プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    誤解

     私に関する誤解や私が受けた渡米治療に対する誤解

    1)この記事を書いている「ゆかり」はアトピーアソシエイションの回し者でアトピービジネスをしている。

    2)渡米治療は、ステロイド浸けにする。そして一生、ステロイドでコントロールする。

     大きな誤解はこの二つかなぁ。どっちも間違いなのです。
     この二つの誤解は、どこから出たのか、さっぱりわからないです。全くの誤解なので、不安を感じていらっしゃる方は、このブログを最初からコメントを含めてすべて読んで頂いて、アトピーアソシエイションのHPを熟読して頂けたら誤解は解けると思います。それでも不安を覚える方、あるいは質問が残る場合、直接私か、アトピーアソシエイションに問い合わせてください。

     ネット上で私が読んだ限りのもので、私とドクターたちの治療に関しての誤解のものは、アトピーアソシエイションのHP及び私のブログををきちんと読んでいたと思われるものは、一つもありませんでした。
     私に対する怒りから来たコメントも過去、いくつもありました。けれど非常に感情的で決め付けからかかっていて、しかもブログのほんのいくつかしか読んでいないと思われました。おそらく現在もアトピーでお苦しみの方、あるいはアトピーで苦しまれた経験のある方だろうと思うのですが、残念だなぁ、と思います。

     誤解は解こうと思わないです。
     一旦色眼鏡をかけられたら、なかなか冷静に内容を見る事は出来ないだろうと思います。そんな中で私が何を言っても、自己弁護、そしてあぁ言えばこう言う的にしか受け取られないんじゃないかな、と思います。
     色眼鏡を外させるほど、私は頑張れません。
     ただそれでも渡米を決意される方が後を絶たない事を見ると、わかる方にはわかるんだなぁ、と思います。

     でもそういう誤解の情報は、治療にあたり「試金石」になっている、と思うようになりました。
     帰国後、患者は孤独に陥ります。あっさり治らないケースもあります。そうした中で、外野の不信の声を無視するのは、かなり精神力が必要になります。
     不安が強くなる、あるいは自分の行動を変える事が出来ない、などなどによってドロップアウトする人もいらっしゃる、と聞きますから、ドロップアウトする位なら、治療には行かない方がマシじゃないか、と思ったりします。そう思うと、治療前の時点で誤情報に簡単に翻弄されてしまう方は、行かない方がいいんじゃないか、と思います。ただの銭失いになってしまいますから。
     (それでも渡米して治療に行った方たちは、行った方がいい、という意見の方が多いと思います。アレルギー治療だけでも続けていくと、完治までは行かなくても、かなり改善してくる、と聞きますし、皮膚の反応が強すぎてアレルギー治療を中断した方でも、治療の骨組みが出来ていれば、あとは自然と自力でアレルギーが改善に向かい、結果としてアトピーの改善が望めるようになってきたそうです。)

     正しいものを見抜く力は、アトピーの治療法に限らず、必要です。振り込め詐欺インターネット詐欺とか、詐欺事件はたくさんあります。子供の教材を買わされたり、うまい話として、投資情報が持ち込まれるかもしれません。買い物に行けばたくさんの偽装表示があり、お買い得に騙されたりします。
     日々の生活の中で、正しいものを見抜く力は、常に必要とされている能力であり、その上で自分の生活の中で買うものを選別していかなくてはなりません。
     底値にこだわって必要なものが家に無い状態では困りますから、生活の便宜上、多少高くても買う事もあると思います。

     アトピー患者で特に気をつけて欲しいと思うのは、「アトピービジネス」です。「アトピービジネス」という点に翻弄されてしまい、肝心な点を忘れてしまうのです。
     アトピービジネスに引っかかるのは、残念な事です。けれど既存の日本の治療では酷くなるばかり、という状況では、「アトピーに良い」と言われるものから何らかの選択をせざる得ないのが現実です。
     ところがアトピービジネスに警戒感ばかりが強くなりすぎ、ドクターたちの治療を「一生ステロイド浸け」と言うのは完全に曲解しており、これでは「妄想」になっています。

     大事なのは

    「治る事」

    なのではないでしょうか。

     最近、アトピービジネスに過敏になるあまり、きちんとリサーチできない人を見かけるようになりました。心の傷を感じます。
     アトピービジネスの定義は、明確ではありません。病院以外の事を全て言うのでしょうか?保険外診療での治療はどうでしょうか?医師が関わっていれば、アトピービジネスではない、というのでしょうか?ならアトピーアソシエイションは合格、という事になるのですが、医師の国籍が大事になるのですか?
     
     大事なのは「治る事」なのです。それを基準に判断してみる事が大事じゃないかと思います。
     
    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
     
     ドクターの講演会、今週末になりましたね!
     体調管理、気をつけてください。私も気をつけます。

     本日、PDFファイルがAAJから届きました。まだ全部目を通していないですが、研究が更に進んでいるようです。非常に興味深いです。わぉ!!って感じ。アトピーの治療に携わる医師なども、本当は来られるととても参考になると思うのですけどね。目からウロコです。頭の固い医師の参加は困りますが。
     ファイルの内容は後日、AAJ側から許可を得た上で転載しようと思っています。AAJのHPは情報が掲載されるのが遅いので、ついつい、知りたがりの私が記事にしちゃう方が速かったりするんですよね~。それで「回し者」と言われちゃうのかもしれませんが、良い情報は早く知るに越した事ないと思うんですよね。
     ただ私のブログはあくまでも「私的なブログ」なので、正しい情報は必ずAAJから得てください。

     皆さんとお会いできる機会なので、楽しみにしています。ぜひお声をかけてくださいね。ハンドルネームを使っていらっしゃる方は、ハンドルネームをおっしゃってくださいね~。
    スポンサーサイト