこれほどに繰り返す人は見たことないと言って困り果てています。
    ヘルペスの専門書や医学書で自分出来る限り調べてきたのである程度は知っているつもりですがまだまだわからないことがたくさんあるので教えてください。

    そちらではアシクロビルを年単位で処方するとありましたがその間は血液検査などはないのでしょうか?
    肝臓や腎臓にかなり負担がかかると思います。
    それと自分はここお2年近く、バルトレックスを服用している(500mgを1日3回)期間が8割程度、服用していない期間が2割程度と、ほとんどの期間服用しています。あまりにひどくヘルペスを繰り返すので3カ月ほど続けたこともありました。しかし長期服用しているため明らかに効きが悪くなってきました。
    ゆかりさんはアシクロビルを長期間飲んでいて効きが悪くなったと感じることはありませんか?

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    EDIT COMMENT

    非公開コメント