プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    日本は貧しい国じゃないのに

     ドクターマセソンと日本のアトピーの惨状について話してた時、
    「日本は貧しい国じゃないのに。。。政治の問題だね。」
    と言っていました。

     そうなんです。
     日本は、世界の中で見ても、経済大国と呼ばれるほどで、決して貧しい国じゃありません。
     医薬品だって不足しているわけじゃないです。
     
     海外の医療業界の評価は、日本の医療機器は素晴らしい、というものです。
     けれど、肝心の医学は残念ながら高くありません。
     ドクターの所にもアトピー関係の事で日本の製薬会社(日本ではトップ企業)で2社、研究員が訪れた事があるそうですが、研究員がアトピーの事を全然わかってなかった、とドクターは言っていました。薬を開発する研究員がちょっと、というと、日本で開発されるアトピーの薬も希望が持てません。

     お金はあるのに、アトピーが治らない。
     やっぱり政治、制度に問題がありそうです。

     日本で包括医療制度が始まりました。私が勤めている病院でも始まりました。
     今までは、治療にかかった費用分、保険に請求すれば病院に支払われていましたが、この制度は病名や重症度によって最大支払額が決められてしまっているので、短期間で治せば病院が儲かり、長期化し、治療にあれこれかかればかかるほど、病院が赤字になっていきます。
     この制度に対しては賛否両論あり、導入されるのかな、と思っていましたが、とうとう導入されましたね。
     病院経営としてはかなり辛い制度だと思いますが、私は患者にとってはメリットが大きい制度じゃないかと思います。
     実際、私の勤めている病院では抗生剤の使用法について見直しがありましたし、ジェネリック化もどんどん進んでいます。
     まだまだこれから大きな見直しが進むと思いますが、薬剤師の役割も大きくなり、医師の間違いを正していけるようになっていけるかもしれません。

     医療現場で日々仕事をしていて、何と無駄な医療が多い事か、と思います。医療費、かなり無駄遣いされています。
     それと「医療拷問」のような状態に置かれている人も少なくありません。主に高齢者ですが、私はそういう状況は自分の家族だけでも避けたいなぁと思っています。
     地域の医療格差も思いの外大きいです。 

     日本の医療は先進国の中でトップレベル、だから渡米してまで治療を受ける必要はない。

     そう認識している人も少なくないと思いますが、私は違うと思っています。
     少なくとも世界のスタンダードとしては、やはりアメリカが世界一、というのはまず間違いないでしょう。友人のイスラエル人は「常識でそう」と言っていましたし、慢性疾患で手術を繰り返さなくてはならない友人も、アメリカで一度手術を受けたら、次からは絶対アメリカがいい!と言っていましたし。
     私もお金さえあれば、他の病気でもアメリカで治療したいのが本音です。
     ちなみに講演会の時、アメリカオフィスの方に聞いたのですが、不妊治療もすごいらしく、体外受精の妊娠率、7割を超えるらしいです。日本は5割に届きませんから、日本で何度も泣きながら時間を浪費するよりも、一度に賭けて渡米するのも手かもしれませんね。
     
     アジアの中でも、韓国の医療が伸びてきているような事がミクシィの記事で出ていました。教育熱が高く、アメリカに留学生も多いですから、日本と並ぶ、もしくは抜かれているような分野もあるのかもしれません。
     中国はまだまだかな、と思いますが、1月に上海に行って、漢方薬がすっかり廃れているのにびっくりしました。もう西洋医学に切り替わってきていて、抗生剤が万能薬のように使われ始めていると、ネットのニュースで見た事があります。

     世界はグローバル化しています。
     自分の考え方も、ちょっと解放してみると違ったものが視野に入ってくるかな、と思います。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。
     
     この記事について、誤解される方もいらっしゃるようなので、コメント欄は閉じます。
     頂いたコメントについては目を通しています。表示しても問題ないものもありますが、コメント欄を閉じると承認したものも表示できなくなるようなので、あしからず。
    スポンサーサイト