プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    治療を勧めるケース、勧めないケース

     私は渡米してドクターマセソン・ドクターベイカーの治療を受ける事を、お勧めする場合としない場合があります。
     私は1個人として、1患者としてこのブログを書いているだけなので、患者紹介料などの報酬が私に入ってくる事はありません。なのでご相談くださった方が治療する・しない、は私には関係がありません。
     けれど同病者の立場から、また治療した経験のある患者の立場から、お勧めする場合の方が多いです。

     絶対に治療を進めるケースの基準といえば、病歴、治療歴が長い方、です。逆にお勧めしないケースはそれらが短い方です。

     現在の酷い状態に陥っている最大の原因は、間違った治療、特にステロイドに関連した問題なのです。それはもう、はっきりしているそうです。
     アトピー自体の問題は実はそれほど大きくない、深刻ではないと聞いています。それが全身状態として深刻に陥っているのは、主にやはりステロイドの間違った投与で、更に間違った治療や民間療法によってさらに深刻化してしまっている、という状況だそうです。
    (繰り返しになりますが、ステロイドはホルモン剤のため、自分でもそのホルモンを作っているし、ホルモンは他のホルモンとも関係して、全身の生理的機能を保つというもののために、使用方法を誤ると副作用で全身状態が悪化する、というものです。これはステロイドに限った事ではないのですが、アトピー患者には使用されるホルモン剤なので、一番問題が大きくなってしまっています。
     問題はステロイドではなく、その使用法にある、という事を十分に理解してください。そしてそれならステロイドホルモンの使用をやめたらいいだろう(つまり脱ステ)、というものではなく、一旦長く使ってしまっていれば、体はそれに依存するようにシステムが出来てしまうので、当然リバウンドも起こすし、リバウンドによってアトピーそのものも更に悪化させてしまう、とい事も起こるのです。)
     当然ながら近年は患者の傾向として重症度が更に増してきており、免疫システムにまで問題が及んでいる人もいらっしゃり、年々治療の難易度は上がってきてしまっているそう。。。
     そのため、病歴が長い方=ステロイド・脱ステを繰り返していると考えて間違いないため、本人の努力で治す事は難しい、と判断し、治療を勧めています。

     逆に病歴が短い方の場合、発症した時間や状況をある程度正確に思い出してもらえる可能性が高く、ステロイド歴が非常に短かったりすれば、トリガー除去、正しいスキンケアによって改善も見込めるかな、と思ったりするので、渡米しての治療は費用もかかるし、1か月アメリカに滞在しなくてはならない、という条件が付くため、まずは出来る事をやってもらい、それからでも遅くないと判断して、そのように回答しています。
     それでも本人の苦痛が強かったりすれば、渡米しての治療も選択肢に入れてもいいと思います。

     それと極端に経済状況がひっ迫されている方も、治療をお勧めしたいのは山々ですが、帰国後トリガー除去にも費用がかかるため、そこまで見込んでもらって援助が誰からも得られそうにない、難しそう、という方もお勧め出来ないかな、と思っています。(治療の必要性はあるのですけどね。重症度が高い方が多いし)
     また性格的に自己ケアができそうにない方もお勧めしません。

     あと子供さんのアトピーは、AAJで受け入れがケース・バイ・ケースなため、問い合わせをお願いしています。
     子供のアトピーも年々悪化傾向にあり、即渡米治療が必要なケースも少なくありません。本来はアトピーの治療は、発症して出来るだけ早いうちに正しい治療を施す事が良いそうで、早期に治療すれば、それだけ後の発症も抑える事が出来るそうです。ただ日本は真逆の間違った治療を施してしまうために、子供のアトピーの深刻化、ひいては成人のアトピーの深刻化も進んでいるようです。
     ドクター達もこの辺はとても心配しているそうですが、アレルギー治療のラッシュがあまり幼いとできない、クラリティンの服用が5歳未満は出来ない、滞在先の問題、またアメリカの法律で小児は24時間責任を持てる大人が必ず付き添っていなくてはならない、というものがあるそうで、それが守れるかどうか、という問題などがあるために、受け入れに関してはケース・バイ・ケースとなるそうです。

     このブログは重症度が高い方向けに書いていますが、重症度は見た目だけで判断できません。長年ステロイドを塗っていれば見た目にそれほど酷くなく生活できている、という方も隠れ重度、とみなす事も出来ます。NOATOクリームのように、ステロイドが入っているのに知らずに使い続けています、というものもあると思いますし。(自覚がなくても重症化している事があります)
     逆に一見、汁が出たりして酷かったりしても、単純に洗剤や特定の化粧品だけで悪化しているだけの人もいます。
     治療を迷っていらっしゃる方は、ご自身の病歴を見直してみてくださいね。 

     人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。


    スポンサーサイト