プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    行動力

    私はよく、
    「行動力があるね。」
    と、言われる。
    でも私にしてみたら、必要に迫られて、という事も結構ある。

    アトピーに関して絞ってみると、アメリカまで大金をかけて治療に行くなんて、すごいわね、と言われる。
    でも、10年前の劇悪化の頃からの苦しみと言ったら、それはすごかった。死にたいと思った事だって何回もある。
    アトピーの苦しみはご存知のように、筆舌に尽くしがたい。癌なら死ぬ病気だから苦しみに終わりがあるけれど、アトピーは殺さない。いつ終わるとも分からない苦しみで、途方にくれて泣いていたのは、そんなに昔の話ではない。

    でも、頭のどこかで、アトピーに殺されるなんて真っ平だ、自分の人生をアトピーに奪われるなんて許せない、という怒りが常にあった。
    アトピー克服は、執念の一語に尽きる。

    体力と経済力に限界があるので、手当たり次第にいろいろやる、というわけには行かなかった。だから、念入りにいろいろ調べて、お金と体力を出来る限り効率よく使うようにした。
    漢方にしても、ある程度勉強して、症状を話す時は、処方に影響すると思われる情報を、積極的に話すようにした。

    一番酷い時、途方にくれた思いで、明日朝起きたら、すっかり良くなっているか、死んでいるか、どちらかがいいな、と思ったりした。
    でも、そんな事は起こらなかった。

    たくさんの医師を見てきたが、自分を預けてもいい、と思える人はほとんどいなかった。医師の能力というより、医局という大学教授を頂点とするその仕組みが、今の医療の進歩を遅らせているのを知っている。皮膚科の開業医のやる気のなさ、利益追求などを知っているから(もちろん例外もいるかもしれないが)、もともと、医師に身を預ける気など毛頭なかった。

    アトピーで苦しんでいる人は、自分で治癒を掴み取っていくしかないように思う。じっと泣いているだけで、誰かが魔法のように治してくれる、という可能性は、本当に低い。
    苦しみながら泣き続ける人生を取るか、大胆に行動して、人生を謳歌する道を取るか、選択するのは、アトピー患者自身だ。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    おかえりなさい!

    日本での生活は落ち着きましたか?
    ご苦労様でした!!ようやったようやったよ!
    ずいぶん前だけど、ちゃんとリンクしといたからね!
    ゆっくり書きたいけど、ちょっと赤子が泣き出したので、またレスしにくるね。
    プログは時々見に来てて、こっそり応援してたんだよ。
    それではまた!

    Waoさんへ
    執念といえば、夫も執念で見つけましたよ(笑)。何しろアトピーでも結婚しましたからね。
    結婚も友達に「結婚プロジェクト」と、言われました。
    プロジェクトは成功して、落ち着いた日々を過ごしてまーす。

    ここんとこ忙しくて、コメントできませんでした。
    毎日見ていましたよ。食事、増税、行動力。気になる話ばかり。
    一つ一つコメント返したいくらい。
    行動力には驚かされます。いいものを、見つける執念とでもいえそうなくらいです。
    蕁麻疹も良くなったようで、何よりです。
    ますますお肌が良くなりますように。

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    TRACKBACK


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    あの頃を思い出します…

    きみうさんのブログを見させて頂きました。とにかく、治療の方法とか経過とかが私とかなり似てるんですね。人間はイヤな記憶というのを忘れていくといいますが、やはり忘れていました。きみうさんのブログを見ながら自分の過去を思い出しました。あと、女性はやはり大変です