プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    落ち込んだ時に

     人生、色々ありますよね。
     落ち込む事、たくさんあります。特にアトピーは皮膚に症状が出てしまうので、落ち込んでしまう事も多いと思います。
     私も落ち込む事、たくさんありましたよ。そんな時の私の対処方法をご紹介します。

     私が渡英した時の事。
     知っている人が誰もいないし、アトピーもひどいし、英語は全然できなくて、何をしゃべっているのかさっぱり理解できなくて。
     あの閉塞感、辛かったです。体も楽じゃないし、クラスメイトも自分と合わないような雰囲気の人ばかりだし、ホームステイは下宿と同じで、ホストファミリーは間借り人と口をきこうとしない人達でした。だからといってリタイアして帰国しても、仕事ができる状態じゃないから帰っても辛いだけなのはわかっていて、未来がなくて。。。
     どうしようかな~、と思っていた時に編み出した方法です。

     寝る前に3個、その日に良かった事を数える。

     これだけです。
     もう良い事なんか、何もないんですよ、全く。悪い事だらけで。
     寝る前はその日あった悪かった事ばっかり考えてしまって。こんな嫌な事があった、こんな事も出来ない、こんな自分が嫌、こんな所も嫌、そんな事を考えていたら、あ~、死ぬしかなくなっちゃうな~、って思ったのです。
     でも、イギリスまで来て死ぬなんて、すっごくおかしい事でしょう?
     帰国しないのなら、嫌な所ばっかり数えて何になるんだろう?落ち込むだけだなぁ、って事に気がつきました。
     それなら反対に、良かった事を数えてみよう、って思ったのです。ところが、ないんですよ…。良い事なんか、全然。

     それで、それなら「良い事」の定義を変えて、うんとハードルを低くしようと思いました。
     それで良かった事の中に、パンをおいしく食べられた、とか、お店で買い物した後、店員の人と目があった時、にっこりできた、とか、そんな事を「良い事」として数えてみる事にしました。
     確か最初は3個もないので、1個にしました。
     それが簡単になったので、3個にしてみました。寝る前に3個にするために、多少努力するようになりました。笑顔を作ってみたり、思い切って「Thank you」と言ってみたり。
     続けていると3個が簡単になりました。
     そして今度は5個にしてみました。
     そうしている内に、簡単に数えられるようになったりしたので、「良い事」の内容をグレードアップしてみました。「Thank you」も大きな声で言えたら「良い事」にカウントする、という風に。
     それを続けていく内に、5個が簡単になり、10個にしようかな、と思っている内に、友達が出来て遊び疲れるようになりました。

     すごく些細な事ですが、わりと効果的だな、って思いました。
     落ち込む人は、反省はわりとちゃんとしていると思うのです。だから必要なだけ反省したら、もうそれは終わりです。必要以上に自分を責めたり、出来ない自分を追求しちゃうのは、一定ラインを越えたら「マゾ」なんだと思います。
     頭は幸か不幸か一つしかなく、時間も有限です。一度に数多くの事を考えられる人は少ないと思うので、悪い事ばっかりぐるぐるしちゃう時って、頭の中が悪い事でいっぱいになって、それに時間と体力を費やしちゃっている時なんですよね。
     なのでそれを「いい事探し」に切り替えるといいと思います。その方が難しいから、頭もよく使わなくてはならなくなります。
     またはその思考をやめるためにどうしたらいいか、を考える事もいいと思います。これは逃げる事とは違います。一旦問題を「棚上げ」するのです。解決しなければならない問題なら、再び同じ事に襲われるようになりますから、落ち着いた時に対策を考える事にして、まずは自虐し過ぎてしまう自分を止めるのを最優先にする、というわけです。
     そのために物理的に時間をなくしたり(忙しくする)、スポーツもいいと思います。私はエアロビクスが好きでした。先生の後についていくのが必死だったので、頭が空っぽになり、終わると疲れて良く眠れます。翌朝には大抵の事はどうでも良くなっていて、翌朝にも問題が解決していない時は、対策を考えます。
     最近はエアロビ教室が近くにないので、手っ取り早くテレビドラマを見る事が多いです。ストーリーに没頭すると、その間だけでも嫌な事を忘れます。
     眠ってしまうのもいいですし、好きなものを食べるのもいいです。
     もちろん、「おしゃべり」も重要です。辛い思いを吐き出すのはやっぱり気が軽くなりますし、アドバイスも受けられます。私は吐き出してしまう方なので大丈夫です。批判やアドバイスを受けたくない時は、あらかじめ
    「愚痴よ、愚痴。聞いて思いっきり同情してほしいの」
    と、先に言っておきます。

     心を健やかに保つ事は、アトピーにも大きく関係するようです。
     治療後の方たちでも、落ち込んだり悩んだりするとメンテナンスが上手くいかなくなるようで、完治状態に一旦至った人であっても少しアトピーが出てきたりするそうです。こういう事が起きるのは、回復がある程度ゴールに近くなった時、あるいは完治状態に至っていても社会復帰しようとする、社会復帰し始め、の時によく起こるようです。原因は直接的には「ストレス」、または心模様に影響されて自己ケアを怠るようになる事のようですが、
     アトピーに関係する以上、心の問題も「小さな事」とかたずける事は良くないです。解決に向けて動いてみてもいいと思います。
     
     
     人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。