プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    アトピーと婚活

     私の結婚は今思えば、婚活によって実を結んだものです。
     で、結婚後、です。

     ご存知の通り、私のアトピーは悪化していきました。
     仕事はアトピーの事もあったし、家事負担の事もあったので、徐々に絞りました。

     結婚して思った事。
     洗濯物の量って、2倍になるのね。
     汚す人がもう一人いるって事よね、という事でした。

     つまり一人暮らしの時に比べて、家事の量が倍増する、という事です。

     結婚した時は、私はまだ仕事もしていたし、夫に家事を手伝って欲しかったので、まずお風呂掃除を頼んでみました。
     すると夫は不機嫌。
     一度か二度、思いっきり不機嫌そうにやってくれましたが、はっきりと
    「仕事でヘトヘトになって帰ってきて、それから風呂掃除なんて、できない」
    と言われました。。。

     確かに夫は疲れて夜帰宅します。見ていても疲れている、とわかるのだけど、私は私で自分の体もしんどかったので、家事に協力的になってほしかったから、せめてお風呂を洗う位やって欲しかったのです。
     けれどそれは無理だ、と悟りました。それ以上頼んでも、夫婦関係を悪化させるだけだと思いました。

     夫の名誉のために言いますが、夫は優しい人です。
     でも、今のサラリーマンは正社員をぎりぎりまで絞っているために、残った正社員にかかる負担がすごい所が多いと思います。うちもそうで、会社で働いている間は強いストレスがかかり、なおかつ昼食も食べられない時があるほど働いています。
     その夫に
    「お風呂を洗って」
    「家事を手伝って」
    というのは、無理な話だったのです。
     ましてや夫は体力がない方だったので、余計です。
     夫は一人暮らしなら問題なく暮らしていける人ですが、要するに、私の世話までする体力がない、というわけです。
     週末なら洗濯位はやってくれますが、待てない家事が多いですよね。平日は忙殺され、週末は家事でへとへとに、なんて事を夫に要求はできませんでした。

     体が弱い者同士が結婚した場合、どうしても家の中は汚くなります。
     とはいえ、アトピーの場合は皮膚から落ちる粉がすごく、放置すればあっという間にダニのえさになり、ダニが急増してしまいます。放置しておくわけにいかないのです。
     お風呂も普通の人なら二日に一度洗えばいいかもしれませんが、アトピーの場合、落ちた皮膚が湯船にたくさん付着してしまうので、毎回洗わないといけません。
     夫は家の中の汚れは我慢する、と言ってくれましたが、私は気が気ではありませんでした。実家の私の部屋で、畳の上にダニが大発生した事があり(私の皮膚がエサ)、毎日殺虫剤を使ったりして大変だった事があったからです。
     洗濯ものだってどんどん溜まっていきます。保湿剤がべっとり付き、掻き傷から出た血が付着したような衣服を夫の休日の週末まで放置するわけにもいきません。
     体調が一週間に一度でも楽になる時が来ればいいのですが、そんな日は来ないのです。
    朝起きて
    (今日も無理…)
    と思う日々が幾日も続きました。情けなくて泣けてきました。

     正直、お先真っ暗な気分になりました。

     専業主婦になっても自分では家事ができない、夫も出来ない、放置する事も出来ない、となれば仕方ないので、実家に電話して母に相談しました。
     すると母は私の姉と一緒にすぐに来てくれて、二人で洗濯ものをかたずけ、掃除もしてくれました。その時は本当に有り難かったです。
    「またいつでも言ってくれればいいよ」
    と言って帰っていきました。感謝の気持ちでいっぱいです。家族って本当に有り難いなぁ、と実感しました。

     たった二人の生活も切り盛りする事が出来ない…。

     このままこの状態が続けば、と思うと、うちの両親との同居、あるいは別居や離婚も考えるようになりました。
     結婚して1年もしない内に動けないような状態になりましたから、夫には本当に申し訳なく思いました。夫はごく普通の結婚生活を望んだだけだったのに。
     入籍してしまったので、別れるとなれば離婚になってしまいます。結婚には社会的な側面が大きくありますから、離婚となれば、夫を精神的にも社会的にも傷つけてしまいます。
     時間を戻して結婚をなかったものにできたら、夫は違った健康な人と結婚し、普通の結婚生活ができたのに…、と本当に思いました。

     アトピーが原因で離婚、というケースはたくさんあると思います。
     またお子さんがいらっしゃる場合は、もっと確率が上がると思いますし、中には子供さんを自分で育てる事が出来ず、一緒に暮らせなくなるケースもあると聞きます。
     私が結婚してすぐに妊娠していたら、おそらく出産後は、誰かに託さざる得なくなっただろうと思います。

     なのでアトピーで婚活中の方には、アトピー治療(ドクターマセソンの治療)を優先してほしい、と思います。
     結婚したら何とかなるだろう、というのは、甘い見積もりのような気がします。
     できれば婚活よりも治療を先に、と思いますが、でも経済的な事とかいろんな問題がありますから、結婚後に治療、と思っていらっしゃるのなら、結婚したら出来るだけ早い時期に治療をされた方がいいです。結婚生活が崩壊しない内に。ただ結婚して渡米すると、最低一か月家を空ける事になるので、家事その他で旦那さんにかかる負担が大きくなります。それを加味して十分に準備していかれた方がいいと思います。
     
     結婚はゴールでなく、スタートです。婚活されている方は、結婚後の生活をしっかり想像して、優先事項を決めてくださいね。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    Re: No title

    pieroさん

    お母様が亡くなられたのですね。それは辛い経験でしたね。
    私はまだ健在ですが、いつかその日を迎えるのがやっぱりちょっと怖いです。

    親がなくなって何も後悔しない子供はいないんじゃないでしょうか。
    それがpieroさんの場合はたまたま「孫」だっただけで。
    死ぬ順番を守る事が一番の親孝行だ、と私は勝手に考えているので、
    pieroさんはちゃんと親孝行されたと思います。

    No title

    共感&後悔 孫のほしかった実母が 今年亡くなりました。
    遺伝や 子育てに自信が無く 子供を作ろうとしなかった
    私は ちょっぴり後悔しています。期待に応えられなかった
    申し訳無さが 続いています。

    Re: タイトルなし

    かえるさん
    家事、結構な労働量ですよね。
    かえるさんの所は子供さんもいらっしゃるから、何倍も大変だと思います。
    すごいわ~、かえるさん。

    ダメ出し、私もしないようにしています。
    やる気が削がれてしまいますよね。
    ほめられた方がやる気、出ますよね。でも、言い方って難しいです。

    あー、やっぱり大変だったんですね。
    うちも嫁が体力ないから、一時期全部私がやっていました。
    ヘトヘトだけど、やらなきゃならないというのがストレスになって・・・。

    嫁が専業主婦になっても同じでした。
    今でも夜中まで家事やっていますが、慣れてしまったので最近は倒れていないですよ。
    それよりもやったことに対してダメ出しされる方が疲れるかなぁ。

    INOMATAさん
    応援、ありがとうございます。
    といっても、私自身はもう元気なので、お掃除ちゃんとできますよ。
    家事の機械化は賛成です。病気の時には本当に有り難いですよね。

    まめさん
    普通の結婚、難しそうだったのに強行突破してしまったので、反省の意味もあって。
    ただ治れば結果オーライですけどね。
    アトピー酷いけど頑張っていらっしゃる方、それはそれは大変だと思います。私じゃ無理だったなぁ、と思いますよ。今、改めて。。。

    桜さん
    そう!旦那さんって結構やってくれないです。というか、出来ないんですよね。相手を責めたり、自分を責めたり、アトピーを恨んだり、ほんと、すごくネガティブになります。
    渡米前は、良い状態が想像できないので、少しでも楽な日があると「楽かも」なんて思ったりしましたが、そんな日も含めて、今から見ると地獄でしたよね~。雲泥の差です。

    ゆかりさん、こんばんわ。

    結婚はゴールでなく、スタート
    本当にその通りだと思います。付き合ってるときは良く分かりませんでしたが、最近見に染みて分かるようになりました。

    私は結婚して一年ちょいで渡米しましたが、その期間は今思えば毎日が地獄に近かったです。
    家事ができない。苦痛だ。
    手伝って欲しい。
    でもみんなは普通に主婦やってる。
    旦那さんかわいそう。
    なんで私はできない。(怒)
    でもなんで旦那さんは手伝ってくれない・・。私は痛いのに・・。
    ・・もう精神状態がおかしかったですね・・;

    渡米から帰国して5ヶ月に入った今、アトピーと分からない位な肌になり、性格もとても丸くなりました。(と思います)
    何より、日々の結婚生活がとても楽しいです。
    そう感じる余裕が出来たことがとても嬉しいです。

    身体が楽なのと苦しいのとでは、日々の生活がえらい違いです。アトピーがある身体とない身体では天国と地獄。
    それに他人と暮らすのはやっぱりとても大変。
    よっぽど理解力のある相手じゃないとムリだと思います。

    私もまめさんのように、自分と同じ子供ができるのが怖くて、そして自分の妊婦の状態がどんなになるか怖くて妊娠は望めませんでしたが・・・今は違います。

    私も、婚活の前に治療に一票です。









    すごくよくわかります。。。

    こんにちは。
    mixiからきたまめです。
    ゆかりさんには沢山相談に乗っていただいて感謝しています。

    私も、本当にそう思います。
    この疾患を背負っていると、普通の結婚っていうのって無理??って思いますよね。

    知り合いでも、アトピーで結婚して、子供産んで。。。という人がいますが
    どーやって生活してるんだろう??って思います。

    私は子供を持つ気はまったくありません。
    基本的に苦手なのもありますが、
    私みたいなのがもう一人いたら。。。
    それを私が面倒みる???
    あ、あ、ありえないっっっ!!!!です。
    はっきりって無理ですもの。
    気が狂います。きっと。。。
    (たぶん、アトピーじゃなくても、子供は持たないと思いますが。。。)

    だから、本当にこのアトピーってのは、(疾患を持っている人はみんなそうなんでしょうが・・・)
    人生をもさゆうするものですよね。

    わかります

    身体が弱いと家事が行き届かなくなりますよね。
    でも、放置して溜まるとどんどん溜まってしまい
    ますので、対策を立てた方がいいと思います。

    わたしも闘病患者で同じ悩みを持っていましたが
    家事を溜めてみて気付いたことは「あきらめたら
    ごみ屋敷になるな」という確信でした。

    掃除は自動で勝手にやってくれるマシーンを
    買ってしまいましょう。まずはそこからはじめま
    しょう。応援してます。

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。