プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    花粉が

     花粉がすごいですね。
     私も今年は症状が酷く出ています(目の痒みと鼻水。皮膚は全く症状なしですが)。久しぶりに強い症状で、アレルギー治療をしているのに残念です。効果を疑ってしまいますが、お魚も食べられるようになったし、アクセサリーで痒くならなくなったので、効果がないわけではないと思います。いつか出なくなる日を信じて、治療を続けていこうと思います。

     みなせさんは治療を終了したそうですね。いいなぁ。治療を受けた年齢が早い患者さんは、ホント、治るのが早くてうらやましいです。
     治療終了は5年以上たったら自己判断になるそうですが、原則的には患者さんに終了を勧めないという方針になったそうなので、私は続けていこうと思います。

     アレルギー、酷い人や新たに発症する人、多いですよね。
     今からの話はAAJの明石さんに教えて頂いた事です。明石さんもすごく勉強されていますよね。

     アレルギーやアトピーがインドなんかの衛生状態が良くない地域に行ったら治った、昔だったら田舎に行ったら治った、という話がありますよね。それは何故か?
     アレルギーには「免疫」が絡んでいるわけですが、人間の体って元々は寄生虫だとか病原菌だとかと戦っていた歴史が長かったので、免疫はそれらに対抗するように本来は出来ているのだそうです。
     けれど、現代生活ではとってもきれいな環境になっています。そうなると、免疫系等が戦う相手がいなくなってしまった状態に陥ってしまい、それがどうかして、本来害でないものに対して反応してしまい、自分に対して攻撃をするようになってしまうそうです。(記憶があいまいで、詳細があっているかわかりません。本当に正しく知りたい方は長屋医師の著作をご参照ください)

     私達が受けている「アレルギー免疫療法」は、本来の自分の正しい免疫反応に戻すような働きがあるそうです。ただこれはそれを目的として治療が始まったわけではないそうで、治療の効果を見ているうちにそういう働きがある事が発見されてきているようですね。まだ「アレルギー免疫療法」自体、未知の部分がたくさんあるようですから。

     そのため、最近では出来るだけ早いうちに治療を開始するのが効果的、と言われるようになってきています。ドクターベイカーのところでは一応5歳というラインがあるようですが、安全性が確認され次第、おそらく治療開始時期が低年齢化してくると思います。

     衛生状態が悪い国に行ったら「良くなった」という人の場合は、行っている間に本来の免疫反応をするようになった、と考えられます。他にもペットのいる家の子供の方がアレルギーが少ない、と言われる事もありますが、おそらく同じような事が原因だろうと思います。
     じゃぁアレルギーを治したいから、インドとかに行こうか、という発想もあるかもしれませんが、アレルギーは良くなるかもしれませんがコレラで命を落とすかもしれないので、それを目的にはどうかな、と思います。
     じゃ、ペットを飼う?といっても、渡米した患者さんの中にはペットを飼っていた方もたくさんいらっしゃって、飼っていたペットにアレルギーを起こしていた方もいらっしゃいます。既に発症してしまった例では、効果を期待できるものではないと思います。
     トイレの水洗をやめて、人糞で農業をするようになれば確かにアレルギーは減るかもしれませんが、そうした生活にはもう、戻れないのではないかと思います。

     そうなっていくと、消去法的に「アレルギー免疫療法」という治療法がどうしても浮かび上がってきてしまうんですよね。
     今後の普及に本当に期待します。

     3月12日、交流会があるようですね。いいな~。楽しそうです。
     参加費が今回は1500円とありましたが、ま、高級ホテルのケーキセット位なので、気軽に行かれるといいと思います。
     明石さんがもちろんいらっしゃるようなので、渡米治療までは・・・、と思っている方でも、情報収集目的で行かれるといいと思います。ドクターの講演会もいいのですけど、講演会だと明石さんが大忙しになっちゃうので、こじんまりした会場で人数が少なめの時の方がチャンスな様な気がします。
     何にしても今、知っているか知らないかで大きな差が出る時代です。渡米治療までは厳しい、という人でも、治療内容から自分に出来る事を探すにはとても良い機会だと思います。アトピー患者って意外と病気について語り合える場所もないですしね。。。患者の会とかあんまり知らないですけど、勘違いなアトピーグッズを勧められても嫌ですから、交流も気が重いかと思いますが、明石さんが来る所なら、正しい知識から色々教えてもらえますし、他の患者さんも勉強してきてる人が来ますから、先が見えない、と思っている人は、まず行動から、というのも良い選択だと思います。 

     
    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。  
     
     
    スポンサーサイト

    COMMENT

    Re: タイトルなし

    匿名希望さん

    初めまして。
    コメントを読ませてもらっての感想としては、比較的、アレルギーになりにくい環境のお育ちの筈、という印象があります。でも高齢者でもアトピーが悪化し、難治化するので、匿名希望さんがアトピーになっても何も不思議はありません。
    なぜアトピーになったのかは、トリガーが判明してみないと何とも言えません。
    湿疹のパターンや薬の使用歴などによって鋭く洞察する必要がありますが、アトピーは不思議な病気ではもうありません。

    こんばんは、はじめまして
    <span style="background-color:#FFFF00;">アトピー</span>です。
    最近は、瞼や首、手の痒みがまたひどくなってきました。
    私は幼稚園の頃、自宅のトイレは汲み取り式だったし、犬や猫を飼い、田畑もまだあり(もう未使用でしたが、昔肥溜めだったと思われる四角いのもありました…)、公園も何ヵ所かあり、たまにドブに落ちたり…といった生活をしていました。ただ、怖がりで虫が苦手だったので、友人のように虫やザリガニを掴むことはできませんでした。
    なので、土など触っていたのに、野性的?でなかったからではと言われていました。小学生の頃は、逆に自然のなかが汚いのでは?と疑問に思っていました…。
    本当に謎です。
    父親も、戦中生まれでなかなかハードな時代だったにも関わらず、<span style="background-color:#FFFF00;">アトピー</span>っぽいです。痒いのは父親譲り…。
    なんででしょう…泣

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。