プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    一人では治せない

     渡米して治療(ドクターマセソン達の治療)を受けた経験や他の患者さんを見ていて思うのは、この病気は「一人では治らない」あるいは「一人で治すのは難しい病気」という認識を持った方がいい、と最近思います。その方が無駄な事をしないで、早く治ります。

     この治療に興味がある方は(特に渡米前の方)、ついつい薬物治療にだけ目が行きがちです。だから結局はステロイドでしょう?なんて事が噂されてしまうのだろうと思うのですが、それは大きな、大きな大き~な間違いです。
     アトピーの原因の一つに環境要因があります。この環境要因も解決しないといけないし、スキンケアをして皮膚を守っていかないと、アトピーは繰り返し発生してしまいます。環境要因とスキンケアは治療の重要度として薬物療法と同じレベルで重要なのです。どれもどれが欠けても完治状態に持っていけません。この三つは三つ巴としてしっかり覚えておいて欲しいと思います。
     そして環境要因の解決、つまりトリガー発見、除去と、スキンケアは、なかなか一人ではできないんです。何が悪いのかわからない所からスタートするからです。

     アトピーの原因は様々、と巷で言われている通り、本当に様々です。ヒット率が多いのが洗濯洗剤ですが、まだ残っているから、今まで使ってきたから、など気がつきません。ドクター、あるいはAAJの方から湿疹のパターンを見て「洗剤かもしれないですから、変えてください」と指示が出て、やっと変えたりします。
     
     でも原因は洗剤だけではなく、人によっては複数あり、様々なものを疑って変えていかなくてはいけません。それは自分で悩んでいても着眼点がわからず、意味なく辛い時間が流れていきます。
     
     今までやってみてダメだったから治療に行った、という原点に返ってほしいと思います。
     わからないものはわからないです。でもそれは恥ずかしい事ではありません。だからAAJにどんどん相談するなり、患者同士が集まっているコミュニティなどを使って、困っている事をオープンにしてほしいです。そうすれば、いろんな知恵をみんなで出し合って、解決に持っていく事が出来ます。
     アトピー患者は様々な治療に翻弄されてきて、治療不信、人間不信がベースになっている事が少なくありません。またそれゆえか助けを求める事が苦手で、つい頑固に自分のやり方を通そうとしてしまいがちです。でもそれは回復に向けて障害にしかならない思考や行動パターンですから、変える必要があります。

     どうか頼る事を覚えてください。
     そして自己流にこだわる自分を変える勇気を持ってほしいと思います。
     全く知らない言語、例えばアラビア語を覚える時、素直に覚えようとしなければ言語を習得し、使えるようにはならないでしょう。そして言語を習得する過程で、日本語にこだわってしまったら面倒くささと共に「こんな言語、やってられない」と習得する事なく、投げ出してしまう事になってしまいます。
     私たちはアトピーの治し方が分からないから、アメリカに治療に行ったのでしょう。自己流にこだわってしまったら完治まで辿り着けずに投げ出してしまうでしょう。
     ですから、頼る事はとても大事な事です。
     アトピーは病気であり、日常生活に大きな影響を与える深刻な病気です。人生の一大事ですから、堂々と頼っていいのです。

     環境を整えていく事は、世帯によって難しい事もあります。
     一人暮らしでない方の場合、同居している人たちに理解・協力をしてもらう必要があります。
     例えば患者が夫の立場の人の場合、妻である人が理解・努力をしてくれない人の場合、なかなか完治状態に至るのは難しいかも、と思います。
     男性患者の場合、やっぱり身の回りの事になかなか神経が回らない人が多いんですよね。生物学的な理由も大きいと思うし、結婚していれば稼ぎ手として仕事で疲れてしまう人が多いし。奥さんが自分の病気のように、炎症のパターンを見てトリガー探し・除去し、スキンケアを励ましてくれればいいのですが、なかなかそんな奥さんばっかりじゃないようで、ドライに
    「ダンナはダンナ。大人なんだから自分でやるでしょ」
    というスタイルをとられると、なかなか治りません。
     どうか一人では治せない難しい病気だ、という事を分かってください。
     中には洗剤を変えてくれ、と何回頼んでも変えてくれなかった、という人もいるし、変えた、というのは口ばっかりで、実は変えてくれてなかった、というケースもあります。もちろん、乾燥機を使用してくれ、といっても聞いてくれない奥さんなんか、大勢いるんじゃないかと思います。
     アトピーは一人では治る病気ではありません。だから奥様にもどうしても病気について理解し、協力してほしいと思います。
     
     もっと言うなら、旦那さんのアトピーはお子さんのアトピーを誘発しますから、旦那さんのアトピーを治す事は、子供さんに累を及ぼさないためにも非常に大事な事です。
     アトピーの人の子供はアトピーの遺伝子を受け継いでいる可能性があります。アトピーが治っていない人の体は、バクテリアが多量に付着していますから家の中は当然バクテリアの量が多くなり、アトピー遺伝子を持った子供さんいれば、その子がバクテリアに触れる機会も多くなります。そうなれば発症の確率も高くなります。
     ですからお子さんをアトピーから守りたい、と思うのであれば、ご主人のアトピーを治す事に必死になってほしいのです。
     もちろん当のご主人も奥さんに任せるのではなく、協力してもらえるように体制を作っていってほしいと思います。
     これらの文章は「奥さん」を「お母さん」、「旦那さん」を「子供」に変えても同じです。

     そうはいってもなかなか理解しようとしてくれない奥さん・お母さんが多いと思います。自分を変えるのもままならないのに、人を変えるのはほとんど不可能に近いと思った方がいいです。
     そんな時はやはりAAJに頼んで、ご家族にも病気の説明を受けてもらうのが一番の早道です。発症のメカニズム、難治化した原因などの理解があって初めて、トリガーを発見・除去したりする気になると思うからです。知識がなかったら薬物療法だけしかわからず、「ドクターに任せてあるから大丈夫」となってしまうでしょう。
     
     アトピー患者は自分で解決しようとせず、周りの人を巻き込む勇気を持ってほしいです。家族を協力させなかったら、治す事は出来ない、と思ってもいいと思います。

     それとトリガー探しに行き詰ったり、不安を覚えたらうじうじしないで、AAJに相談してください。電話で相談すれば5分でわかるトリガーで、何日も何週間も費やすのは無駄です。帰国後、サポートが必要な状況になる事は治療前からAAJでは織り込み済みで、有料ですが1年間何度でも相談できるようになっており、ドクターの意向もあって現在では入会が義務化されています。
     ですからどうか、これを有効に活用してください。この治療費は安くありませんから、費用に見合うサービスを自身でどんどん引き出してください。
     
     この病気は
    「一人では治らない病気」
    です。そういう認識に変えてもらい、一人でも多くの人が早く完治状態を手に入れる事が出来るように、と思います。 

     人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。
    スポンサーサイト