プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    FAQ

     治療に関する質問メールを頂くことがあります。
     ステロイド、アトピーの病気の成り立ちについては質問が減りましたが、最近は長屋医師の治療との比較に関する質問を受けます。出来ることなら国内で治りたい、と思う気持ちからだと思いますが。
     以下、ある方から頂いたメールに対する私の返信メールです。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     治療費用は、詳細はAAJに直接聞いてみて欲しいです。価格の改定がかなり行なわれているようなので。でもその後、加入している保険がきけば、保険からお金が戻ってくるのもあるので、結果、いくらかかるか、というのは人によってかなり個人差があります。
     渡米は普通は一度きりです。全員4週間の滞在が絶対条件です。ただその後、リバウンドの出方、アトピーの重症度によって滞在が延長になる人もいます。延長滞在になると滞在費用が追加料金になってきます。帰国後、余程の事が無い限り渡米は不要です。ただ初回渡米時、アレルギー検査が正常に反応しないという事がごく稀にあるそうで、再渡米を余儀なくされる方もいらっしゃいます。その他、自分勝手な治療を始めてしまったり、アレルギー治療を勝手に中断してしまったりすれば、再渡米しなくてはなりません。当然そうなると追加料金はかかってきます。

     長屋医師はアレルギー科の医師であり、皮膚科医ではありません。AAJの治療は皮膚科医とアレルギー科の医師が別で協力体制を組んでおり、更に必要なら内科の医師が協力に入ったりしていて、万全の体制になっています。ですから治癒率が違うのは当然の事です。
     ブログにも書いていますが、アトピーの原因はアレルギーだけではありませんから、アレルギーの治療をしてアトピーが治る、という単純な問題ではありません。
    また過去にドクターマセソン(皮膚科医)に見てもらったら、アトピーではなく別の病気だった、という事が判明し、全く別の治療になった、という人もいらっしゃいます。

     一度AAJのカウンセリングを受けてみることをお勧めします。アトピーの仕組み、治療の詳細は単純ではないので、やはり直接コミュニケーションをとりながら説明しないと理解はなかなか難しいように思います。

     カウンセリングの費用はかかりますが、AAJの明石さんは分かりやすく説明してくれますし、治療を迫るような事は決してありません。カウンセリングを受けて納得できなければ治療費用を振り込まなくてもいいのですから、気軽な気持ちでAAJのカウンセリングを受けてみたらいいと思いますよ。

    悩んでいてもアトピーは良くならないので、どんどん行動に移してみるといいのでは?と思います。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
     治療費に関しては、一番気になるところと思います。
     直接のやり取りでは、治療後の方に聞いた情報を合わせた概算で返事する事がありますが、誰でも読めるこのブログには載せてありません。
     私はアトピーアソシエイションのスタッフではないので、今後は金額の問い合わせに対して返事はやめる事にします。間違った数字でご迷惑をおかけしても良くないですから。
     知りたい方は直接お問い合わせください。
     正直、「治療費はいくらですか?」とだけの質問にはちょっと閉口します。私はスタッフではありませんから。

     この内容を読んでお分かりと思いますが、ブログに書いてある内容ばかりです。ブログの方がはるかに詳しく書いてあります。
     メールのやり取りでは、一問一答にならざるを得ず、かといって全てを書けばブログの内容そのままになるわけで、読む質問者の方にとっても私にとってもエネルギーを消耗するなぁ、と思っていました。
     そうした繰り返しの中で、相手の方にとって効率よく情報収集できる方法を考えてきました。そう思うと、まず相手の状況を知らないと非効率、と思うように思いました。
     AAJの治療を勧めるべきか、そうでないのか、その為には相手の病歴を知らないと判断できませんし、質問者の方が患者本人なのか、そうでないのか、この治療についてどの程度理解できているのかどうか、それによって返事の内容も説明の仕方も変わってきます。
     また私を攻撃したいための質問、という事も考えられ、真摯に相談に乗っていい方なのかどうか、そういう事も考えるようになりました。
     相手が一番何が知りたいのか、何を望んでいるのか、それを出来るだけ早くキャッチし、回答していかないと無駄な労力をお互い使いますし、何よりも治療に対して誤解を生んでしまい、一生に一度の治るチャンスだったかもしれないこの治療を通り越してしまうのでは?と思ったりして、責任を感じます。
     そうはいっても見ず知らずの私に、ご自身の病気の事や悩み事をいきなり書くのは、なかなか出来ない事と思います。

     そのため、まず私のブログの全文を読んで頂く事をお願いするようにしました。
     ご存知の通り、記事の量はかなりの量に上ります。でもつまらない記事もたくさんありますから、それはどんどん飛ばして読んで頂けば、全文を読むのに1年もかからないと思います。
     大変なのはわかりますが、アトピーアソシエイションの治療は結構な治療費用がかかります。騙されたくない、と思うのであれば、治療内容をしっかり理解・検討するのは当然の態度と思います。
     
     そして最終的にはカウンセリングを受けて頂くというのがベスト、という結論にどうしても達します。
     メールだけのやり取りでは、情報交換が非効率です。情報交換には、メールよりも電話、電話より対面、という風に情報交換率が違います。対面だと表情も分かりますし、重症度も分かります。ご家族も同行してもらえば、ご家族の理解にも更に役に立ちます。

     それでもそこまで行動を起こすのは、エネルギーが要る事ですよね。勇気が要るのも分かります。私も勇気が要りましたから。
     でも家で泣いていても治らないのもまた、事実です。
     病院で役に立たない治療を受けるにもお金はかかるのです。そう思えば、治療を受けないにしてもカウンセリングで何らかのきっかけや情報を得られるかもしれないですし、カウンセリングを受ける事は有益と考えます。それに治療を検討する中で、相手がどういう人たちなのかを判断するためにも会って確認するのは良い事だと思います。信頼できない、インチキくさい、そう思うのであれば、治療費用は振り込まなければいいだけの事です。

     お金が欲しい、そう思ったら就職先を探し、相手会社に電話して面接を申し込んで面接を受けるのと同じで、治りたいと思ったら行動しなければ、何も得られません。
     アトピービジネスに翻弄されてなかなか信じられない気持ちは分かります。でも不信感いっぱいの自分をどこかで打破しなければ、治癒もまた手に入らないのです。

     癌で亡くなった元NHKアナウンサーの池田裕子さんをご存知でしょうか?民間療法を散々試し、たくさんのお金を使い、最後は病院で治療を受けて、それが一番良かった、と言って亡くなっていきました。
     ドクターマセソンの治療は、ちゃんとした医療です。
     私たちは日本の一般治療で難治化された経緯がある分、病院での治療を信頼できないという強い気持ちがあるのかもしれませんが、医療で悪くされた病気を治せるのもまた、医療でしかない、そんな風に思います。

     人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。

     
    スポンサーサイト