プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    手袋

     アトピーの人は雑菌に弱いので、手袋を利用している人も多いですよね。
     アトピーに綿の手袋、は、定番ですが、目的をきちんと持って、手袋の素材や状況を選びましょう。いつでも綿手袋、は、逆効果な事もありますので、ご注意を。

     まず手湿疹の原因が何かを把握しておく必要があります。
     雑菌が原因なのか、アレルギーが原因なのか、です。

     渡米された患者さんの桜さんの場合は、綿手袋をやめて劇的に良くなりました。
    というのも、元々彼女が炊事の全てを綿手袋+ゴム手袋で行なっていたからでした。フライパンで煮炊きをする時もそのスタイルでやっていたので長時間に渡ってしまい、 熱で手が汗をかき雑菌が繁殖、そして汗で綿手袋が濡れてしまい、更にそれによってゴムの成分も溶け出して手に付着して悪化、そういう状況だった事が想像できます。
    そこでドクターから、そのスタイルをやめて、洗い物をする時だけ、直接、ビニル手袋をするように、という指示だったと思います。

    こんな風にいつでもどんな時でも手袋がベスト、というわけではありません。

     綿手袋は、通気性はありますが、その分、雑菌を通す事はゼロではありません。 濡れれば飛躍的に雑菌を通します。 濡らす、あるいは汗をかいて濡らす、という事により、雑菌の温床になる事もあります。
    雑菌は水分と有機物がある所に集まりますから、濡らす事と汚す事がもっともリスクを高める事になります。 また洗濯洗剤が合っていない場合、 綿手袋の洗濯に使った洗剤成分よって湿疹の原因になる事もあります。(新品は揮発性のクリーニングみたいな成分が付いていますから、これもアレルギー→アトピーの原因に)
    これらの理由から、綿手袋は洗剤の問題がない、濡らさない、濡れたらすぐに手洗いし、きれいな綿手袋にはめかえる、長時間同じ物をはめていない、という事が絶対条件になってきます。
     また綿手袋は通気性があるので、通菌性もあると思った方がいいと思います。
     そう思うと、そもそも綿手袋の目的は何なのか?それがはっきりしている時だけにした方が、むしろ無難ともいえます。
     私も帰国後、使っていましたが、あまり長時間・長期間では無かったです。保湿剤でべとべとになるので、その手から家の物を守るため(笑)、という事が多かったです。でも蒸れてきちゃうので(蒸れると雑菌が繁殖)、掃除機をかけ終わったら外す、などにしていました。

     ビニル・ゴム・シリコンなどの手袋は、通気性も通水性もありません。 その分、外からの雑菌や接触性の成分からは身を守る事が出来ますが、手から出る汗が内部に溜まり、また汗で蒸発するべき水分がそのまま水分となって、中に溜まってしまいます。
     手は元々雑菌がたくさんいますから、汗が出た状態が続けば、手袋の中の汗で雑菌は大繁殖できます。
     また濡れた状態が長時間続けば、皮膚がふやけた状態になるので、皮膚にとっては良くないです。
     ただ利点もあります。外部の菌も通さないし、洗濯洗剤の問題もありません。
     手袋の素材の成分に問題がなければ、状況によってはこちらの方が安全性が高い事もあります。手に密着するタイプのものであれば、おむつ交換や調理などの細かい作業はスピーディに素手と変わらない状況で行なえるので、結果的に皮膚に安全という事もありえます。
     こういう場合、サイズが命です。ぶかぶかのものを使うと作業がし辛く、また手袋内に空気がたくさん入って汗もかきますから、 汗+空気中の雑菌、という事で、雑菌繁殖の培地になります。
     なので例えばごく短時間、例えばひき肉をちょこっとこねる程度なら、その目的が油を手に付けない、という事であれば いいかもしれませんが、長時間のパン捏ねには不向きという事になります。

    密着タイプの手袋は主にゴムで出来ているものが多いですが、他の素材もあります。
    http://www.bizkura.jp/spl-campaign/sanitary_gloves/index.html
    中のパウダーが合わない、という人もいますので、パウダーフリーの物もあります。(一般に入手可能かはわかりませんが)

     私はゴムアレルギーとかないので、基本的には何でも大丈夫です。中に着脱しやすくするためのパウダーが付いている事が多いです。なので私は使用前にワセリンを塗ってから手袋をはめます。おかげで手袋を約4時間、交換しながらですがほぼ付けっ放しですが、手湿疹を出現させる事なく仕事が出来ています。(ワセリンを塗ってから手袋、というのは医療現場では本当は駄目な行為なのですが、手湿疹の手で患者さんに触れる方が危険行為だと思います)

     手袋のサイズは、小柄な人ならSSがお勧めです。Sサイズだとちょっと大きいです。SSは見つかりにくいですが、作業のしやすさと密着性を重視するためには、サイズフィットは大事な事です。

     通気性の無いゴム・シリコン・ビニルなどの手袋は、おむつ交換などの不潔な場所を触らなければならない時、掃除の時、調理の時、などが主な使用場所になってくると思います。そして当然ですが、手袋を外した後、きちんと手洗い保湿はしてください。

     手袋をはめる目的、それに合った素材、はめている時間など、状況に応じてうまく手袋を使っていくと、手湿疹予防に効果的です。
     ちなみに私は、自宅ではほとんど手袋を付けません。換気扇の掃除などの汚れ仕事の時とひき肉をこねる時だけ、使い捨てのゴム手袋を使用します。でも手が乾燥しないように、気をつけています。



    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。 
     
     
    スポンサーサイト

    COMMENT

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。