プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    リスクをとらないリスク

     リスクのとり方は人それぞれだと思います。
     リスクを積極的に取る人と極端に避ける人。でも「リスクを取らないリスク」があるという事も知っておいた方がいいと思います。

     時代は変わってきています。
     昔は「巨人・大砲・卵焼き」でスターも出やすかったし、流行も画一的でした。権威がある人たちについていく事が当たり前だったし、またリーダー達もリーダーシップもありました。そして国は右肩上がりでした。
     でも今は違います。少子化だし、日本の国力が落ちてきているのを徐々に感じ始め、閉塞感もかなりあります。
     アトピーで苦しんでいる人たちも経済的な不安が尽きない人も多く、仕事を一度失ったら再び仕事に就けるか、など色んな不安があると思います。

     安全志向は大事なことです。でも何が安全なのか、もう一度考えてみた方がいいと思います。
     安全と言われていた年金がいい加減だった事がわかりました。原発が安全だというのも嘘だった事がわかりました。マスコミの報道も誰かの利益の為の世論操作の一部という事も分かりました。
     ステロイドは安全と言われてせっせと塗り続けた人たちがどうなりましたか?これが良い、あれで治った、と色んな人に言われて、その通りに従った人たちがどんな結果を出しましたか?

     100%「安全」な物など、無いのかもしれない。そんな事を感じ始めました。

     それを前提なると、リスクは取った場合と取らなかった場合とを常に比較するようになりました。野菜を買う時、肉を買う時、仕事に行く時、漫然と、ではなく、これがリスクを比較して安全度が高い行動なのかどうかを考えます。

     重症度の高い人のアトピー治療に関して、リスクを取る事について、真剣に考えた上で治療を選んだ方が良いと思います。アトピーの重度の人は、何かをする事も何もしないでいる事もどちらもリスクです。そして体の問題は、そのまま経済の問題、人間関係の問題、人生の問題にもなっていきます。

     渡米治療に関しては、「リスクを取らないリスク」に気が付いた人が行っているように思います。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    EDIT COMMENT

    非公開コメント