プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    他の患者さん5-7

     掲載を続けている他の患者さんからです。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    帰国してからの状況です。

    まず、アレルギーがひどい私はアレルギー対策としての生活道具を揃えました。
    一気に揃えたのではなく、少しづつ体の様子を見ながら揃えていきました。
    ・洗濯乾燥機(空気アレルギーの為、外干しできない)
    ・空気清浄機(同じく空気アレルギー対策)
    ・防ダニ布団と枕(ダニ対策)
    ・↑それらにかぶせる防ダニシーツ(ダニ対策)
    ・リビングにある長座布団用と座椅子用防ダニカバー(ダニ対策)
    ・調理用のポリエチレンの手袋(手湿疹対策)
    ・洗濯用に肌に優しいケアベール(帰国後の肌は敏感なため)
    ・車のお手入れ、エアコンフィルターの交換・車内清掃(カビ・ハウスダスト対策)
    これらはアレルギー対策として購入した物などです。

    次はアレルギー対策のために気をつけた事です。
    ・実家に行くと痒くなるのでしばらく自粛(犬も飼ってるのですがアレルギーのため触らない)
    ・花粉が飛んでいる昼間の外出を禁止して雨か夜に行動
    ・図書館はホコリっぽいのでNG
    ・エアコンのクリーニングを業者に頼む(内部にカビがついて自身では掃除できないため)
    ・ハウスダストアレルギーなのでフローリングにカーペットを敷いてたのを外した
    ・下着をつけない(ちょっとの刺激で痒みが起きるから)
    ・服は裏返しで着る(上記と同じ)
    ・洗濯は注水濯ぎ三回で最高水位で行う
    ・夫と自分の洗濯物を分けて行う(アメリカオフィスからの指示)
    ・外出から帰宅したらすぐにシャワー(花粉や汗などを落とすため)
    ・家にあるカーテンを洗う(ハウスダストやダニ対策)


    帰国したときは、私のアレルゲン(強)である雑草花粉がマックスな時期でした。
    雑草花粉なんて今までは全く気にしたことがなかったので、帰国して症状もすごく良くなってたので調子に乗って
    晴れて気温も高い日に車の窓を全開にしてウキウキ気分で30分くらいドライブをしました。
    それと眠気に負けて長座布団の上で顔をくっつけてうたた寝をしてしまいました。
    長座布団はまだ防ダニカバーはつけておらず、もちろん洗ってもない帰国前の状態でした。
    ・・・そしたら大変です。
    このダブルパンチ(雑草花粉とダニ)な出来事で顔に湿疹が表れてしまいました。
    顔にできる湿疹はだいたいがアレルギーによるものとドクターからは言われています。
    蚊に刺されたような痒い赤い盛り上がった湿疹が顔に沢山できてしまいました。
    帰国したばかりでまだ赤ちゃんのような皮膚だから、アレルゲンが顔についただけで湿疹ができてしまうようです。
    私はほとんどの物にアレルギーがひどいのでよっぽど強く反応してしまうようでした。
    それから、顔用の弱いステロイドでどうにか治そうと思いましたが、よっぽどこたえたらしく日に日に悪くなっていきました。
    ただの湿疹がアトピーに変わっていきました。

    そして、帰国して一ヶ月も経たないうちにショートバースト(ステロイドの内服)になってしまいました。
    ここまでひどくなってしまうと、ショートバーストをして一回皮膚を落ち着かせないとダメだというドクターの判断でした。
    5月末から9日間のショートバーストをしました。

    ショートバーストはすごいです。
    顔に広がっていた赤みが二日目くらいから一気に消え始めツルツルになり、身体にできていた赤い湿疹も茶色い終わった湿疹に
    変わっていきました。
    問題はショートバーストが終わったときです。
    AAJからは、どこから湿疹や炎症が始まるのか注意深く見ていてくださいとアドバイスをもらいました。

    まずは、布団です。
    私はダニ・ハウスダストもひどいアレルギーでした。
    でも家で使用している布団は嫁入り道具で購入してもらった高価な布団で、まだ一年と少しくらいしか使用してません。
    一年ちょっと使用しただけだから、洗ってもないけど大丈夫と高をくくってました。
    それが全然大丈夫じゃなかったんです。
    まず、ショートバーストが明けて少ししてから喘息のような息をするようになりました。
    夜に布団で寝るときだけ、出てくるんです、ヒューヒューと・・。
    それと、枕は結婚前から使用しているものを使ってました。これももちろん洗ったことがありません。
    それを説明したらAAJから
    すぐにやめてください。アレルギーがひどいんですから、自覚して、良くなるまでは洗える防ダニ布団(枕)を使ってください。
    って言われてしまいました。
    そこで、すぐに布団と枕を購入しました。
    使い始めて二日目くらいから喘息の症状がなくなりました。
    耳が痒かったのですが、その痒みもなくなりました。(枕にいるダニのせい?)
    嫁入り道具の布団は、アレルギー注射が効いてくるのを待ってまた使用したいと思います。

    帰国して、一番ネックだったところ・・
    それは、体のサイドでした。
    わき腹から腰にかけてです。
    赤い痒い直径1センチくらいの湿疹がボツボツと大量に出てきました。
    これはショートバースト前からもありました。
    AAJに相談したら、
    洗剤は何を使ってますか?
    との事。
    私:ある会社の粉洗剤(うたい文句はすすぎは一回でOK!な優しい洗剤)です。
    A:・・・それはいけませんね~。液体洗剤に変えてください!
    それで急いでケアベールを購入しました。
    液体洗剤の良い点は、服に洗剤成分が残りずらいことなんですね。
    敏感肌用のケアベールでも、ちょっと心配だったので使用量は規定の1/3程度にしました。
    あと、この商品は服による肌への摩擦力を少なくしてくれサラっと感がでるようになっているそうです。
    ケアベールに変えてから、肌の状態が良くなったと思います。

    それでも体のサイドにできた湿疹はしつこくて、痒みも結構あり、何が原因なのか分からないまま過ごしていました。
    6月も半ばになり、カゼをひいてしまいました。
    とにかく体がダルくて、布団から起き上がれずに丸一日寝ていました。
    お風呂には一日二回入らないといけないのに、一回も入れずに、次の日少し調子が良くなってから入りました。
    お風呂に入れずに布団の中で感じたこと。
    いつも痒くてチクチクする体のサイドが痒くないんです。
    全く不快感がないのです。
    調子がよくなってから、これは!?と思いお風呂からあがってスキンケアをプラスティベースからセタフィルローションに切り替えてみました。

    ・・・見事に的中。
    私の場合、悪化は単なる保湿のしすぎが原因だったらしいのです。
    それから、体のサイドにできていた赤くブツっとした大きな湿疹の塊は日に日に治まっていき、一週間ほどでただの色素沈着になりました。
    ・・・よっぽどプラスティベースが肌には重たかったんですね。
    お腹から下をローションにしていたのを、調子が良いのを見て顔以外の全てをローションに切り替えたのは6月後半頃でした。
    そのころには他にも良いことができてきました。
    帰国後、実家へ行くと体や顔がチクチクと痒くなってたのに、行っても無反応になりました。
    実家で飼ってる犬にも平気で触れるようになりました。
    素手で料理をできるようになりました。(それまでは、手湿疹予防としてポリエチレン手袋を使用)
    手をハンドソープで洗った後でも保湿がいらなくなりました。(あんなにひどかった手の皮膚がすごい強くなってる!)

    7月に入って雑草花粉も時期が終わったのか、顔も帰国後のような湿疹ができることもなくなりました。
    なので、お守りに抗ヒスタミン薬だけ飲んで昼間の外出もできるようになってきました。
    体にはTAC(ステロイド外用薬)がほとんど必要なくなりました。
    ローションだけで保湿がバッチリで、痒みがおきないのです。
    顔はたま~に痒くなったり、赤くなったりするときがあるので、すぐに顔用ステロイドを塗るようにしました。
    一晩で良くなります。



    そして、7月後半の今。
    体にアトピーらしい症状は全くありません。
    痒みもありません。
    カサっとなってる所すらありません。
    汗をダラダラかいてもチクリともきません。
    暑さで皮膚から汗がにじみ出るのか、それが良い保湿となってるみたいで、体全体の皮膚がしっとりとしています。
    ドクターからは、朝晩二回の入浴と言われましたが、とても調子が良いので朝だけはシャワーで済ませるようにしました。
    熱帯夜でも体に熱がこもって痒みが起きることもありません。
    去年は頭にはアイスノン、両手には保冷剤を持って寝ていました。
    それでも強い痒みがあり、掻き疲れるまで掻いて痛み共に寝ていました。
    今年はアイスノンの登場は必要なくて、布団に入るとすぐにストンと寝てしまいます。

    あと気付いたことは、帰国して悪化はしたけれど痛みがでるまでの悪化はありませんでした。
    悪化といっても、ちょと赤みがでたり、掻いてしまってちょっとだけ水がしみたりする程度です。
    皮膚がパックリ割れて修復不可能とか、皮がめくれるほどガッサガサになったりとか、汁が沢山でるような肌には一度もなりませんでした。
    普段なら今の時期は腕から手にかけて炎症で真っ赤で、曲げ伸ばしも辛く、ただただ生活するだけでも苦痛でした。
    今は悪化するような気が全くしません。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    mimiさんへ

    この患者さんの場合が辛かった時の事をオープンにして、渡米前と後の事を対比させたい、とおっしゃっていました。それほど状況が変わった、という事ですよね。

    mimiさんの所は、mimiさんが治療に行かれたのですよね?お嬢さんも治療されたのかしら?
    状況がつかめてなくて、ごめんなさい。

    >今は綱渡りをしながらですが、それでも去年とは全く違う夏です。それにしても世の中には症状はいろいろですがアトピーの人たくさんいます。ようやく語れるようになりましたが。

    去年より前進していらっしゃるようで良かったです。
    アトピーの方多いですよね。時折私も見かけますけど、いきなりこの治療の事なんか勧められないので黙っていますが。辛いだろうなぁって思って、切ないです。

    この他の患者さんの話。はじめは読むのがつらかったですが、最近はホットしています。
    それにしても劇的なまるで奇跡のような話を体験なさいましたね。長女もそうですが。振り返るとトラウマです。今は綱渡りをしながらですが、それでも去年とは全く違う夏です。それにしても世の中には症状はいろいろですがアトピーの人たくさんいます。ようやく語れるようになりましたが。

    EDIT COMMENT

    非公開コメント