プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    徐々に

     ヘルペスは徐々に落ち着いてきました。
     途中、下痢に襲われ、口角炎もやっぱり出てきて。錠数を少し減らしました。本当はこうならないように、継続的に飲んで出現させないようにしないといけないですね。出てきてから、いつも反省です。
     頭痛もほとんどなくなりました。世に言われている「偏頭痛」、実はかなりの数がヘルペスじゃないかな、と思います。
     それと歯茎の痛みもどうやらヘルペスと関係がありそうです。
     前から薄々気が付いていたんですけどね。頭痛が酷くなると、歯が「シカ~」って感じで痛くなるのです。この感覚、伝わるかしら・・・?渡米前はそれで歯医者に行った事も何度もあり、結局原因不明で歯石を取ってもらって帰ってきてました。
     最近は風邪を引いた時もこんな感じになるな、と関連性を感じていました。
     
     で、私の分析は、
    体調を崩す→ヘルペスが出てくる→頭痛・歯痛→皮膚にも症状が出現
     という感じです。
     疲れた時に出てくる、とかは間違っていないですけど、私の場合は一旦出てしまったヘルペスは寝ても寝ても消えないですね。薬じゃないと抑えられない体質なんだろうと思います。ま、それでも方法がある、という事は幸せな事だと思います。

     私の周りにもヘルペスがちらほら見受けられるようになってきました。夏の暑さで疲れちゃったかな?という感じ。夫もプチプチヘルペスが出ているのですが、アシクロビルでかなり下痢してしまうので、飲むのをすごく嫌がります。男なので体力で持たせてしまっている感じ。ライオンから出ているラクトフェリンラブレibsに良いと聞いて試したところ、お腹への効果はあんまりでしたが、体力増強効果がすごい、というか、体温が上がるようです。体温が少しでも上がると色んな菌とか死ぬし、ホルモン類も活性化されるので体には良いんですよね。どうやらヘルペスを悪化させないで保っているのも一役買っているようにも思います。
     でも難点は高価なこと。なので私は飲まないように控えていますが、でも風邪を引いた時は飲むとかなり効きます。
     安価なものならいいんじゃないか、と他の安いラクトフェリンも買ってみましたが駄目で、ラブレだけでも駄目でした。
     なので諦めてライオンのラクトフェリンを買う事にしました。

     余談ですがibsの人は病院へ行く事をお勧めします。
     夫はずっとお腹が弱かったですが、一時、会社で悪い奴がいてパワハラみたいにされた時(私が復讐してやりたくなりました。でも困るのは夫なのでやめたけど)、すごく酷くなってしまい、私が病院へ行く事を勧めて受診しました。今はとても良い薬が出ているので、一時は顔が青くなるほど酷かった夫が、元気を取り戻しましたよ。今は転勤で職場も変わったし、あとは病院の薬とOS-1で頑張っています。
     もしかかるとしたら、内科でも大腸検査や肛門などを看板に掲げている所が良いです。ibsの人は慢性的に下痢し続けている事が多いので、痔を患いやすく、肛門に近い腸の病気もリスクが高くなりますから、検査や継続的な診療も続けた方がいいと思います。

     パワハラする人も本当はちゃんと精神科受診した方がいいんですけどね。話を聞いたら、夫にだけしていたわけじゃないみたいで、本社に過去何度も同僚から苦情がいっている人だったみたいで。今は精神科も大分薬が良くなってきているので、行った方が本人も楽だと思います。おそらく家庭でも結構もめてる筈なので。ま、どこに元凶があるのかは家族全員の話を聞かないとわかりませんが、夫が原因でない事は確かだろうと思います。

    話が変な方向に行きましたが、
    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。 

    追記

    ラクトフェリンラブレなど、代謝を上げるようなサプリは炎症を促進しますので、もし興味があってもアトピーが酷い方は飲まない方がいいと思います。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    ケイさん

    こんにちは。

    差し支えなければ、メールアドレスを教えていただけますか?
    メールフォームからでも、鍵コメの形でも構いません。
    コメント欄だけのやり取りではちょっと不自由を感じています。
    よろしくお願いします。

    早速のご回答ありがとうございます。

    ブドウ球菌は化膿しているなど、目視で確認できる症状だと思いますが、ヘルペスは平時は神経に潜んでいるためどのように治療の判断を行うか疑問に思った次第です。
    話が変わりますが、頭皮の炎症は今度はカビやバクテリアが原因であることが多いのでしょうか?

    夏や髪が伸びると頭皮が荒れて大変です。。(涙)

    Re: 抗ヘルペス剤の効果に関して

    ケイさん

    残念ながら、どの位でというのは、上手く説明できません。
    原因はヘルペスだけではないので。。。
    他の治療も全部していて、どれも欠かせない治療です。
    どれも効果を発しているので、ヘルペスの薬単独でアトピー改善について
    説明する事が出来ません。

    抗ヘルペス剤の効果に関して

    ヘルペスに関する過去記事を読ませていただきました。
    ゆかりさんの体験では抗ヘルペス剤の効果はどのくらいで現れましたか?
    ヘルペス自体ではなくアトピー症状の改善はどのくらいで現れましたでしょうか?

    また、ヘルペスと全身性のアトピー症状に関して今後研究が進めばいいですよね。。

    了解しました

    一から勉強してみます。

    完治に向けて頑張ります!

    Re: 承知しました

    ケイさん
    血液検査はしなかったです。病歴・視診・問診です。
    それで十分であり、不要な検査はしないのがドクターの方針です。
    (一流は違うといったところですね)
    治療のDVDがyoutubeにもありますから、一度ご覧になってみてください。
    取り寄せるともっと色んな情報が入っています。

    また治療については変わっているところもあるかもしれませんので、
    AAJにご質問なさってみてください。
    アトピー教室みたいのをAAJで時々やっていますので、
    そちらへの参加もお勧めします。
    「アトピーとは何ぞや」というところから、治療に至るまで、包括的に
    勉強された方が絶対に良いです。知識が断片的になってしまうと、
    間違った方向にいきかねません。

    承知しました

    仰る通りですね。。
    抗生物質は下手をすれば耐性菌を生成しますし、ステロイドは諸々の内臓疾患を引き起こしますしね。。

    何度も質問して恐縮ですが、マセソン先生の治療ではヘルペスやバクテリアの診断はどのようにされましたでしょうか?
    病歴や目診でしょうか?
    それとも、ヘルペスやバクテリア検知のための血液検査は実施されましたでしょうか?

    Re: お返事ありがとうございます!

    ケイさん

    メールが届いていないので、セキュリティの関係か何かで、ブロックアウトされてしまったかもしれません。
    申し訳ありません。

    治すためには「正しい診断」が不可欠です。
    脅すようですが、私のブログ、および他の渡米治療者のブログを読んで、
    個人輸入で自己流で治療しようとした患者さんの被害者の数は私は知りません。
    (ただ自己責任なので、表には出てきていませんし、誰の責任も問えません)
    また渡米治療後、ドクターの診断を受けず個人輸入の薬に頼って治療に失敗し、命まで脅かされたという事も聞いています。(薬物を使うという事は怖い事なのです)
    「正しい診断」なくして「正しい治療」はありえません。
    「診断」の重要性を日本の治療では軽視されているように私は思います。

    ですからまず、ドクターマセソンから「正しい診断」を受ける道を探ってみる事を強くお勧めします。中途半端な事をしていては複雑怪奇化してしまったアトピーは治りません。

    ご自身の体は価値のあるものです。どうか軽視なさらず、大事にお取り扱いください。

    お返事ありがとうございます!

    メールでもご連絡差し上げましたが、現在栄養医学に基づく治療を行っており最悪状態からは奇跡的な回復を遂げましたが8割の回復で止まっておりマセソン流の治療に感心を持っている次第です。

    自分でできることは、ハイター風呂とムピロシンでしょうか?
    脱ステはプロの指導によるステロイド注射や内服によるソフトランディングが必要になると思いますので難しいと考えています…。
    バルトレックスとバクトロバン(ムピロシン)の購入を検討しています。
    また、医薬品の入手経路ですが信用できるジェネリックの販売会社やサイトはご存知でしょううか?
    アトピーを克服された「先輩」からアドバイスいただけると幸いです!

    Re: ケイさん

    > 初めまして。
    >
    > > ヘルペスは症状がはっきりでる前に退治することが重要ということでしょうか?
    > > そうなると自分なりの自覚症状を見つけることが重要になりますよね。
    >
    > 仰るとおりです。
    >
    > > またヘルペスがアトピーに大きく関与しているということですがそれは疱疹として出ていなくても影響を与えているということでしょうか?
    > > (例えば私は顔だけにでるのですがそれも全身のアトピーに関与?)
    >
    >
    > その通りです。
    > 日本の治療では、ヘルペスとアトピーの関連性までは全く及んでいません。
    > たとえ疱疹の形で出ていなくても、仮にアトピーでないにしても、
    > ヘルペスは全身状態に関与している、という風に私は感じています。
    > 私の経験からすれば、体の一部にもヘルペスの痕跡があるとすれば、
    > 全身への影響に関しては否定できません。
    > 私自身、目に見えてわかったのは、たった二度、腰のわずか2cm大の帯状疱疹だけです。
    >
    > > 最後に抗ヘルペス薬(バルトレックス)を服用する期間はどのようにされておりますでしょうか?
    > > 一般的には一週間ほどだと思いますがマセソン先生の指導はどのようなものでしょうか?
    >
    > バルトレックス、あるいはゾビラックスに関しては、患者さんによって指示が異なるようです。
    > ヘルペスとはっきりわかる症状があれば、とりあえず最大容量から始めて封じ込めに成功してから、
    コントロールに入ります。
    > 人によっては月単位、あるいは年単位の処方になります。またドクターがヘルペスと診断できる状態で
    なければ、処方には二の足を踏むようです。
    > ただ一旦ヘルペスとわかれば、日本のように侵されている面積を考えるのではなく、
    > 存在自体を問題視するようです。
    > ですから例え範囲が小さくても日本のアトピー患者にはほぼ最大量、あるいは量は少なめにしても長期にわたっての内服が処方されるようです。
    > とにかくコントロール下に置く事が大事なのです。予防的に内服、という事もあります。
    >
    > 現在日本でも性器ヘルペスなんかに関しては、予防的にヘルペスの薬を内服、というのも
    > 標準化しつつあります。ただ性器と口唇ヘルペスのみにほとんど限定されているようで、
    > 帯状疱疹経験者、だけでは、長期的な抗ヘルペス薬の処方は認められていないようです。
    > もちろんアトピーとの関連性は遠い未来の話になると思います。
    >
    > ドクターマセソンの治療においては、アトピーとヘルペスとの関連性ははっきりと認識されています。
    > それほど関連が深い患者さんが多いのです。
    >
    > ただアトピーの原因はヘルペスだけとは限らず、アレルギーその他、たくさんあります。
    > ヘルペスだけを治してもアトピーは治らないので、それだけはご注意ください。

    ケイさん

    初めまして。

    > ヘルペスは症状がはっきりでる前に退治することが重要ということでしょうか?
    > そうなると自分なりの自覚症状を見つけることが重要になりますよね。

    仰るとおりです。

    > またヘルペスがアトピーに大きく関与しているということですがそれは疱疹として出ていなくても影響を与えているということでしょうか?
    > (例えば私は顔だけにでるのですがそれも全身のアトピーに関与?)


    その通りです。
    日本の治療では、ヘルペスとアトピーの関連性までは全く及んでいません。
    たとえ疱疹の形で出ていなくても、仮にアトピーでないにしても、
    ヘルペスは全身状態に関与している、という風に私は感じています。
    私の経験からすれば、体の一部にもヘルペスの痕跡があるとすれば、
    全身への影響に関しては否定できません。
    私自身、目に見えてわかったのは、たった二度、腰のわずか2cm大の帯状疱疹だけです。

    > 最後に抗ヘルペス薬(バルトレックス)を服用する期間はどのようにされておりますでしょうか?
    > 一般的には一週間ほどだと思いますがマセソン先生の指導はどのようなものでしょうか?

    バルトレックス、あるいはゾビラックスに関しては、患者さんによって指示が異なるようです。
    とりあえず最大容量から始めて封じ込めに成功してから、コントロールに入ります。
    人によっては月単位、あるいは年単位の処方になります。
    ヘルペスとわかれば、日本のように侵されている面積を考えるのではなく、
    存在自体を問題視するようです。
    ですから例え範囲が小さくても最大量から臨むようです。
    とにかくコントロール下に置く事が大事なのです。

    現在日本でも性器ヘルペスなんかに関しては、予防的にヘルペスの薬を内服、というのも
    標準化しつつあります。ただ性器と口唇ヘルペスのみにほとんど限定されているようで、
    帯状疱疹経験者、だけでは、長期的な抗ヘルペス薬の処方は認められていないようです。
    もちろんアトピーとの関連性は遠い、遠い話になると思います。

    ドクターマセソンの治療においては、アトピーとヘルペスとの関連性ははっきりと認識されています。
    それほど関連が深い患者さんが多いのです。

    ただアトピーの原因はヘルペスだけとは限らず、アレルギーその他、たくさんあります。
    ヘルペスだけを治してもアトピーは治らないので、それだけはご注意ください。

    こんにちわ。
    アトピー持ちの者です。
    ヘルペスは症状がはっきりでる前に退治することが重要ということでしょうか?
    そうなると自分なりの自覚症状を見つけることが重要になりますよね。

    またヘルペスがアトピーに大きく関与しているということですがそれは疱疹として出ていなくても影響を与えているということでしょうか?
    (例えば私は顔だけにでるのですがそれも全身のアトピーに関与?)

    最後に抗ヘルペス薬(バルトレックス)を服用する期間はどのようにされておりますでしょうか?
    一般的には一週間ほどだと思いますがマセソン先生の指導はどのようなものでしょうか?

    長文、失礼いたしました。ご教授いただけると幸いです。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    EDIT COMMENT

    非公開コメント