プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    他の患者さん6-2

     お待たせしました。他の患者さんのお話、続きです。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     アメリカに着くまでは、痛い痒い体でパッキングしたり飛行機に乗らなくてはならず大変でしたが、ドクターを訪れたときは安心感でいっぱいでした。
     アメリカで受けた治療は、日本での治療とは全く向き合い方の違うものでした。アトピーという病気について、そのメカニズムなど初めて色々と知ることができました。
     アレルギーとの関連性についても説明を受け、保湿の大切さや生活の中のトリガーについても話をし、気をつけなければいけないことが明確になりまし た。もし今までにこういうことを知っていたら、防げた悪化もあったのにと思うと悔しくなります。
     滞在中は夜もぐっすり眠れ、保湿を頑張ったこともあり、1ヶ月でぐんぐん良くなりました。また、ケアホームでの他の患者さんとの交流は、今まで話せなかったことなども素直に話せ、とても有意義な時間でした。周りに相談できる人がいるのがとても心強かったです。

     帰国してからはトリガーとの戦いです。
     エアコンや布団の買い替え、乾燥機の購入、雑菌や皮脂汚れなど眼に見えないものも意識するようになったりと沢山の変化がありました。私は服に覆われている部分のほうが酷かったので、洗濯や衣類は特に気をつけあれこれ奮闘しました。
     そして帰国して1ヶ月後に会社に復帰。
     私のアトピーは、今の会社に入ってから悪化していたため、職場の環境はかなり心配でした。おまけに復帰する直前に汁が再発したこともあり、もう不安で不安でしかたありませんでした。
     いろんなことが気になって仕事もうまくできず、やっぱり働くのはまだ無理だったなと思ったのですが、私の 会社はありがたいことに、個人の事情を受け入れ、働き方を提案してくれるような会社だったので、思い切ってあれこれ言ってみることにしました。
     「この業務はアトピーが酷くなるからできません」とか、「掃除をさせてください」といって休日に掃除をさせてもらったこともありました。
     そして復帰してしばらくは、アレルギーの 症状が酷くなる前に帰れるよう時短勤務にしてもらっていました。おかげでアトピーについての相談もゆっくりでき、自分自身や症状と向き合う時間も持て、不安だった心もだんだんと落ち着きを取り戻していきました。
     もちろん、色々と周りに負担もかかるし、どこまで言っていいのだろうと悩みました。でも自分を守るべきとき は守ろうと思って話をしました。
     今ではオフィス絨毯の掃除機がけを週一で業者に頼んでやってもらうことになり(以前は四半期に一度)、高額にもかかわらず掃除機も排気の綺麗なものに買い換えてもらい、空気清浄機も置かせてもらっています。埃が気になっていた箇所もだいぶ改善してもらえました。話をしてよかったなと思 います。

     復帰して3ヶ月くらいは、カビやハウスダストなどのアレルギーの影響を考え、毎日マスクをして会社に行き、今でもですが、埃っぽい場所に行くときは保護めがねで瞼もガードするようにしました。
     外出すると確実に悪化したため、しばらくは病院と会社以外はほとんど自宅で過ごすという引きこもりの生活をしていました。外に 出られない辛さはありましたが、おかげでケアに集中できたんだと思います。
     調子が悪く落ち込んだときは、他の患者さんとメールしたり、AAJに相談したりして元気をもらいました。今まで私の周りにはそういう人はいなかったので、他の患者さんとの交流をもてるようになっただけでも、この治療の意味はあったなって思えます。


    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ゆかりさん

    ご返信ありがとうございます。
    もう少し読み込んでみます。
    ありがとうございました!


    mimiさん

    そうですね。実はドクターマセソンの治療について、ゆかりさんのブログ等で関心を持ってざっと調べたりはしていたのですが、AAJのサイトで資料を読むというようなところまでは行っていなかったのです。偶然、昨夜減感作療法のことを調べていて、そこではたと気付いたわけです。
    ドクターマセソンのアレルギー注射ってこれのこと?と。わざわざアメリカから取り寄せるのはこういう理由があったからなのか、と。
    しかし…。現時点で渡米することは出来ません。
    費用が工面できないからです。
    その問題がクリア出来たらあるいは…。

    祭さん 突然マセソン先生の治療を理解されたのですね。それまでは日本のアトピー治療の先入観で目が曇っていたのでしょう。さしでがましいのですが、理解されたらもうアメリカに行くしかないです。それは地獄から天国への決断です。

    Re: 初めまして

    祭さん
    初めまして。

    おっしゃる通り、ステロイドは補助的と言えます。
    アレルギー治療は減感作療法です。けれど抗原に関しては種類がもっとあります。日本で認可されているのは10種類程度ですが、欧米では治療薬が70種類ほどあり、今も数が増え続けてきています。花粉・カビなどもっとたくさんあるのです。
    詳細はこのブログ中の「アレルギー治療」というところに書いてありますので、一度ざっとお読みになってみてください。日本ではアトピーが治らない理由が分かると思います。

    初めまして

    いつもブログ拝見させて頂いてます。
    ドクターマセソンの治療について今まで漠然とイメージしていたものが実は大変な誤解だということに昨夜気付きました。
    私の中ではステロイドありきの治療というイメージだったのですが、あくまでもステロイドは補助であり症状をリセットさせるためのもの。
    治療の胆は、語弊があるかもしれませんが、アレルギー注射=「減感作療法」なのですね?日本ではダニの抗原がない(認可されていない)ため、ダニが大きな要因になっていることが多い患者にとって日本での減感作療法では改善が難しい、だからアメリカへ…ということだと理解したのですが、大体合ってますでしょうか?

    EDIT COMMENT

    非公開コメント