プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    ワークショップ

     アトピーアソシエイション(AAJ)で1月に行なったワークショップ、なかなか好評だったようです。
     明石さんとお話しする機会に恵まれたので、どんな様子だったか聞いてみると、まず、苦しかった思いを吐き出す場になった事も大きかったようで、雰囲気も良かったとの事。男女比はやはり女性の方が多かったようでしたが、お子さんのアトピーでお悩みの方もいらっしゃったようで、良かったと思います。

     自分がアトピーになって思った事は、同病者じゃないと絶対に苦しみを共有する事は出来ない、という事でした。私はまだ、吐き出しても受け容れてくれる友達に恵まれていたので、苦しみを溜め込むところまでは行っていなかったと思いますが、自分から話す事が苦手な人や、わかってほしい思いを抱えすぎてしまった人などは、やはりこういう場は必要だと思います。

     それとアトピーアソシエイションの良い所は、正しい治療につながっている所です。
     アトピーが治る道筋を知っている人達がその場を作っている、という事に特徴があると思います。

     今、アトピーも少しずつ解明されてきています。「バリア機能」「フィラグリン」「ステロイド」「アレルギー」など、色々わかってきているのに、医療の現場では、20年、30年前と同じ、ステロイドを塗りたくるだけの治療が展開されています。そして民間療法では「解毒」「油抜き食事」「脱ステ」「脱保湿」「自然な食べ物」「漢方」などです。
     解明されてきている事と、治療が全然結びついていないのです。食事療法はバリア機能やフィラグリンとどう関係しているのか?ステロイドはどう関係しているのか?結びつきをきちんと考える必要があります。正しい治療かどうかを見分ける鍵は、ここにしかないのです。

     明石さんが
    「今の医療が僕が酷かった時の治療と何一つ変わっていない」
    と怒りも露わに仰っていました。
     参加者お一人お一人の置かれている状況に

     アトピーは体だけでなく心も病んでしまうような病気です。でも心の病みがアトピーが原因であるのなら、アトピーが治れば心の病みは治ります。
     色んなアトピーのワークショップがあると思います。でも正しい治療を施してくれるワークショップでなければ、ただの同病者哀れみのワークショップになってしまいます。そして集団心理で間違った治療法に突入していくのでしょうか・・・。

     AAJのこのワークショップは月に一度の割合で開いていく予定、と聞いています。次回は

    日時: 2012年3月24日(土)13時~17時30分 
    場所:久永ビル2階 IFF教育センター 

    のようですね。詳細はAAJのHP

     家でAAJのHPを読むだけ、私のブログを読むだけでは、アトピーは治りません。行動を起こして初めて治る方向に道が開けるのです。是非、頑張って行って欲しいと思います。

     それと治療して卒業してしまった人たちも、ボランティアで行ってもらえたら、と思います。治った人を見る事は、治療前の方達に決して言葉では言えないほど大きな力を与えます。特別な事は何もしなくてもいいのです。ただふんふん、と頷いているだけで十分です。ボランティア活動や募金などでなくても、これだけで社会に十分貢献した事にもなります。それと、意外にも卒業した私たちも受け取るものが意外と多いものです。

     ワークショップもまだまだ進化させていく方向のようなので、今後が楽しみです。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。

     カテゴリ、変更しました。こちらでは何と、一位です!皆様のおかげです。今後も頑張ります。
     
    スポンサーサイト

    COMMENT

    EDIT COMMENT

    非公開コメント