プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    シミ

     シミが気になる年頃になってきました。
     鏡をまじまじと見て、「肝班」かな?と思ったので、薬局でトランシーノを買ってきました。それで飲み始めました。確かに少し、薄くなってきたような気がしました。

     が、

     目が赤くなってきました。2週間も飲んだ辺りからだったでしょうか。確か両目だったと思います。眼科に行って見てもらうと「炎症を起こしている」と言われ、ステロイドの目薬が処方されました。
     
     ふとトランシーノの副作用かな?と思ったのですが、調べても目の炎症は薬の本に載っていなかったので、しばらく飲み続けましたが、炎症が治まらないので、気味が悪くなって服用をやめました。一応副作用のところに「目(静注により一過性の色覚異常等)」という文がありました。普通に読めば副作用じゃないように読めます。
     トランシーノの副作用はほとんど無い、と言われるほど安全性が高い薬なのですが、副作用が記述されるかどうかは、起こる頻度によるので、今まで誰にも起こった事が無い副作用が自分に起こる可能性はあるわけです。
     確かに、服用をやめて、ステロイドの目薬を強いものに変えてもらってから、徐々に炎症は治まっていきました。
     ステロイドの点眼は、強いものに変えてから10日ほどでやめました。リバウンドが怖かったし、だらだら使うのは眼科領域であっても良くないんじゃないか、と思ったので。

     トランシーノをやめてから、目の炎症は起こっていません。因果関係は分かりませんが、私はあるんじゃないかと思っています。
     副作用かどうかを確認する方法はもう一度内服してみる事だと思いますが、そこまでする事じゃないと思うので、もう中止します。

     トランシーノは医療の領域では「トランサミン」という止血剤として、ずっと前からある薬で、私も数え切れないほど何度も取り扱っています。
     この薬、調べていくと、どうやらこの薬が持つ「抗炎症作用」がシミと関係するのでは?という結論に独断では達しています。
     というのも、たまたまNHKの「ためしてがってん」を見る機会があって、シミがテーマだったのを見たのです。するとシミの原因は紫外線以外に「炎症」というのが深く関わっていて、炎症がシミになるようなのです。
     炎症の原因は美容における通常のスキンケア行為そのもので、つまり触れる、こする、という行為が炎症につながり、シミになっていくそう。洗顔、メイク、メイク落とし、マッサージ、化粧水をつけたりクリームを塗ったりする事、つまり顔に触れる行為の全てです。

     で、トランサミンは「抗炎症作用」という作用を持っているので、それがどうやらシミに効く、というような感じみたいですね。
     なのでスキンケアで顔を触る、こする動作を極力減らせば、炎症によるシミはかなり軽減されて来るそうなのです。
     「ためしてがってん」の中でも被験者の人が、これを意識したらかなりシミが軽減されていました。

     トランシーノは「肝班」によい、と言われますが、肝班自体、頬骨の辺りに出るものといわれ、ここは骨が飛び出た部分で肉が薄いので皮膚が薄く、こすれて炎症を起こしやすい部分だそうです。なのでホルモン云々というよりは、摩擦による炎症が出やすい部分なので、シミになりやすい部分と捕らえた方が良さそう。なので「抗炎症作用」を持つトランシーノが効きやすい部分、と解釈する事が出来ます。

     けれど薬によって炎症を抑えても、摩擦の行為をやめなければ薬をやめてもまた炎症シミは復活してくるわけで、まさに原因を見ないで治療する、という感じみたいになりそうです。

     シミに良いと言われるビタミンCも飲んでいましたが、ビタミンのバランスが崩れるせいか、口角炎が出るようになったので中止。気分でたまに飲む程度に控える事にしました。
     
     ハイドロキノンはヤフオクで落札して、自分でクリームを作ってみました。
     何日か使い続けていたら、逆にシミが濃くなってきてしまったのです。調べてみたところ、それを乗り越えれば薄くなる、という人もいましたが、怖くなってやめました。
     やめて1~2ヶ月ほどしたら、元の濃さに戻ってきました。

     そんな感じで、私もあれこれあがいたのですが、今は諦める事にしました。
     ま、レーザーとか、ハイドロキノンもちゃんとしたものを使う、とか、方法はまだ残っているのですが、今からモデルになるわけでもないですし、「化粧」という武器も残っていますし、39歳でシミが出るのは当たり前の事、そう思って白旗揚げます。
     「きれい」って印象だったりするように思うので、細部にこだわるより、いかに良い印象を残せるか、を研究したいと思います。
     
     人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。