プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    他の患者さん6-3

     他の患者さんのお話、続きです。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     2回目のショートバーストが終わるとぐんと調子が良くなったので、治療後約半年たったころ、少しずつ外出する機会を増やしてみました。
     習い事を再開し、久しぶりに友達と会えたときは本当に嬉しかったです。
     帰国後初めて迎えた冬は、ほとんど悪化することなく乗り越えられました。セルフケアのおかげだと思います 。本当にシンプル(お風呂に浸かって保湿するだけ)なケアなのに、ドクターの治療はすごいなって改めて思いました。

     必死な思いでアメリカに行って1年、今年の春は綺麗な桜を見ることができました。
     良くなったら思いっきり汗をかきたいと思っていて、ずっとやりたかったダンスを始めました。
     まだ時々薬は必要ですし、ケアを怠ると何かしらあります。でも肌が丈夫になってきて、アレルギーの反応もでにくくなってきました。
     何より、やりたかったこと、諦めてい たことができるというのは本当に幸せなことです。生きてるって思えます。この喜びは何にも変えられません。ドクターに出会えたこと、そして私をこの治療に向かわせてくれた先輩患者さんたちに感謝の気持ちでいっぱいです。

     夜ぐっすり眠れる、思いっきり体を動かせる。

     普通の人がごく当たり前にできることが、私たちアトピー患者にはできないことだったりします。それを理解してもらうのは難しく自分も傷つきます。
     私も何がそんなに辛いのと聞かれたことがあります。すごくショックでした。辛くて苦しくて涙なんてもうどれだけ流した か分かりません。一生このままなら死んだほうがいい。ずっと早く死にたいと思って生きていました。

     でもアトピーは発症させないことは可能な病気で、しっかりとした治療を受けられれば苦しまなくていいのです。
     それをドクターに教えてもらいました。
     取り戻したい昔は帰ってきませんが、人生いつでもリセットできます。
     私は決して若いと言える年齢ではありませんが、そう信じてこれからも色んなことに挑戦してい きたいと思っています。
     そして、私が沢山励ましてもらったように、私も少しでも今頑張っている患者さんの励みになれればいいなと思います。一人でも多くの患者さんに、ゆかりさんの言うように完治を勝ち取って、今後の人生希望を持って歩いていってほしいと思います。


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     Jさん、ありがとうございました。
     私は一度に全文を読ませて頂きましたが、感動しました。
     置かれている状況は人によって違いますが、似たような症状で苦しみ、周囲と自分の状況とのギャップ、あるべき姿とのギャップ、みな重なる部分は大きいと思います。
     
     現在進行形で苦しんでいらっしゃる方がたくさんいらっしゃいます。私も一刻も早く、多くの方々が苦しみから抜け出し、生活が「楽しい」と感じられるようになられる事を切に願っています。

    追記:

    アトピーアソシエイションが来月、講演会を行います。
    私も参加の予定でいますので、この機会を逃さず参加される事をお勧めします。
    もう渡米して、もう治っちゃったんだけど、という方も、参加をお勧めします。
    というのも、アトピー体質自体は変わらないので、維持するモチベーションを保つ事も
    大切な事ですし、行けば行ったで毎回新しい事を聞けます。
    行って後悔する事はないと思いますよ。
    AAJのHPから転載します。以下

    日時;11月6日(土)
    受付開始:9時50分
    講演開始:午前10時15分~午後2時45分

    会場:大阪 阪急ターミナルスクエア・17 ふじ  
    費用:患者の会の方,治療後の方,新規の方共に無料

    内容:
    1,ドクターから最新のアトピーケアについての講演 whats New
    不正常なフィラグリンと肌のバリア:
    アトピー性患者が不正常なフィラグリン構造を持っていることが解明されてから肌のバリアの役目が次々と研究されております。

    2,セルフケアの確認
     ・帰国後のスキンケア,お風呂,ハイターのお風呂,プラスティーベース,
     ・お薬,クラリティン,ドキシピン,ムピロシン,バクトロウオッシュ等
     ・アレルギー注射の継続,エピペン
    3,ケーススタディ
     ・許可をいただいた患者さんの治療前,治療中についてドクターが解説をされる予定です。
    4,治療後の患者さんからのミニスピーチ
    5,明石から治療後の方の心理ケアについてアドバイス
    6,交流会

    *ランチタイムをもうけないで行いますので,簡単な昼食をご用意ください。

    転載ここまで



    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。

    スポンサーサイト

    COMMENT

    Re: はじめまして。

    えみんこさん

    初めまして。
    私のブログ、お読みくださってどうもありがとうございます。
    医療関係の方、という事で、いろんな事よくわかると思います。
    ドクターマセソンの治療は完璧ですよ。

    乳幼児の治療は、全面的にやっていないわけではない、と聞いています。
    ただアレルギーの治療は出来ないと思いますが、ドクターマセソンの治療は
    受けられる筈です。
    一度、問い合わせをされる事をお勧めします。
    アレルギーの治療ができなくても、おそらく今よりはずっと状態は好転する筈です。
    アレルギー治療ができる年齢になって、必要、と判断されれば、それだけを
    受けに再渡米すればいいだけです。
    皮膚の状態を悪いままにしておくのは、やはり良い事ではないと思います。
    可能なら治療を受ける事を前向きにご検討されては?と思います。

    はじめまして。

    はじめまして。二歳になるアトピー&アレルギー持ちの息子の母親です。こちらのブログを最初から最新まで読ませて頂きました。医療関係に従事していましたが、マセソン博士の治療に呆然としてしまいました。「今までの治療は何なんだ?」と。
    息子は、乳幼児の使用出来る範囲ギリギリのステロイドを使っても改善することはありませんでした。そして、お決まりの脱ステから皮膚がズルズルのコースを、ただただ耐え忍ぶばかりの日々…。一年後随分ましにはなっても、まだ痒がり辛いです。マセソン博士とベイカー博士の治療を受けさせたくとも、まだ年齢が幼いため無理ですが、今回のマセソン博士の来日に一度お会いするのも良いかとおもいました。乳幼児向けの治療コースもあったらよいのに…。





    mimiさん

    温かいコメント、ありがとうございます。
    ホント、皆さんドラマがあります。どの方のお話を聞いても一つとして
    同じものがなく、そして卒業される事を本当にいつも嬉しく思います。
    ドクターは本当にすごいですね。日本にいるとただ絡んだ糸として
    放置されますが、それを解明して治療を施していき、完治に導く、
    真摯な態度と鋭い洞察力がなければ、治す事は出来ないだろうと思います。

    1は胸が痛んで読むことができませんでしたが、3に至って喜びが伝わってきました。どの人にとってもマセソン先生との出会い・アメリカ治療は思いがあふれ語りたくなるひとつの物語があり、大きなドラマとなるのでしょうね。またマセソン先生訪日の季節になりました。今回は大阪で行くことはできませんが、また先生にお会いしたいと思います。まだ途上ですが、治ってもずっとマセソン先生にお会いしに行きたいと思っています。
    患者さんと真剣にむきあってアトピー治療最前線の研究をしてくださるマセソン先生は偉大な先生だと思います。

    EDIT COMMENT

    非公開コメント