プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    口角炎

     私は時々、口の端が切れて痛くなります。わりと頻繁になるタイプだな、と思っていたのですが、渡米治療仲間の間でも時々その話が出てきたりするので、もしかしたらアトピーは、口の端が切れやすいのかも、と思いました。

     口の端が切れて炎症を起こすものを正しくは「口角炎(こうかくえん)」と言います。
     今、ちょっと調べてみたら、やっぱりアトピーはなりやすいみたいです。
    http://www.chukai.ne.jp/~myaon80/mu4-caseB12angulitis.htm
     アトピーに絡む所を拾うと、感染性の問題とステロイドの所が拾えそうです。
     アトピー体質の人は雑菌に弱いです。私の経験からすると、お恥ずかしい話ですが、食事の後、口の端をきちんと拭かずに長時間放置するとなりやすい傾向があります。おそらく食材カスと唾液が混じり、雑菌が付きやすい状況が生まれて炎症を起こすのだろうと思います。特に油ものを食べた後、油が口の端に残ると起こりやすいかな、と感じています。油が原因、というより、油が落ちにくいので、口の端に残りやすくて、といった感じです。本当はセタフィルできれいに拭き取った方がいいのだと思います。
     あとステロイドの長期使用による免疫力低下から引き起こす事もあります。こういう人は非常に治りにくいと思いますが、考えられる事だと思います。
     というのも、ドクターと話していた時、アトピーでステロイド外用薬を長期にわたって塗り続けている日本人患者の中には、骨が脆くなる、といったステロイドの副作用が出ている患者さんがいると聞いたので、薬の本の中のステロイドの副作用の中にある項目は、起こる可能性があると考えてもいい、と私は思っています。(既に白内障も起こっていますしね)なので、ステロイドを長期にわたって使用している人の場合、それが口角炎の原因になっていると考えてもいいと思います。
     それと栄養の問題。
     口角炎・口内炎はビタミン不足、特にビタミンB2の不足が原因と言われています。
     食事制限をしていらっしゃる方は、ビタミンが不足して口角炎を起こしやすくなっていると考えられます。特にビタミンAなどの脂溶性ビタミンは油と一緒に摂取しないと吸収率が落ちるので、油抜きの食事をしている人は口角炎を起こしやすいと思います。

     治し方ですが、私はビタミンB2を飲みます。あとマルチビタミンも持っているので、それも時々気分で飲みます。それから野菜が不足している時になりやすい、と感じるので、野菜、特に青菜を積極的に食べます。もちろん食事の後、口の端もきれいに拭きます。それからワセリンを塗って保護します。
     こんな感じで長くても大体2週間くらいで治っています。

     口角炎、些細な症状ですけど、口を開けると痛いので食べにくくなるし、歯磨きも困りますよね。でもこんな病気もアトピーと絡むのだなぁ、と感じました。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。
    スポンサーサイト