プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    保湿・入浴・その他

     講演会の補足です。

     保湿はとても重要です。
     なにしろ、私たちアトピー患者は、バリア機能がないも同然ですから。
     渡米してくる重度のアトピーの患者さんは、ドライスキンに慣れ過ぎてしまっていて、どれ位ドライか、というのがわからないそうです。そのため、保湿してください、とプラスティベースを渡しても、塗る量が少なくなりがちなので、渡米中はどれ位潤いが必要か、を教えるための重要な機会にもなっています。
     バリア機能を戻せるようになれば、感染からも身を守る事ができ、痒みも減る、という風になるので、保湿をしっかり行なってください。
     
     入浴も保湿のためにとても大事です。
     入浴時の温度は、今、34~35度位で指導されていると思いますが、それを守ってください。
     アトピーの炎症は火傷と同じようなものなので、火傷している皮膚に高温の入浴がダメなのと同じ、と考えてください。また、高温での入浴は体が熱くなるため、入浴後そこにプラスティベースを塗ると、汗をかかせ、また炎症も促進させてしまうので、低温での入浴を必ず守ってください。

     入浴時、34~35度というとかなりぬるいです。なので風邪を引かないように、浴室を暖めてから入るといいでしょう。
     そして入浴後の保湿ですが、3分以内、というタイムリミットがあるので、まず上半身だけを浴槽から出して体を拭き、そしてプラスティベースを塗ってしまう、その後、浴槽から出て下半身を拭いてプラスティベースを塗る、という風に、上半身と下半身とを分けて順にケアすると3分以内におさまる、というやり方がいい、との事でした。これはある患者さんのアイディアだそうです。

     患者さんたちも様々に工夫を重ねています。
     講演会で体験談をお話しされた方は、入浴時、顔を保湿するために美容用のフェイスマスク(化粧品は何も付いていないもの)を使っている、との事でした。

     午後、トリガーについてグループワークをしたのですが、多くのグループで上がったのが「洗濯洗剤」でした。
     今現在、アトピーアソシエイションで推奨しているのが、ALLとケアベールですが、どちらもダメ、という患者さんも結構いました。代替品として私が以前、ご紹介したバイ・ファー・ゼット(少しずつ買うにはここがあります。)を使っている、という患者さんもいらっしゃいました。
     中には洗剤ジプシーに疲れて、お風呂場でお湯だけで足で衣類を踏んで洗っている、という方もいらっしゃいました。どうせプラスティベースで衣類ももたないので、という事でした。

     患者さんからの質問

    ・洗濯洗剤で、ドクターが推奨するものを具体的な製品名で教えてください。

    A: 全体の製品の約15%が、消費者に知らせる事なく成分を少しずつ変えています。これは(アメリカの)法律の範囲内ですが、患者さん達はとても敏感な皮膚なので、成分が変わって、その製品が合わなくなる事があります。
    そのため常に成分をチェックし、自分に合った製品を探し続ける事が必要になります。

    ・入浴は1時間とか2時間とか、入っていてもいいのでしょうか?

    A:入浴が長すぎると、皮膚がふやけてしまうので良くありません。20分という時間は水分の浸透に最も適していて、なおかつ、ふやける手前の時間なので、20分で上がるのがベストでしょう。

    ・数年たってもアトピーが改善しないとしたら、どういう原因が考えられますか?

    A: 最初に立ち返って考え直してみる必要があります。トリガー除去やスキンケアはきちんとできているか、という辺りをもう一度見直してみてください。
     トリガーを見つけるのは、視点が変わらないとなかなか出来ないので、自分で見つけるのは難しいと思います。カウンセラーに相談して、トリガーを見つけて除去してください。


    ドクターが

     この病気は一人一人原因や病歴が異なる複雑な病気です。そのため治療は決して簡単ではありません。一人一人に対応していく必要がある病気です。患者さんとそのご家族、医療従事者が協力し合いながらでないと、治療ができませんから、患者さんは治るまで、AAJと連絡を取り合い続けてください。

     と言っていました。

     そんなところでしょうか。
     記憶に頼って書いてしまった所もあるので、講演会に出席された方、修正や補足などありましたら教えてください。

     余談ですが、ドクターに
    「患者さんたち、みんなわかりますか?」
    と聞いてみたところ、
    「日本の名前だから名前まではなかなかわからないけど、顔を見るとまずわかるよ。それでも思い出せない時は、トリガーで思い出す事がある。何人かは変わったトリガーだったりするからね。」
    と。
     トリガーが何かで思い出すって、なるほど~、と思いました。それだけ一人一人病歴が違い、ドクターがそれを把握して対応している、という事ですね。
     ちなみに私は2005年の患者で5年近くたっていますが、まだ覚えていてくださっていて、光栄でした♪

     講演会の内容は、まだアレルギーの所がありますので、来年、こつこつと書いていきたいと思います。

     大みそかも押し詰まってきました。今年はこれが最後の記事です。一年、ありがとうございました。
     来年も頑張りますので、よろしくお願いします。
     皆さん、どうぞよいお年をお迎えください。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。
     
    スポンサーサイト