プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    NHKスペシャル

     去年に放送したNHKスペシャルは見ました。
     ちょっと複雑な気持ちになった、というのが正直な感想です。

     アレルギー治療に関しては、「アレルギー免疫療法」という言葉も出てきたし、その治療法の説明も良かったと思います。ただなぜ海外で治療できて、日本で治療できないか、というあたりの言及はもちろんなかったですね。

     アトピーに関しては、「フィラグリン」という言葉が出てきたのは画期的だったと思いました。AAJでは既に一昨年、講演会で出てきた言葉でしたが、メディアにちゃんと載った、というのは良かったと思いました。
     でもステロイドの話になると途端にダメでしたね。確か、ステロイドは体内に吸収されない、とか言っていたように思います。それと被験者の女の子にステロイドを塗りたくって、一時的に良くしてしまい、ビフォーアフターっぽくしてしていましたね。
     治療法に何の進歩もなかったです。

     見ていて思ったのですが、海外では医療は進んでいるのに、日本では全く進んでいない、というのがはっきりして、格差を感じました。

     渡米治療組の間では、失望感、憤り、といった反応もあり、ま、「フィラグリン」とか出てきた辺り、今後に期待しよう、という意見あり、でもステロイドの辺りはダメって感じです。

     それにしても「オレゴン健康医科大学」まで行っておいて、なぜドクターマセソンを取材しないのか・・・?といった疑問は残りましたが、もしかしたら制作者の人が良心からこっそり「オレゴン」とヒントを出したのかも、なんて深読みしてしまいました。

     そうそう、番組中に紹介していた保湿剤ですが、多分これじゃないか、という情報を頂きました。
     ドクターマセソンに質問した方もいらっしゃったようですが、現時点で使っているプラスティベース、セタフィルローション辺りで問題ないので、あえて購入は勧めない、という事だったようです。
     既にアメリカでは市販されているようなので、試したい方は購入されても問題ないと思います。

     11月の講演会で、去年、新聞社でなされた標準治療キャンペーンやNHKでの放送などにより、問い合わせが10分の1程度まで減ってしまった、と言っていました。
     AAJでの治療から思い立って、標準治療を決めた人もいると思います。でもその内の何割かの方が残念ながら必ず悪化させる筈です。もっと言うなら、AAJを知らない人達ももちろんたくさんいるわけで、大勢が標準治療に向かった筈なのです。ですがおそらく数年後、更に今より問題を深刻化させてしまうだろうと推測され、心配です。

     AAJの明石さんは臨床心理カウンセラーで、重度アトピーの心理面の研究などもされています。11月の講演会で印象に残っているのが、重度アトピーはPTSDと同じ状態である、言っていました。
     PTSDは事故や事件などで一時的に大きな心の傷を負った状態の時によく使われる言葉ですが、ちゃんと調べると「心的外傷後ストレス障害」という言葉なのです。
     大きな事件、事故ならわかりやすいですが、アトピー患者の場合、病院をたらい回しにされたり、ある時は医師から傷つけられたり、家族や社会ではわかってもらえなかったり、と真綿で首を絞められるように心が傷つけられていく、と言っていました。

     ですから、早く治った方がいいのです。絶対に。

     標準治療キャンペーンは、おそらく心の傷をも大きくしてしまうに違いありません。
     
     数年後、標準治療で重症化した人たちによってまた、アトピービジネスが元気に復活してくるのかも、なんて思ったりしました。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    Re: タイトルなし

    かっちさん

    その辺りの事は、このブログの中で記事にしたものがあったと思います。
    お時間のある時にでも、探してみてください。

    日本は決して医療後進国ではなく、むしろ神の領域といわれるiPS細胞の製造を成功させるなど世界の先端を行っているはずなのですが、どうしてなのでしょうね。。
    専門医が少ないからなのかな。。

    EDIT COMMENT

    非公開コメント