プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    ドクター講演会2009-4

    2009年 アトピーアソシエイションジャパン PDF資料を掲載します。
    難しそうな用語、あるいは捕捉についてはカッコ書きで※印をつけます。ゆかり脚注です。

    前回の資料の後、3ページほど去年の資料が復習として使われています。
    その後に下の資料が出ました。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    集中治療後(帰国後)のセルフケアの復習(2007 Dr,Lecture)
    Home to Japan  
    感染から身を守る(ウイルスとバクテリア)
    Protecting from infection (bacterial and viral)
    Dr.:
    正しいスキンケアはものすごく大切です。アトピー患者さんは皮膚のバリアが完全ではないため,皮膚のメンテナンスは重要です。
    皮膚のバリアは感染を予防し,アレルギーから守り,乾燥から発生する炎症とかゆみを抑える効果があります。
    ・お風呂は安全なクレンザーを使い,
    ・バリアを保つためにプラスティベースを1日何回も塗って,炎症を発生させないようにします。
    ・ファイソヘクスの洗浄(※今はハイター風呂ですね)とミュピロシンはバクテリアからの感染を下げます。
    もし,炎症ができたら安全なクリームや軟膏でひどくなる前に抑えます。

    アレルギー注射の継続
    Allergy Injections
    Dr.
    アレルギー注射の役目は,環境からのアレルギートリガーを少なくしていくためです。体内でアレルギーブロックができるようになってくると,ラッシュアレルギー治療外でのアレルギーからも守れるようになるようです。
    分量の調整は患者さんによって違います。アレルギー注射でゆっくりと免疫のシステムを刺激し,それによって体内で
    アレルギーをブロックしていくことができます。
    ぎりぎりの刺激が大切なので,免疫を刺激しすぎると炎症を起こしてしまいます。クラリティンを飲んだり,場合によってはデルタゾンを少量飲む方もおられ,これらは反応をできるだけ少なくするためです。

    集中治療後、日本に帰国後の「ショートバースト」とは?
    Why is it that some patients go through a cycle of deltasone after the
    treatment in the US?

    Dr.
    日ごろのスキンケアを継続できるように,炎症が起こったときにはデルタゾン(※ステロイドの内服薬、プレドニンのジェネリック)のショートバーストをします。皮膚の悪化によく繋がる要因はバクテリアやウイルスの感染,刺激物やアレルギーからの空気中か直接の接触,季節の変わり目で正しくスキンケアができていないときや,長期間のアトピーまたは,長期間のステロイド使用によって不安定な皮膚になっている方やストレスからでも炎症を起こします。
    治療から1年目,2年目ぐらいが一番炎症が多く,それからは少なくなります。その中でもすごく症状がひどい方は長い間にわたって炎症を起こす方もおられます。

    1,バクテリア感染:鼻とかき傷からの感染,生活においての手からの感染たばこ,朝,夕の20分お風呂,保湿,間違った保湿,汗,洗濯,勤務先の制服,温泉,ヴィンテージジーンズなど
    2,空気のアレルギー:喘息,花粉症,季節との関連,環境との関連,防ダニまくら,ふとんカバー,皮膚からの貫通を防ぐ
    3,接触性アレルギー:(接触, 食べ物, 空気中,UV)ゴム製品,衣料,くつした,下着,スニーカー,ブーツ,化学物質,シャンプー,ソープ,洗濯洗剤の残留成分・かぶれ・すすぎが足りない・クリーニング店のシャツ・下着の金具,ゴムの部分・自転車,クルマのハンドル,揮発系・衣替え・運動会の白線,マット,旅行先の寝具・職場の環境・香料
    4,ヘルペス:などのウイルス:帯状疱疹,ヘルペスなどはアトピーを悪化させる原因となります。全く別の対処が必要です。(頭痛,UV,疲れ,仕事しすぎ)
    5,女性特有の湿疹
    6,その他:感染症,感染ダニ,薬のアレルギー,軟膏のアレルギー,ネクタイ,白衣,ダンボール等
    7,ストレス:過剰適応,(過去の感情,記憶,体験のグリーフワーク)
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    講演会と関係ありませんが、アレルギー注射日とインフルエンザの予防接種日のご質問をいただきました。
    去年の資料にありました。

    ■追加Q.インフルエンザ予防接種とアレルギー治療を同じ日に打ってよいか。

    ・アレルギー注射を打った後、30分間待機し問題がなければ、インフルエンザ予防接種を打ってよい。

    資料元 http://iiizzz.blog9.fc2.com/blog-entry-402.html

    ショートバーストとインフルエンザについては、AAJの公式ブログにありました。
    http://www.a-association.com/yumeblog/2007/12/post_48.html

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。
     
     
    スポンサーサイト