プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    2010 講演会

     講演会の内容です。
     
     治療内容については、ドクターからの説明は例年と同じ説明でした。

    ・ニュースとしてはドクターは今、製薬会社の薬の治験などに関わる仕事を主にしているのですが、新しいアトピーの治療薬で、皮膚バリアを張らせる力を刺激するような塗り薬の開発をしているとか。発売も視野に入ってきているようです。
     
    ・日本人の患者さんのアレルギー検査で、ダニ・ハウスダストに反応をする例はほぼ100%で、アメリカではこんなに高くないようです。
     子供の時にきちんとスキンケアをする事はとても大事な事だそうです。
     乾燥肌はアレルギーを起こす免疫機能を刺激してしまうので、スキンケアをきちんとする事でアレルギーの発現や悪化をある程度防ぐ事が出来る。特に成長段階の子供の内にきちんとスキンケアをするとアレルギーの出方が違うそうです。

    ・無意識に顔を触る人がいます。手は雑菌がたくさんいて悪化のリスクになるので、その癖は直して顔は触らないようにしてください。

    ・妊娠中の薬の内服について
     アレルギーの注射の際、クラリチンを内服するように指示されている人がいますが、もう皮膚が安定していて、アレルギー注射時に特に問題ない状態が続いているようである場合。もし妊娠を希望しているようであれば、クラリチンをやめて試しに注射を受けてみる。問題ないようであればOKだし、駄目ならすぐ内服する。
     
     妊娠中にアトピーが悪化してしまった場合。
     妊娠中のストレスはとても良くないので、あまりに酷くなってしまった場合、デルタゾン(プレドニン=ステロイド)を内服する方がまだ胎児にとって良いかもしれない。

     妊娠中に薬は大丈夫か?という質問は、妊娠時に実験のデータを取るのが難しいので、飲まないに越した事はないという回答になってしまうと言っていました。
     それでもアトピー悪化をそのままにするよりはデルタゾン内服(もちろん短期間です)の方がまだいい、というドクターの回答は驚きました。ストレスって本当に胎児に悪いんですね。それとステロイドに関しては、安全に使えば怖いものではないんだ、というのを改めて実感しました。

    ・アレルギー注射とインフルエンザの予防接種は2時間空けれはOKという事です。一日ずらせば大丈夫ですね。
     
     帰国後、まだがっちりスキンケアが必要な状態の時にインフルエンザにかかってしまった、という方がいらっしゃいました。その時、お風呂をどうしようか迷われたという事でしたが、そんな時は

     まずインフルエンザの治療を最優先にしてください。
     アトピーは仮に悪化したとしても、インフルエンザ治癒後に治療を施せばいいので。
     そうならないために、インフルエンザ予防接種は絶対受けた方がいいです!との事。ちなみにドクター、かの有名なタミフルの開発にも携わっていたそうで!おかしいと思ったらすぐに病院に行ってタミフル飲んで、と言っていました。

    ・お風呂の温度ですが、やっぱり冬は辛い、という声が聞かれました。ドクターが苦笑していて。
     なぜお風呂の温度を低くしなければいけないかというと、入浴後、すぐにプラスティベースを塗るので、温まった体の熱がこもり、炎症や痒みを悪化させるので温度を低くして、炎症を起こすまでに体を温めない事が大事。
     なので、指定する温度はあくまで目安なので、辛い方は冬場など入浴後、痒みを起こさない温度を探してください、との事でした。
     
     浴室や脱衣所を暖める事は特に問題ありません。大事なのは入浴後、痒くならない、炎症を起こさない、という事です。

    ・患者さんからの体験談の中で、シルクがトリガーだった、という方がいらっしゃいました。
     シルクは保湿性もあり肌触りもいいので、推薦される事がありますが、人によっては合わない場合もあるのですね。

     また、布団で下に寝る事から足のあるベッドに変えた、との事です。
     確か、床はハウスダストが溜まっているので、そこから距離をとることが大事、という事で、足つきのベッドの方がアトピー患者には良いそうです。

    ・薬の個人輸入は、気をつけてください、と注意がありました。
     アトピーアソシエイションでは、普通は薬は診察後、処方されますが、一時、アシクロビルがドクターの所で入手できなくなり、各自で手配を、という事がありましたが、デルタゾン、抗生剤などはアトピーアソシエイションで手配してくれます。

    ・ムピロシンを鼻の穴の入り口に塗った時、じきに鼻水が出てきてしまう時は、鼻をかんでもらって大丈夫です。鼻腔内から薬を吸収させて全身に、という目的ではなく、鼻腔の辺りにいる菌を殺す目的なので、塗布すればすぐに効果が出ますので、鼻水が出てしまったら我慢する事無いです、という事でした。


     そんなところかな。
     私の言葉でちょっと補ったりしています。補足や追加などありましたらコメント欄にお願いします。

     特にアトピーとは関係ないですが、ドクターが日本に来る途中に読んだ医学雑誌の中に、16歳までの生活習慣がその後の健康に与える影響が大きい、という記事が出ていた、とおっしゃっていました。
     私もなんか、興味深いな、と思いました。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。
     
    スポンサーサイト

    COMMENT

    Re: こんちわ

    えみんこさん

    ステの売り上げ、年間500億円ですか。。。今はプロトピックなんかもあるし、
    すっごいアトピービジネスですね。
    白内障に網膜はく離の手術代、薬代、強ミノとかもろもろの薬代を入れたら、
    どれだけ巨大な市場か、と思います。
    朝日新聞や読売新聞の標準治療キャンペーンの成果はいかほどになるのかしら。
    誰かのボーナスになるのかな??

    アトピーアソシエイションの治療の事を誰かに話すのは、なかなか難しいですよね。
    私もいつも悩みます。
    で、結局あんまり言えずじまいで。。。
    そういう人、多いんじゃないかと思います。
    なのでこの治療は自分で調べてどんどん行動していかないと受けられない治療だと思います。
    このブログを書きながら、いつも誰かに届きますように、と祈っています。

    こんちわ

    御返事ありがとうございました。私は“賢明”なんかじゃないです(^_^;)今までステを患者さんに処置していた側の人間なので、ステに抵抗がなく、息子にもかなりキツイステ、ベリーストロングを常用していました。息子よ、母さんを許してくれ。

    話はかわって、日本のステの売り上げは、かつて年間500億円近くありました。1990代後半の話ですが(外用、内服の内訳はわかりません)売り上げは今も変わらないと思う。スゲー(+_+)そりゃ、こぞってメーカーが情報統制したくなります。


    あと、目の病気を患った知り合いは、脱ステしているみたいで、引きこもり状態です。同回生の集まりにも、結婚式にも来ません…。一番、アメリカ治療を知らせたい相手なのですが。年賀状に書こうか…。でも相手からしたら、もしかして既にアトピー軽快していて、うっとうしいかったら、嫌ですよね…。

    Re: 新聞連載

    ワセリンがトリガーでしたか。トリガーがわかって改善されたようで、良かったです(^^♪

    新聞で標準治療キャンペーンですか。。。
    今、マスゴミと言われていますが、小泉首相になってから、大手マスコミの劣化が酷いです。
    今回の標準治療キャンペーンの裏には、スポーンサーの大手製薬会社や医師会の存在が
    必ずある筈です。
    外用ステロイドの売り上げは、おそらく日本が世界一でしょうし、花粉症などのアレルギー製品の
    売り上げも相当なものですからね。

    その白内障や網膜はく離の方、可哀相ですね。。。
    この治療の事が耳に入って、治療を受けられるといいのですが。
    アトピーは治る病気なので、今からでも人生は取り戻せますから。

    えみんこさんが賢明な方で、息子さんはラッキーでしたね!

    新聞連載

    何回もコメントすみません。他だとアメリカ治療について発言しにくい雰囲気でして…。叩かれちゃいますしね。息子ですが、ワセリンがトリガーで、辞めたら治りました。良かった…。
    ドクターは、新しい治療法確立に邁進されているみたいで、患者としてそういうドクターがいらっしゃるのは頼もしいです。
    今、読売新聞でアトピーの治療法で標準治療を推進する記事が連載中です。朝日新聞社でもありました。(キャンペーン中?)このままアレルギー治療を受けられない日本の医療では、成人アトピー患者を増産するのでしょう。連載の中の子供も幼児期よりも改善しつつも、結局12歳までずっとステロイドが必要な完治していない状態と見受けられます。しかし、子供は親の方針に従うより他ないです。
    私の知り合いで、本人に直接尋ねたわけではありませんが、アトピーと分かる人がいます。まだ二十歳の時両目とも白内障、網膜剥離で手術されました。その後学校を休学になっています。親として、息子を同じ境遇にしたくないし、将来「肌を返せ」と怨まれたくもありません(親を怨むケースも多々あるそうです)多分来年渡米します(条件が揃えばですが)それまで子供を守っていきます。

    EDIT COMMENT

    非公開コメント