プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    漢方医の選び方(1)

    漢方薬を現在使っている方はたくさんいらっしゃると思う。だって、他に方法がないのだ。
    私のアトピーに対しては完治はしなかったが、アメリカ治療を知らなかった時には、もし漢方薬を使わなかったら、多分移住を決断していたと思う。
    鶴治療院の漢方を飲み始めて、ほとんど寝たきりのように生活していた私が、3日目で起き上がった。
    アメリカに行くまでの間、留学して、アロマセラピーと、リフレクソロジーの資格をイギリスで取る事が出来たのも、結婚する事が出来たのも、漢方薬のおかげだ。
    だから、アメリカまで行けなくて、でもさし当たって日常生活を何とかしたい時、利用するのはいいと思う。(完治は期待できないかもしれないが)
    漢方薬を使うにあたって、私が気をつけていた事がいくつかある。

    ・漢方は中医学を基本にしている所を選ぶ。
    漢方薬は、中国から伝わっているが、途中、確か鎖国をきっかけにして、だったと思うが、中国から入ってこなくなった時期があり、その時、「和漢方」という、日本のやり方が出来た。特徴として、腹診がある。もし処方する時お腹を触られたら、和漢方の方法を使っていると思われる。
    しかし、アトピーの場合、和漢方より、中医学の方が、改善する事が多い。

    中国人皮膚科の医師であること。
    中国人は、普通の人でも食べ物を「陰」と「陽」に分けて気をつけて食べている人が多い、という事を聞いた。
    「医食同源」という言葉もあるし、食文化の中に中医学の考え方が溶け込んでいて、そうして育って専門家になった人に、日本人が途中で勉強を始めたとしても、容易に追いつけるものではないと思った。という事は、良い漢方医で日本人を探すのは、とてもとても大変だ、という事だ。
     それと私は、皮膚科の医師である事にもこだわった。一時期、中国人の薬剤師の人に処方してもらっていたが、まったく効かなかった。
     私はロンドンのチャイナタウンで漢方を始めたが、その時の医師が素晴らしい医師で、本国で、皮膚科の大学教授をしており、一年だけ、という事で、イギリスに来ていたという事だった。
     イギリスでもアトピーは増えていて、中国から中国人の医師が移住して、漢方薬局に勤めるが、みんな皮膚科として働くのだ。中国で内科だったという医師と、産婦人科だった医師に仕方なく処方してもらっていた時期もあったが、これも効果がいまいちだった。
     日本に帰国して最初にかかった医師は、中国では心臓内科が専門だったという事で、やっぱり効果はいまいち。 
     最後に辿り着いたのが、鶴治療院で、ここの医師は、皮膚科である。やっぱり効果は、最初にロンドンでかかった医師と同じくらいの腕だ。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    こんばんわー。
    トラバ、ありがとうございました。漢方のお話、とても勉強になりました。
    ぼくも、漢方にトライしたことが、ありますが、特に効果がなく、あまり
    長続きしませんでした。まぁ、無数の組み合わせがあるわけで、人間も
    様々な人がいるわけですもんね。

    らいでんさんへ
    一人で闘病するのは、とても不安ですよね。
    発狂しそうになる事もありますもんね。
    でも、本当に信頼できる医師を探すのは、本当に難しいと思います。
    私も、ドクターマセソンと、ドクターベーカーくらいかな。信頼できるの。。。
    治せない医師じゃ、しょうがないですもんね、

    なこさん
    お久しぶりです。
    ちなみに鶴治療院は、西新宿にありますよ。
    東京は、アトピーが悪くなりますよね。私も劇悪化した時は、東京にいた時でした。

    東京に越してきてかの漢方薬局『漢方日本堂』だったかな?ほら、品川にある店です。しばらく通っていたんですけど・・・、だんだん金額が上がっていくし、たいして効き目が感じられず、止めてしまいました。

    中医学ですね。
    「もう一度、漢方薬のお世話になろうかな~」って思いはじめていた時だったので、助かりました。中医学を基本としている漢方屋さん、探してみます。

    ゆかりさん、こんにちわ。こないだは遊びに来てくれてありがとうございました。

    私は信頼できるお医者が見つからず自力でアトピーを治そうとしてます。今は、紫雲膏を引っ掻いて出血したアトピーの部分に塗る、生活に気をつける。それだけです。回復はしてるようだけど皮膚の状態を判断できない・・・。
    ほんとは頼れるお医者に出会いたい。知識はネットや本から独学ですが、それには限界があります。迷ってばかり、試行錯誤です。
    漢方に関して私はまだ全然わかりません。次の記事が楽しみです。

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。