プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    特殊なアレルギー

     おかげさまで、風邪は落ち着いてきました。 
     ちょっとまともな記事を。

     特殊なアレルギーもあります。
     アトピーアソシエイションでの患者さんで、HPでも書かれていますが、黒い色素に反応していたという人もいらっしゃいます。インクのトナーで悪化したり、黒の靴下、黒の靴などで足が反応を起こしてアトピー化するそうです。黒の色の要素に使われる物質に反応を起こすようです。渡米して、いつものドクターベイカーの所でもわからなくて、ドクターストローという医師に紹介され、ようやく判明したようです。

     特殊なアレルギーとして、講演会で話されたエピソードとしては、氷など「冷たさ」に対してアレルギー反応を起こす、という人もいるそうです。このアレルギーは非常に特殊なので、最初に疑うアレルギーではないそうなので、まず考えなくて良いアレルギーだそうですが。
     冷たさに対してアレルギー反応を起こす、という事で、非常に低い温度に触れた時、反応が出るそうです。反応が強いとアナフィラキシーショックを起こすそうなので、冷たいプールとか水にも注意しないといけないそうで、検査はその通り、氷を皮膚にくっつけて反応を見るそうです。
     日本でよく言われる「寒冷蕁麻疹」とは違うそうです。

     前々回の記事で、久我山病院の長屋医師にアレルギー治療をしてもらう事を書きましたが、その記事はアトピー患者に向けてではなく、主には喘息や花粉症の患者さんに向けて書いたものでした。
     繰り返しになりますが、アトピー患者はアトピーアソシエイションを通してドクターマセソンとドクターベイカーの治療を受けてもらいたいです。(両医師とも日本のアトピー患者はアトピーアソシエイションを通さないと治療をやってくれない事になっています。)
     なぜならアトピーは喘息や花粉症よりもずっと複雑な病気だからです。特に日本のアトピー患者さん達はステロイドやプロトピック、その他の民間療法で更に複雑化していますし、アトピーはそもそも皮膚の病気が主なのですから、皮膚科医が主となって治療を行うのが最も安全なのです。
     また日本のアトピー患者は、アレルギーも治療されずに放置され、アトピー→アレルギー悪化→アトピーも更に悪化→アレルギーも更に悪化、と、悪循環に入っています。その為、アレルギー抗原の数も多く、その為か特殊なアレルギーをお持ちの方も、確かに中にはいらっしゃいます。
     長屋医師の所の治療は、アメリカでの標準治療に当たる、と聞いていますので、日本の重度のアトピー患者には薬液が強すぎてかえってアトピーを悪化させる事も考えられますし、皮膚の治療も同時に行わないとアトピー改善にはならないです。
     また特殊なアレルギーのケースを考えると、やはり本場でも先端でやっているアレルギー専門医に診てもらう方が良いですから、トータルではAAJ(アトピーアソシエイションジャパン)を通しての渡米治療がベスト、という結論に至ります。
     もちろんアトピーでなく、喘息、その他であっても、ちょっと複雑なアレルギーっぽい、と思うようであれば、渡米した方がいいと思います。長屋医師の所で対応が出来なかった場合、時間がかかってしまい、結局渡米しようかな、という結論に至る可能性もあります。その場合、時間も費用も無駄になりますから、よく考えて行動して欲しいと思います。

     アレルギー治療、渡米した患者さんが金属アレルギーも良くなってきた、という話を聞いて、ふうん、と思っていましたが、私もなんか、良くなってきたような気がします。
     この間イヤリングをしたのですが、以前より負担を感じなくなりました。前は途中で痒くなったり、痒くなくても付けている感を強く感じていたのですが。
     食べ物は、魚介類OK、魚卵・甲殻類もOKになり、全く症状が出ません。プルーンは食べてませんが、ま、身近にない食べ物だし、食べなくてもいいので試す気はありません。
     山芋は、まだ試していませんが、この調子なら大丈夫そうな気がします。

     花粉症は症状がもう出ています。残念…。アレルギー治療は5年で一区切りだという事ですが、希望で続けられるので、私はまだ続けるつもりです。終了しても、終了後、自分で自分の体を治していくようになるらしいのですが、継続していた方が確かだろうし、花粉症のない体に出来ればなりたいです。
     アレルギー注射終了の時期に関しては、ayaさんのブログに書かれているので、そちらをお読みください。
     5年以上たって一旦やめて、様子を見て、やっぱり再開したい、という時は、ビルド不要で再開できる、というのを確かAAJから聞いた記憶がありますので、終了、再開に当たっては、AAJと相談の上行なってください。

     そうそう、アレルギー治療薬、薬液の濃度が治療更新の時のアンケートみたいので変わるのかと思っていましたが、患者さんに知らせる事なく濃度その他が変更になる事はない、という事でした。講演会で、ロクサーヌ師長がそう言っていました。
     また治療薬がアメリカから送られてくる際、保冷剤が溶けてしまっているけれど、温度とか大丈夫なのか?という質問がありましたが、常温保存でも大丈夫なものなので問題はないとの事。ただ治療薬は生モノと同じように傷むものなので、常温保存の時間が長くなればなるほど、有効期限が短くなるそうです。ボトルに書いてある期限は、冷蔵保存を前提に書いてあるものなので、配送時間程度なら問題はないそうですが、届いたらすぐに冷蔵庫で保存してください、という事でした。

     以上で、アレルギーは大体終わったような気がします。


    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。 
    スポンサーサイト