プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    不治の病ではない

     DVDがyoutubeに載った事で、なんか、達成感。。。かな。
     今まで不器用ながら活字で伝える事に頑張ってきたのだけど、百聞は一見にしかず、で、治療の全容が明らかになりましたね。
     私自身、DVDを持っているのだけどyoutubeで何回か見ました(飛ばしながら、ですけど)。
     第一章で掻き傷だらけのダイスケ君が第三章で皮膚が柔らかさを取り戻し、目の二重が戻っていました。一番好きなのは、第三章で
    「おはようございます!」
    と、言っているところです。表情がとっても明るくなって、すごく元気になったのがわかります。何回も同じところを見ちゃったりしています(笑)。良かったな~って思って。
     人が幸せになるのを見るのはやっぱり好きなんです。嬉しいですよね。

     ネットにはまだ間違った事が溢れています。油が悪い、砂糖が悪い、冷えが原因だ、ステロイドは絶対に良くない・・・。そして漢方薬や食事療法、プラセンタに走り。。。間違った治療をし続けていくと、体力がどんどん消耗されるのを知っているので、もどかしい思いで一杯になります。

     DVD中のダイスケ君は特別な症例ではありません。渡米治療に行く人達の中ではごく標準レベルではないかと思います。そしてもっと酷い人達もたくさん行っています。ドクター、よく治せるな~と感心します。

     私が行った時、現地のコーディネーターの方々もドクター達も皆、私のアトピーに対して特別な目を持っていなかったのに驚きました。
     何となくですが、普段は周りからアトピーが酷いと不治の病扱いに近いのを感じていました。それ故に接し方や言葉に気を使ってくれてるのを感じた事も何度もあります。でも実際に、気を使ってもらうのが有り難かったりしました。体調によって予定をキャンセルして、相手に迷惑をかける事もあったので。
     でも現地のコーディネーターの方に恐る恐る
    「私でも良くなりますか・・・?」
    と質問した時、笑いながら
    「大丈夫よぉ!みんなきれいになってるから、ゆかりさんもきれいになるわよ」
    と言われました。
     その時は半信半疑でしたけど、今は私もコーディネーターの方とも同じ気持ちで他の方と接していると思います。
     アトピーは不治の病ではない、原因と理由がはっきりしている病気で、治る方法も確立されている、という事がわかったので、気を使ってアトピーの方と接する必要がなくなったのです。
     
     アトピーは不治の病じゃありません。
     治療法がある病気の一つです。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。 
     
     
    スポンサーサイト

    COMMENT

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。