プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    他の患者さん5-5

     連載している他の患者さんのケースです。
     渡米して治療開始です。
     
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    アメリカ、ポートランドへやってきました!!
    13時間?という長いフライトでしたが、苦痛ではありませんでした。
    なんせ<希望>に満ちていますから。

    まずはアレルギーの検査です。
    私は、家族全員花粉症(アトピーは私だけ)なのですが、春に布団も干せてたし問題なかったので大丈夫だと過信していました。
    でも、AAJとゆかりさんに
    季節によって悪くなるのはアレルギーがあるからだと思います。
    って言われていたので、ちょっとドキドキしながらの検査でした。
    結果・・
    18種くらいのアレルゲン全てに反応しました。
    反応としては蚊に刺されたみたいに赤く腫れて痒くなるのですが、私はその反応も他の患者さんに比べてひどかったと思います。
    看護師さんにも苦笑いされてしまいました。
    でも、そこで私はアレルギーがひどいから初夏から悪化して冬には消えてたんだと自分が分かることができました。
    悪くなるのは汗と暑さと湿気のせいだと思っていました。
    しかもアレルギーは治療ができるということなので、ラッキーです。
    アレルギーひどくても体質を治療できるのです。

    次に待望のマセソン先生にお会い(診察)しました。
    診察では、腕と手だけが炎症がひどく後は乾燥くらいだねって言われました。
    背中も結構かゆくてひどいかと思ってましたが、乾燥程度で済まされてしまいました。
    顔も疲れと乾燥で赤みが出てたり、皮がめくれてるところがあったのですが何も言われませんでした。
    私は手がひどく、手首の所までくっきりと炎症が出てるから何か接触性のものに反応してると言われました。
    一番思い当たるのは、料理の際に毎回している綿手袋&ゴム手袋かなって思いました。
    冬場でも手袋の中は汗をかいて料理してます。
    でも、手首にくっきりと出てるのにそれだけで接触性だと分かってしまうのはさすがだなと思いました。
    私は、手がひどいから皮膚が弱い手首にまで炎症がいってしまうと思ってました。
    マセソン先生が、個人の身長・体重や、炎症の程度を見て調合を判断されたステロイドの注射(筋肉注射)をしてもらいました。
    すぐに効き目があるものと、ゆっくり効いて三週間ほどで体内から尿などで排出されるものらしいです。
    まずはこの注射で体の炎症を消すという事でした。
    注射、お尻にするのですが全く痛くなくて、しかも貼ってくれたバンソコがtweetyのかわいいシールだったのが面白かったです。

    ケアホームに帰宅し、これから一ヶ月生活する注意点や薬の使い方を教わりました。
    そこで初めてステファニーとマイク夫妻に会いました。
    ポートランドに到着してから何も食べてなくてお腹ペコペコだったのですが、ステファニーが
    マフィンよ♪
    と言って出してくれたチョコレートの物体はどうみてもマフィンではなく、手の平くらいの大きなケーキでした。
    さすがアメリカサイズだなぁとビックリしてしまいました。
    ケアホームにはステファニー夫妻とアメリカオフィスのおば様がいます。
    患者だけで生活するわけではないので、そういう面でも安心できました。

    ケアホームでの生活で私達患者がですること
    ①まずは睡眠。すごく大切
    ②一日二回のお風呂。かなりぬるい温度で。20分入る(皮膚に水分を入れる)
    ③お風呂から出たら三分以内にプラスティーベースを塗る。乾燥したと気づく前に一日何回も塗る。ギラギラ光るくらい。
    ④眠りがとにかく大事なのでよく眠るために、痒み止め兼の睡眠導入薬を飲むこと。
    ⑤痒くなったらためらわずに薬を塗る。(弱いものをパルス的に)
    ⑥体内のバクテリアを殺す薬を、到着して一週間だけ飲む。(痒みの原因)
    ⑦バクテリアの侵入口は鼻と掻き傷なので、鼻からの侵入を防ぐ為の軟膏を鼻に塗る。
    ・・・それだけです。
    診察は一週間に一回。
    なので一週間のうちの6日は暇なのです。
    シャンプーやボディソープ、洗濯洗剤は安全なもの(ドクター承認)がケアホームの置いてあるのでそれを使用します。
    シャンプーは頭の痒みが若干あったのですが、全くなくなって、しかも匂いがすごくイイので大好きになりました。
    洗濯は乾燥機がついているので、毎日の洗濯がすごく楽でした。
    アメリカではほとんどの家に乾燥機がついているそうです。外で干す日本のような習慣はないそうです。
    自分にどのアレルギーがあるのか詳しく知ってるから、花粉などが飛ぶ外には干さないのかも。
    テレビで私ピーナッツアレルギーなの。とかアメリカ人が言うのを聞きますが、日本ではそんなに聞きません。
    アレルギー治療が普通なことであるアメリカならではな会話だと思いました。

    二日目から昼間暇でリビングでPCを見ていると、アメリカオフィスのおば様に
    また起きてる~ご飯のときだけ起きてきて後は部屋にこもって寝てるくらいの方が回復が早いのよ!
    って言われる程睡眠が大事で・・・私は昼間暇でした(笑)


    四日目には、10本の指のうち五本が割れていたのですが、ふさがりました。
    私は肌が敏感でスキンケア用品が合う合わないがはっきりしてしまうので、プラスティーベースが自分に合うか心配でした。
    が、全く問題ありませんでした。
    油なんだけど、水分が含まれているような・・。
    ワセリンはしっとり感は感じなかったのですが、これは肌がしっとりとします。
    乾燥しているところがなくなるのが嬉しかったです。

    1週間と少し経つころには手のひどい炎症も消えてきて色素沈着が薄くなってきました。
    と、いうかほとんど目立たなくなっていました。
    掻かないとこんなに肌は回復していくんだなぁと感心。
    プラスティーベースが保護してくれて乾燥を防ぎ、乾燥しないから痒みもおきないんだと思いました。
    アトピー患者のほとんどがバクテリアに侵されているそうですが、侵されていると痒みが体中のあちこちに飛ぶそうです。
    確かに、顔が痒くて掻いたら、次は手が痒くなる、足が痒くなる・・・という感じで飛んでいました。
    それが、体の中のバクテリアはもう殺されているはずなのでそういう飛ぶ痒みがなくなりました。
    二週間目には、指輪(結婚)ができるようになりました。
    手がひどかったので、去年の秋くらいからはめれませんでした。
    治療中もしかしたら手が良くなってはめれるかもしれないと思い、持ってきてあったのです。
    嬉しかったです。
    指のしわは、炎症のせいで太くなってしまっていましたが、日を追うごとに普通のシワシワ?に戻っていきました。
    来る前は、指がほとんど割れて痛かったのに。割れる気配もありませんでした。
    顔は、こんな肌が私にあったのか!!って位プルプルして柔らかくなっていました。
    安全なスキンケア用品でこんなにも変わるんだと感心しました。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    EDIT COMMENT

    非公開コメント