プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    漢方医の選び方(2)

    漢方について昨日書いたが、どうやら皆さんの関心もやはり高いようで、驚いた。
    さてさて、昨日の続きである。

    ・漢方薬は、煎じ薬でなければならない。
    これは、絶対、だ。
    よく、ツムラとかパックになった粉薬を売っている所があるが、重症のアトピーには効かない。効果を出すためには、ある程度の濃さと量が要る
    煎じ薬とは、葉っぱや草、木の皮、時には石や虫の抜け殻などが入っている事もあるが、それらを煮詰める。
    日本だと、ある程度の大きさに砕かれて、茶漉し袋の大きい版に入っている事が多い。
    量は、一日だいたい、ラーメン丼に半分位の量で、最低これくらいの量が必要だ。
    煎じるのに、一時間半ほどかける。
    私は圧力鍋で40分、2日分づつ煎じていた。
    よく、金属製の鍋だとだめで、土瓶みたいのでなければならない、と言われるが、厳密にはそうかもしれないが、あまり気にしなくてもいいらしい。それよりもきちんと飲む事の方が大事である。

    ・薬は毎回変わる。
    漢方薬は同じ薬を長く飲まないと効果が無い、と思われているが、全く違う。大抵即効性がある。(もちろん長く飲まないといけない場合もある)
    漢方薬の処方の方法は、自覚症状を中心としている。アトピーの場合、炎症が強い時もあれば、浸出液がひどい時、乾燥が強い時、比較的落ち着いている時など、いろんな時期がある。だからこれに合わせてどんどん処方が変わる筈なのだ。
    なので、処方してもらう時、そこの漢方薬局から近くに住んでいたら、3日毎にもらうのがいいと思う。ひどい場合は、一日毎が好ましい。多分、中国人の医師であれば、何日分毎がいいかは、アドバイスしてもらえると思う。
    私は遠方に住んでいたので、酷い時だけ見せに行って、あとは2週間毎に電話をして体調を話し、薬を送ってもらっていた。大体どの薬も、2週間たつと、自分の体調が変わり、効かなくなってくるからだ。ただ、風邪をひいた時や、ひどい時は、7日分処方にしてもらって送ってもらっていた。

    ・3回処方が変わっても効かない場合は、漢方医を見限るべき。
    漢方の処方は、非常に難しい。日本の一般的な西洋医学の場合より難しいと言っても過言ではないと思う。風邪ならこの薬、アトピーならこの薬、というものではないからだ。
    だから、よい漢方医を探すのは至難の業。初めからぴったり当てて処方できる事は難しいかもしれないが、普通2回目位には少なくとも当ててくる。(よい医師は、大抵初めから当ててきますが)だから多めに見積もって、3回までは我慢してあげるが、3回とも外す医師は、腕が悪いか、アトピーは出来ないのだ。見限って他をあたるのがいいと思う。
    漢方薬は安くないので、初めは、出来るだけ少ない日数でもらって、医師の技量を測るべきだ。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    Re: タイトルなし

    初めまして

    残念ながら、現在、漢方薬でのアトピー治療はお勧めできないと考えています。
    なぜなら解決に至らないと考えるからです。
    アトピーの原因になっているものを取り除かない限り、漢方を使っても焼け石に水です。
    まずはせんたく洗剤など身の回りの環境を整える事を徹底してみる事から始めて、
    最終的にダメならドクターマセソンの治療を検討されたほうが、
    結局は安く、確実に治ると思います。

    はじめまして。アトピーで1年半くらい漢方治療してます。

    ある程度改善したものの、そこからは悪くなったりを繰り返し、なかなか良くなりません。

    良い漢方医をご存じでしたら、教えて頂けませんでしょうか?
    ちなみに大阪在住です。

    よろしくお願いします。

    mapiさんへ
    はじめまして。
    薬剤性肝炎なんて、ちょっと、本当は考えられないのですが、かなり処方に問題があったと思います。大変でしたね。
    信頼できる医師、を探すのは、大変な事です。正直言って、腕と人間性が離れている人も少なくないので。口コミでいい医者というのは、意外と当てにならないと思っています。性格が良くても、腕が悪い人もいっぱいいますから・・・。

    トラバ有難うございます。

    はじめてお邪魔させていただきます。
    私も以前漢方医にかかっていました。とても信頼できる医師で、保険も利くし効果もあり完治するだろうとまで言われていましたが、数ヶ月目で薬剤性肝炎にかかり入院…もちろん漢方は中止しました。今は別の方法で治療中ですが、こちらを拝見させて頂いて、また漢方を始めたくなってきました。ん~悩むところですが。
    また、寄らせていただきますね。

    さちゃらんさんへ
    昨日今日と、ちょっと長文になってしまっているのが気になっているのですが、お読み頂きまして、光栄です。
    腕のいい医師に出会えるといいですね。

    Waoさんへ
    私の文章が下手で、ちょっと誤解があるかも。
    ドライハーブなどがどんぶり半分ほどです。実際飲むのは、マグカップに一日2杯ほどですよ。すごくまずいですが。。。

    らいでんさんへ
    スティーブン・セガール、知ってますよ。漢方医が出てくるのは記憶になかったですが。でも、本当の漢方薬局は、ホルマリン漬けとかはないですね~。残念ながらフツーでした。
    漢方医でも、頼りになる医師ができるといいですよ。

    セガール

    スティーブン・セガールご存知ですか?
    私は彼の映画が好きなんですけど、そこによく漢方医がでてきて、セガールがほしいものを頼むんですけど、なんかその東洋の神秘的雰囲気が好きで憧れていました。まさかその漢方薬が必要になるなんて・・・。ってまだあまし処方してもらったことはありませんけど。
    近くに漢方医いないかなぁ。まだ漢方医は探していませんでした。心療内科と皮膚科にしか言ったことがありません。ホルマリン漬けのカエルやらなんやら、神秘的で不気味なところに行ってみたいな。おっと、ホルマリンはよろしくないですね;
    まだ変なイメージが先行しちゃってます;

    どんぶり半分?

    漢方薬に関して、まったく知りませんでしたので、そんなに飲むのかと、正直思いました。
    しかも、日によって、薬の内容が違うということは、かなり身近にないと継続が難しいでしょうね。
    ゆかりさんは 良いお医者さんに出会ったんですね。
    今日もお肌が良くなりますように。

    昨日今日と読み応えのある内容で 「ふえ~」と感心しながら読ませていただきました
    漢方に興味はあるものの 知識は皆無なのでとても参考になりました(>∀<〃)
    漢方医も医師と同じで 自分と合う方を探すのが大変なんですね
    がんばってみようかな~

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    TRACKBACK


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    「アトピー」他、難病でお困りの方には是非推薦します。

    僕は、1972年頃から33年間、アトピーである。最初に診察を受けた医者が病名を「アトピー」と言った時、世間では誰も「アトピー」という病名を知らなかった。それこから、僕のアトピーとの闘いが始まる。いろんな皮膚科に行った。副作用や成人病を引き起こすと言われて