プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    日本で治療

     ドクターマセソンが行なっている治療は日本でも出来る筈、と言う方がいらっしゃいます。
     ではお聞きしたい。
     どこでやっていますか?その治療は全く同じですか?治療成績はどうですか?その治療を行なっている医師の技量はどうですか?サポート体制はどうですか?その医師の名前と病院の名前とついでに診療時間と電話番号と予約の取り方も教えてください。

     私は本当に苦しんでいる患者さんは、そう叫ぶと思います。
     じゃぁどこよ!?って。

     アトピーを治すためには、具体的な情報が必要です。日本でも治るはず、というのであれば、それは「想像」であってはならないのです。
     これはアトピーに限りません。どの病気も皆同じです。

     私は現在、同じ治療をしている病院を知りません。残念ながらあるとも思いません。なぜ同じ治療が出来ると思うのかもわかりません。私は看護師なので少し、一般の人より内情を知っているからかもしれません。
     単純にショートバーストで使うデルタゾンですが、これは成分は「プレドニン」と同じステロイド薬です。これはドクターは最初一日80mg、処方で、一錠20mgのものを使いますが、日本では5mgのものしかありません。ショートバースト終了までに合計で104錠必要な計算になります。患者さんによってはしばらく毎月ショートバーストという人もいます。これが健康保険の中で処方されるとは思えません。
     という事は、自由診療でやっていて、なおかつステロイドの処方に長けている医師でなくてはなりません。これで絞り込むと、日本全国の皮膚科医の中でかなり絞り込めると思います。というか、多分、全滅だろうと思います。
     もっというなら、トリガー探しやスキンケアの指導も出来なくてはいけません。アトピー重症患者のスキンケア用品の知識も十分に持っていなくてはなりません。
     仮にいたとしても、更に、皮膚科医としても優れており、アレルギー治療も出来なくてはなりません。アレルギー治療だけ別で、と思うかもしれませんが、アレルギー治療薬の記事を読んで頂ければわかりますが、検査薬と治療薬を備えていて、なおかつ診断と治療が慎重に出来る医師を探さなければなりません。
     
     完璧を求めなくても治療項目のいくつかが出来れば・・・、と思うかもしれませんが、治療成績に大きな差が出るだろうと思います。すなわち治らない可能性が高くなる、という事です。アトピーは原因に沿った治療が出来なくてはいけません。雑菌に思いっきり反応する人が雑菌だらけの環境にいたらおそらく治りません。

     私も治療前、日本で出来る治療を、と模索した事がありましたが2週間ほどで諦めました。時間とお金と労力の無駄だと思いました。目の前で治る確率が高い治療法があり、窓口が開かれているのに、何にこだわって日本で治るかどうかもわからない、またそこまで行く、あるいは通院する体力があるかどうかも不安、治療費も最終的にいくらかかるかわからない、資金の余裕も無い、そんな治療法を探して突入するのはばかげているんじゃないか、そう思いました。
     もちろん渡米治療も治るかわかりませんでした。でも確率が最も高いものから試すべきだろうと思いました。

     今月26日。ドクターの講演会があります。とても貴重な機会です。
     毎回の講演会で必ずある質問に
    「日本でこの治療がなぜ出来ないか?」
    というものがあります。
     実はこの質問の答えを一番よく知っているのは、おそらくAAJの明石さんだろうと思いますので、明石さんから説明した方がふさわしいんじゃないかと私から提案してあります。今回のプログラムでは、午前中に治療を検討中の方たちを主に集める事にしたという事なので、その中で説明するつもり、と聞いています。残念ながらドクターはアメリカ人です。日本の事情通なわけではありません。中国人が日本人医師に向かってなぜ中国で日本と同じ治療が出来ないのか、と質問するのと同じだろうと思います。
     治療に関して詳しい説明をドクターもいる所で無料で聞けるのは、一年に一度だけです。ご家族も一緒でもOKですから、治療に興味のある人達は行かれると絶対いいと思いますよ。治療を受けるよう迫られる事もありません。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    スポンサーサイト