プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    漢方医の選び方(3)

    今日は3回目となった、漢方医の選び方、3回目だ。

    瞑眩(めんげん)は、まず、起こらない。
    瞑眩は、薬を始めて、一過性に悪くなり、その後快方に向かう、というものである。しかし、この「瞑眩」という言葉、健康食品などの悪質な商法にとてもよく使われる言葉だ。
    薬を飲み始めて悪くなったら、まず、薬が合っていないので、すぐに薬を変えてもらった方がいい。漢方医もすぐに応じてくれる筈だ。この場合、副作用と考えるより、効かないため、元の症状が継続している場合の方が多い。
    最近は、瞑眩を「好転反応」とも呼ぶ場合があるので、気をつけて欲しい。漢方薬に限らず、殆ど起こらないので、ただ単に、悪化している事の方がずっと多いのである。「瞑眩」や「好転反応」などが起こるかもしれない、という説明だったら、薬をもらわないで帰った方がいい。

    ・通常、正しい知識を持った漢方医の処方の場合、副作用の心配は要らない。
    一時、漢方薬の副作用が問題になったが、あれは、漢方薬を知らない人が、一番出してはいけない状態の人に出した場合である。正しい知識を持った人であれば、安全に処方する事が出来る。
    漢方薬は、もともと副作用が少ないという性格を持っている。だから副作用がある、という事で話題になったのだ。

    ・漢方薬は、自費で診療している所にする
    日本の健康保険の仕組みは、西洋医学の診断名に基づいている為、保険がきく所は、適当に処方している所が殆どと考えてまず、間違いない。私の友人の医師は、何とか漢方薬を保険がきくようにしてあげようと努力していたが、この薬を出したいが、この診断名では保険がきかないので、きかせる為にはとんでもない診断をつけないといけなくなったり、内容量を調節したいと思っても、一日にこれだけの量しか保険が通らない、など、悪戦苦闘していた。前回も書いたが、アトピーはかなりの量を必要とするので、保険の範囲内では、薬が薄いのだ。
    それと、自費でやっている所は、基本的に真剣勝負だ。高額なので、結果が出せなければ、患者は他へ行ってしまう。腕で勝負している所だと思う。

    ・最後になったが、最近、漢方薬にステロイドを混ぜるケースが増えているそうだ。煎じ薬の場合、混ぜようがないと思われるが(多分。)、粉薬の状態で飲んでいる場合は、簡単に混ぜられそうである。もちろん、塗り薬なら混ぜるのはもっと簡単である。その場合、患者にはもちろん言わないので、どうぞ、ご注意ください。
    混ぜている場合、やめるとリバウンドの症状が起きる。混ぜていない場合は、中断しても症状が変わらないか、緩やかにアトピーの症状が悪くなる。
    ステロイドに限らず、漢方のダイエット薬のように、薬剤を混ぜ込むケースが増えている。
    信頼できる漢方医を見極める目を持って欲しい。その漢方医の経歴などを詳しく聞いた方がいいと思う。

    さてさて、3回にわたって書いてきましたが、私は別に漢方薬のプロでもなんでもなく、患者として集めてきた情報を書いただけである。
    繰り返しになるが、私は、漢方薬で楽にはなったが、治らなかった。理由は、私の場合、バクテリアのコントロールが漢方薬で出来なかったからだと思う。私が必死の思いで探し当てた漢方医ですら、治す事が出来なかったので、漢方薬一本ですがっていくよりは、他の方法も、同時に模索していった方がいいと思う。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    さちゃらんさんへ
    漢方は、診断方法が全く異なりますから、今、病院で出している漢方薬は、きかない事も多いです。だから、今、医療費削減のために、漢方薬を保険適用から外そう、という話もあります。なんだか、本末転倒なんですけどね。普通の薬の方が高かったりするのに。。。お上のやる事です・・・

    東洋医学の保険適用ってむつかしいんですね
    生薬等は薬みたいに有効成分のみを抽出しているわけではないから
    カテゴリー分けしにくいんですね
    漢方しかり アーユルヴェーダしかり…
    病院だけでなく 適正な保険適用ができて
    患者側の選択肢の幅が広がればいいな

    好転反応

    結構ききますが、賛否両論ですね。私はどちらのあると思っています。
    私はどっちの言い分もわかるからです。ステロイドを使わないとしたら、
    肌は悪化するわけだし。使えば肌は悪化しないし。
    好転という意味が使う人によって、違っているような気がします。
    肌がきれいになる、という目的があって、
    ステロイドを使用して良くなったことを好転という人と、
    使わないで、一時期悪化しても良くなることを望んで好転といっている人と、
    プロセスが違うのかな。
    どちらの意見も客観的に聞き入れることが今は大事かと思います。

    EDIT COMMENT

    非公開コメント