プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    食生活

    私の蕁麻疹は、消火され、痕も残らず、蕁麻疹以前と同じ状態に戻りました。ご心配おかけしました。今回は多分、うこっけいの生卵か、鯵(あじ)だと思います。おいしかったですが。
    何しろ食いしん坊なので、出そうな食べ物はうすうす分かっているのですが、
    「ひょっとしたら出ないかも」と、口に入れてしまうんです。一番記憶にある食べ物は、たらこでした。だって、産地直送の大きな贈答品のたらこですよ!これが冷蔵庫にあるってわかって我慢するのって、拷問ですよね。
    魚卵系は、一番出ます。いくらも我慢できません。。。途中で諦めて、「もう、出てもいい・・・」なんて思っちゃうんです。

    今日は、私の食べ物歴の話にします。
    よくアトピーの人は、甘いものが好きで、油のとりすぎで、肉ばかりで、と、食生活に問題があるような事を言う人がたくさんいますが、私の場合、これらの全てを打ち消す事が出来ます。
    甘いものは嫌いなので、付き合い程度にしか食べません。小さい時、ケーキも食べられませんでした。母の作る料理は煮物が多く、肉より魚の煮つけなどの方が多かったです。インスタントの調味料は使いこなせないから、と、コロッケやハンバーグなども手作り。炒め物よりおひたしとかでした。
    お菓子も目は欲しいのですが、たくさん食べられませんでした。3姉妹で、ポテトチップス1袋を空ける事が出来ず、母はいつも少し残るスナック菓子が湿ってしまうのに困っていました。
    一人暮らしになっても、コンビニのお弁当は嫌いだったし、出来合いのおかずも味付けが好きではなかったので、基本的に作っていました。魚が好きなので、魚中心でした。ファストフードは結局高くつくし、腹持ちが悪いので、おにぎりやご飯にしていました。朝も、ご飯に味噌汁です。パンは好きではありません。
    飲み物は、甘い飲み物は嫌いなので、お茶か水。

    これだけの食生活をしていても、アトピーになるんです。
    アトピーの人の中には、確かに、ひどい食生活だった人もいると思いますが、それは、アトピーでなくても何かの病気を発症している人だったと思います。
    でも、食生活をきちんとしていても、アトピーにはなるのです。

    ある大学病院でも、アトピー患者に強力に食事指導をして、成果を挙げようとしましたが、結局うまく結果が出ていない、というのを聞きました。
    健康的な食生活は基本ですが、それだけが理由というのは、無理のあるやり方ではないですかね。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    EDIT COMMENT

    非公開コメント