プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    他の患者さん5-6

    掲載を続けている患者さんのケースです。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    アメリカでも同じように桜が咲いていて、花粉の季節でした。
    三回目のドクターの診察で、君はアレルギーがひどいからもう抗ヒスタミン薬を飲んだほうが良い
    って言われ飲むようにしました。
    患者はボディーソープや抗ヒスタミン薬をコストコで買うように連れていってもらえます。
    なので一年分は最低買ってきました。
    今まで自分の鼻がつまったり、鼻水がでるのは当たり前で過ごしてきたのですが、それを飲むようになってから鼻がスースー通るようになりました。
    アレルギーがひどいっていうのも気付かなかったから、花粉症の薬とかも飲んだことなかったので。
    私はアトピーに出たから鼻炎なはずがない!!って変に自信過剰でした。
    ひどいアレルギーがあったから、アトピー肌がひどくなったのに。

    ケアホームには二匹の大きな犬がいます。
    とても大人しくてとてもカワイイ彼らです。
    私は初日のアレルギー検査で犬にもヒットしてしまい、犬を触ったり顔を近づけたりすると顔が赤くなりチリチリ痒くなるようになりました。
    指先だけで触っても顔・首・手が痒くなり、赤いプチプチまでできる始末でした。
    なのに!!
    三週間を過ぎたころには、顔も指も首も痒くならなくなっていることに気づきました。
    アレルギー注射の治療、ビルドが完了したから?
    一週間前から抗ヒスタミン薬を飲み始めたから?
    肌が強くなったから?
    理由は自分では分かりませんが、この歴然の差にビックリしてした。何かが効いていることは確かで、全部かもしれません。
    抗ヒスタミン薬は、
    花粉類だけでなく、カビとか犬とか自分が持ってる全てのアレルギーに効きます。
    とアメリカオフィスのおば様が教えてくれました。

    ドクターの診察で
    痒みはありませんか?
    と質問され、どこも痒みがないことに気づいたのは四回目の診察時でした。
    痒み・・痒み・・と自分で考えてみましたが、いつの間にかなくなっていたことに気づきました。
    あのときは感動しました。

    帰国する五日前くらいに変な湿疹が出来始めました。
    赤みを伴った直径一センチくらいの膨らみがボコボコとおでこに沢山できていました。
    おでこに沢山あって、左まぶたに三個くらい。
    ほっぺに各一個。
    蚊に刺されたような湿疹です。もちろんまだ蚊がいるような季節ではありませんでした。
    ドクターの診察で、
    よく晴れて乾燥した日に外出したので、アレルゲンが顔についてできた湿疹。皮膚が丈夫になるまでは顔についただけでも湿疹ができます。
    とのことでした。
    ポートランドは花粉の季節(車に黄色い粉がたまってました)で、でも曇りや雨で、気温が低い日(10度)ばかりでした。
    それなのに、調度外出した日がよく晴れて気温も高い日でした。
    花粉などのアレルゲンにやられた為にできた湿疹だそうです。
    目の周りを中心にできる湿疹はアレルギーによるものだと教わりました。


    皮膚が生まれ変わって赤ちゃんのような肌になるため、丈夫になるまではちょっとの事で反応するって事が分かりました。
    でも一番悪かった手が帰国する頃には感触が変わってました。
    手が一番悪かったため、私の神経は毎日手に集中していました。
    手を毎日、一日何回も眺めてました。
    それが帰国する頃には、旦那さんの手(普通の人の手)の滑らかさに近づいてきた事を発見しました。
    旦那さんと手をつなぐと、いつもこんなツルツルで良いなぁって思ってた。
    私はいっつもいっつもガサガサしてて。
    手の平もガサガサしてて。
    アトピー肌はいくら良くなっても、常に乾燥していて、自分が良い状態と思っても、健康な人の肌を触るとその差にビックリします。
    私はこれがベストなのに、こんなに違うものかと。
    帰国する頃には、健康な人の肌のツルツルに近づいていました。
    一ヶ月でこうも変わってしまうとは・・・もう炎症による痛さを忘れていました。

    そして最終診察日。
    皮膚のスキンケアは良く、日本はもう湿気もでてくる時期で暑くもなるだろうから、炎症のない脚などから徐々にローションに慣らしていくと良いかもって言われました。
    でも、プラスティーベースを卒業する日がくるのがまだ信じれませんでした。
    私はアレルギーも多いしひどいから生活に気をつけるように言われてしまいました。
    討ってやる~!!というか、皮膚が丈夫になるまではとにかく避けるしかありません。
    アレルギー注射が早く効いてくると良いな。
    一ヶ月、長いようでとても短かったです。
    一ヶ月前の肌を写真で見ると自分でも痛々しい・・・。
    何するにも痛くて、手を洗うたびに水がしみてました。
    丈夫になれるよう、帰国しても日々のセルフケア頑張ります。

    診察以外での日々の生活はというと。
    買い物に行ったり、少し散歩に出たり、キッチンでまったりおしゃべりしたりと、楽しい生活でした。
    普通に英語しか話さない(当たり前ですが)ステファニーが始め怖くて(意味がわからなくて返事ができないので)、部屋にこもってましたが、
    帰国する頃には二人だけで散歩ができるくらいにまでなっていました。
    慣れですね。笑
    そして、一番の楽しみが<ご飯>でした。
    なんといっても毎日毎食、ご飯が美味しいのです。
    朝はコーヒーメーカーでコーヒーをいれて、ベーグルをクリームチーズたっぷりつけていただきます。(私の場合)
    お昼はサンドイッチやハンバーガー。スープも作ってくれます。たまにメキシカン料理でした。
    夕飯は毎日品数たっぷりのボリューミーなご飯です。
    手のサイズのステーキを二枚とか、毎日腹12分目まで食べていました。
    夜に甘い物を食べると夜中の痒みになるので控えていましたが、そんなことが関係なくなって、夕飯をたっぷり食べたあとにアイスやデザートを食べていました。
    アトピー治療という名の太り合宿のようでした。
    私はこの一ヶ月で三キロ太りました(皆さんだいたい丸くなるそうで)。
    モモには肉われが出来て、行きにはいてきたジーンズがはいらなくなりました。(はいらないというかモモからあがってこない;)
    帰国して一週間ほどはアメリカ食事がとても恋しかったです。


    来年の今ころは少し違う自分でいられると良いな。
    今までの心の傷も少しづつ忘れていくと良いな。
    そんな期待を胸にアメリカを発ちました。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。