プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    ドクター講演会

     時間が大分たってしまいましたが、ドクター講演会に行って参りました。
     会場でお会いできました皆様、本当に嬉しかったです。
     メールのやり取りをした方は、どうされたかなぁ、といつも気になっているので、会場でお会いできるとどんな方かがわかって嬉しいのと元気になられた様子が嬉しいのと、で、いつも楽しみです。

     有名どころですと、ブログを書かれていらっしゃるまりんママさんに初めてお会いできました!
     お嬢さんのまりんちゃんの治療前、相談メールを頂戴して、やり取りしていました。私もまだブログを始めて長くたっていない頃だったので、あたふたもありましたが、まりんママさんが賢く、そして迅速に行動されてまりんちゃんの治療までこぎつけ回復も順調だったので、とてもほっとしたのを覚えています。おかぴーさんと同じ治療チームだったので、現地でみなさん仲良くされて治療もお互い励まし合われていたので、その時の治療チームは温かい印象があります。なので今回まりんママさんがいらっしゃるのを楽しみにしていました。
     想像に違わず、とても優しい方で、そしてちょっと違ったのは、治療の時の行動が迅速だったので、この方があんなに行動力を持った方なんだ~、というのがお会いした印象からすると逆サプライズでした。

    それと9月10月に記事にご自身の事を書いてくださったJさん。相変わらず肌きれ~!でした。
     去年お会いした時は
    「まだ服の下は・・・」
    とおっしゃっていたのですが、今回はそんな事もなく、心なしか去年よりも余裕があるような雰囲気でした。それとアトピーが良くなると大抵太るのですが、Jさんはダンスのせいかそんな事もなく、ほっそりと美しいプロポーションを保っておられました。

     他にもそれぞれ色んなサプライズがありました。
    「私、ゆかりさんの治療経過をほぼリアルタイムで見ていたんです~。2ヶ月前にやっと治療に行ったんです」
    とおっしゃった方がいました。
    「という事は、ほぼ5年迷われていたんですか?」
    と聞いてみたら
    「そうです」
    とのこと。
     しかもその方、2ヶ月前に行ったばかり、というのに、すっかり良くなっていて、見た目にアトピーとは信じられない体になっていらっしゃって、これまたびっくり。

     講演会はドクターから治療について、そしてグループワーク、最後に明石さんから心理カウンセラーとしてアトピー患者の研究発表、という構成になっていました。
     グループワークは偶然、医師で今年、ドクターの治療を受けに行かれた方と同じグループになり、私たちのグループだけが違う方向に話がちょっと行ったみたいでしたが、面白かったです。医師で治療に行かれる方も徐々に増えてきましたね。お休みが取れて良かったなぁと思います。あと患者の家族内で医師がいて、という方も結構います。看護師ももちろん私以外にも何人もいます。
     AAJでも日本人医師の協力が少しずつ望める環境が出来てきた事は良い事で、アメリカと同じ治療はまだまだ無理ですが、帰国後のフォローなど少しずつの所から体制作りを始めたいという事を小耳に挟みました。

     あとお話しできなかったですが、DVDのD君が会場で治療体験をお話されて、DVD後の後日談も聞けてよかったです。サーフィンとか、楽しんでいらっしゃるようですね。
     ふと気付いたのですが、AAJの明石さん、皮膚が最初にお会いした時よりも健康的になったような気がします。最初の講演会が2006年かな?その時でも既に完治状態に至っていらっしゃったので何とも思わなかったですが、今回ふと、仕事が乗ってきた男の人、的な印象を持ち、それは皮膚のつやのせいかな?なんて。多分、皮膚の厚みとか完全に正常状態になったのかなと推測します。なんか、もう、完全に普通の人の感じです。
     明石さんはとにかく酷かったそうで、歴代ワーストいくつに今でもカウントできる位、と聞いています。今回の講演会で「当時は苔むし(カビに感染していたんですよね、かなり酷く)ていた」などと笑いの種になっていました。でもこの話を会場みんなで笑って聞ける、というのは、なんて幸せなことなんだろう、と同時に思いました。話す側も聞く側も、治療が可能、治る事が可能、というのが共通認識になっている事の証であり、病気に対する理解も十分、という事の証でもあるって事ですから。

     会場の雰囲気も、最初の頃は「治療後、不安です」という感じの方が結構いらっしゃったと思いますが、今は治療後の方の同窓会的な雰囲気が強くなり、帰国して間がない方でも、完治への道筋がイメージできている感じがしました。

     ドクター、高沢さんたち、明石さん、みなさんお元気で嬉しい限りでした。
     どうか出来るだけ長く、この治療体制が続く事を祈っています。でもドクターももう還暦を越えられています。治療を迷っている方は出来るだけ早く、そして治療後、経過が不安定、という方は、ご自身の立ち位置を再確認して欲しいと思います。 

     講演会で新しいを聞きましたの、次回に書きたいと思います。
     
    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    まりんママさん

    先日はお会いできてとても嬉しかったです。
    私もまりんママさんのブログを、お顔を思い出しながら読むようになりましたよ!

    でも体育会系だなんて、全然イメージできないないです。
    じゃ、実はまりんちゃんにもビシッと言う頼もしいママさんなのでしょうね。

    来年、またお会いできる事を楽しみにしています♪

    ゆかりさん、PC復活おめでとうございます♪
    お会い出来た後からは、ブログを拝見する度にゆかりさんの姿が浮かんできて嬉しいです(^ー^* )

    最近はブログの更新もめったにしていないので、有名どころと言っていただいて恥ずかしいです
    (^-^;

    ゆかりさんに相談させていただいた時は、親子でいっぱいいっぱいの所まで来ていたので、行動も早かったと思います。
    でもやっぱり決め手はゆかりさんの経験談とアドバイスを沢山いただいたからです♪

    私はもともと体育会系の人間で、女性らしい事は得意ではないのですが、ブログでは不快な印象を与えないように言葉に気をつけている(つもり)ので、実際よりおとなしいイメージがあるのだと思います。得しちゃってます(〃'∇'〃)ゝ

    来年はまりんも一緒にお会い出来たらと思っていますので、よろしくお願いします❤

    EDIT COMMENT

    非公開コメント