プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    不妊治療2

     私がなぜしつこく不妊治療の事を書くかというと、

     私も結婚して7年になりました。
     そして一年前位からふと、あと10歳若かったら子供欲しかったかな、と思う事があるようになったからです。

     夫になった人が思いがけずいい人で、私は「北風と太陽」みたいに、夫の温かさによってずいぶん性格も変わりました。
     そして最近思うんです。この人と私の子供はさぞかし可愛いだろうなぁって。
     私には甥や姪が5人もいますが、それぞれ皆、やっぱり輝いて見えるんです。それがわが子なら尚更の筈。私と夫をつなぐものは、戸籍しかありませんが、それぞれのDNAを足して2で割った子は正に夫との関係の「証」かな?なんてちょっとロマンチックな事を考えたりもします。

     今年41歳になる私が今から子供を作るのは肉体的にも経済的にも無理なので、現実的には全く考えていませんが、ふと、あと10年若かったら、子供がいた方が良かったかも、と最近思うようになりました。(それだけ精神的に成長した、とも言えますが)

     アトピーに必死だった20代後半から30代前半、本当だったら王道的に20代後半で結婚して、二人位子供を持ちたかったなぁ、なんて。。。ずっと走り続けた人生だったので。多分、隣の芝生は青いという感じだと思うけれど。
     
     なので、皆さんには後悔して欲しくないんです。
     結婚しないのも、子供を作らないのも、選んでそうなったのならそれでいいでしょう。でもアトピーがあったが故に婚期を逃したり、子供を作れなかったり。そういう道を「選ばざるを得なかった」というのは、結構悲しいです。

     そうならないように自分にしっかり問いかけて欲しいと思います。
     結婚はどうするのか?子供はどうするのか?と。男性だって同じです。

     アトピーは治る病気です。ですから治ってからどうする、と考えるより、治る事を織り込んだ人生設計の方が本当は現実的じゃないかと思います。

     夫婦のどちらかが重度のアトピーの場合、「不妊」を口に出すのは勇気が要る事だろうと思います。でも子供を持つのにリミットがありますし、相手の人生に関わる事なので、先延ばしにせず、少なくとも夫婦で話し合い位はして欲しいな、と思います。これは相手の人生に関わる問題ですから、一人で抱えるのは本当はわがままかもしれない、と私は思います。
     私はアトピーの人ではないけれど、不妊治療についてお互い口に出来ず、向き合う事が出来ない事が原因でこじれて、離婚に至ったケースを知っています。どちらも良い人だっただけに、悲しいなぁと思いました。
     私自身は一応、年に1~2度、夫に確認しています。その度に笑い飛ばされるので、子供は作らなくていいという意味だろうと思っています。

     不妊は一人目不妊もありますが、二人目不妊もあります。そして不妊かどうかはトライしてみて初めてわかるものです。すぐに出来れば楽勝ですが、そうでない事もあります。
     なかなかアトピーが落ち着くまでは、それどころじゃない、という人の方が多いだろうと思いますが、勇気を出して一歩踏み込んで考えてみないと、後に悔いを残す事になるんじゃないかな、とちょっと心配です。

     不妊治療の主導権は、女の側が握った方が納まりがいいようです。
     というのも、男性は大抵、考えていない人が多いです(笑)。焦りだすのは35歳を過ぎてから位。妻側の年齢が同い年から2~5歳位下の所が多いでしょうから、男性が「そろそろ」と思い出す頃は、本当は女性の妊娠率が落ちてくる年に当たってきてしまいます。
     また女性の側に原因がある事も多いので、男性はそれを考えると責めるようになってしまうのでは?と思ったりもするそうなので、女性の側から自発的に動いて欲しい、と考える夫も結構いるようです。
     お金をかけて今の技術を駆使して作るのであればのんびり構えてもいいですが、不妊治療もすごくお金がかかります。私が行っていたクリニックは、確かお札を数える機械がありました。現金で一度にうん十万払う人もいるので、要るんですよね。不妊治療していた友達も
    「お札に羽が生えているみたい」
    と言っていました。
     節約を考えるのであれば、自然妊娠に出来るだけ近い形が安いです。スーパーで1割の値引きシールに喜ぶより、作るなら早く作った方が結果的にずっと節約と言えましょう。
     
     受身で生きる生き方もありますが、「そんな気になれない」的な気分はさておき、勇気を出して真剣にその辺りを考えてみることも大事かも、と思います。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。 
    スポンサーサイト