プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    アレルギー免疫療法について

     体調はおかげさまで落ち着いてきました。
     3連休で上海に行ってきたのですが、トラブル続きで大変でした。その話は近々、もう一つのブログの方で。

     講演会の所で、アレルギーの所だけ残してありましたので、そこをぼちぼちと。

     アレルギーとは何ぞや?という所、難しいですよね。IgEとかIgGとか出てきちゃいます。
     で、それらについての説明は、調べると結構たくさん出ているんですよね。なので本格的に理解したい!という方はその辺りは一度、徹底的に調べてみるといいと思います。
     私は読んでいないのですが、久我山病院にいらっしゃる長屋医師の本がやはり良いようです。私たちが分からない、と思う所は、大体網羅されているそうです。私たちが渡米して受けるアレルギー治療についても詳しく説明があるそうなので、読まれるといいと思います。

     でもとても頭を使うので、とにかく治ればいいや、という方は基礎的な所は正直、飛ばしてしまってもいいと思います。そこまで詳しく知らなくても、治る事は出来るので。
     そして渡米して受ける治療の一つ、アレルギー治療について、今日はかいつまんで。

     アレルギー反応は抗原抗体反応が起こって起こるものです。
     でもこの反応、いくつかの段階を経て起こるのです。

     例えば、4台入る駐車場があるとします。駐車しようとやってくる車を抗原と考えてください。車が3台駐車しただけではアレルギー反応は起こらなくて、4台目が入って満車になると抗原抗体反応が起きて、アレルギー症状が出ます。(アレルギー反応が起こる過程と考えてみてください)
     アレルギー免疫療法というのは、この4台目の駐車場にダミーの車(抗原)を入れて満車状態に見せかける、というものなのです。
     ダミーの車(偽の抗原)ですが、これを入れておく事により、本当の車(抗原)がやってきた時に、満車で入れない~、という状態を作り出すのだそうです。
     3台車が止まっただけでは抗原抗体反応は起きないので、4台目をダミーにして満車状態にしておけば、アレルギー反応は起きません。
     このダミーは一度の治療だけで常駐状態を作り出す事はできないですし、既に私たちはアレルギー反応を起こしてしまっている状態にあるので、少しずつ少しずつソリューションと呼ばれる注射薬を定期的に注射して体内に入れて、4台目の駐車場を乗っ取ってしまうようにする治療です。
     既にアレルギー反応を起こしている状態にあるために、そのままソリューションを入れると強く反応して症状を出してしまう事があります。そのためクラリチンを上手に使う事によって反応を抑えながら、時間をかけて治療を進めていきます。
     4台目にダミー車の駐車が成功すると、その先一生、常駐し続けてくれて反応を起こさなくなる、つまりアレルギーが治る、という事が起こります。

     もう一つの説明として、講演会では「ワクチン」とい言葉が使われていました。
     ソリューション(アレルギー注射薬)を「ワクチン」として考えると、アレルギー治療が分かりやすいと思います。

     この治療の説明は、駐車場でもワクチンでもどちらか自分で分かりやすいと思う方で理解すればOKです。

     アレルギーの原因となる抗原はたくさん種類がありますが、全種類治療しなくても、治療効果は波及するので大丈夫です。
     最近わかってきた事では、アレルギー治療をすると接触性・食べ物など全部のアレルギーに対して、改善がみられる傾向があるそうです。私が魚が食べられるようになったのも、アレルギー治療の効果が出てきたせいかもしれません。

    IgE、IgGの話は次回。
     
    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。


     
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。