プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    カンジダ

     風邪症状も落ち着きました。
     風邪、というより、ヘルペスだったみたいで、頭が重い感じ、頭が重い感じから来る軽い吐き気、だるさ、それらがアシクロビルを飲み始めたら急速に症状が消えていきました。。。風邪っぽい症状が出る人がいる、と聞いていたけれど、まさにこれだったのかぁ、と実感しました。寝込んだりしていたのですけど、早く薬を飲めば良かったです。
     職場で少し移動があったので、疲れが出たのかもしれません。ちなみに同僚は口唇ヘルペス出していました。今、季節の変わり目で出やすい時期でもあるように感じています。

     今日はちょっと下系の話になりますので、続きを読む以下に書きます。
     男性のも女性のも一緒に書いてしまいます。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。

     性器のアトピー・湿疹で悩んでいる人、多いと思います。
     場所が場所だけになかなか言えなくて、情報もあんまりないし…、という方。

     アトピーの人が下の性器の湿疹で悩む場合、カンジダが多いそうです。しかも掻き破っていて、その期間が長期に渡っていたりして・・・。
     渡米時の治療法としては、アトピーの治療と同時にカンジダの薬を飲んで(多分ジフルカン)、あっさり治るそうです。。。
     
     アトピーの人、カンジダが出やすいと思います。抵抗力が落ちてますから。
     女性のカンジダについて詳しく出ていたのはこちら
     男性については一応こちら。男性でも移るとなります。もう少し詳しく書いてあるものもありますが、宣伝っぽかったりしたので、やめました。普通の泌尿器科で保険適応になると思いますが、治療法がぬるい感じがします。アトピーとの兼ね合いもあるので、アトピー持ちは渡米を考えてしまった方がしっかり治る筈です。

     アトピーがあってカンジダになりやすい体質が出来上がった上で発症してくるので、性器の湿疹があったら渡米時、ドクターにきちんと言って、見てもらいましょう。

     女性の場合、生理時の清潔の保ち方、普段のオリモノ時の清潔の保ち方などがとても重要です。トリガーになる事を意識してください。
     血液は栄養素に富んでいて、しかも体外に出たばかりだと温かく、ばい菌が繁殖するのに絶好の場になります。なので経血の取り扱いと性器の清潔の保ち方は非常に重要です。
     具体的には、血液は出たらすぐに体から離してほしいのです。なので個人的には一時的にタンポンの使用の方がいいと思っています。タンポンの使用は抵抗があって…、なんて言っている場合ではありません。解剖学的に、タンポンは入る筈なのです。角度が人によって少し違うので、それがちょっと難しいかも。地面から垂直位ですっと入る人もいますし、30度位で入る人もいます。ユニチャームが詳しく書いていました。こちら。そしてタンポンもナプキンも同時併用し、頻繁に替えてください。治療のためだと思って、頑張ってください。
     ウォシュレットのビデを必ず使ってほしいです。
     公衆トイレのウォシュレットは嫌、という人は、トラベルウォシュレット、または使用後水に流せるおしり拭き(成人用もありますが、赤ちゃん用の方が安価。水に流せるものを必ず確認してください)を使うといいでしょう。
     ナプキンはかなり進化してきましたね。私は「ソフィ 肌おもい」とか「ロリエ エフ」辺りを買う事が多いかなぁ。裏を見て、肌に優しい、というような宣伝を必ず確認します。それなりに開発してきていると思うので。
     布ナプキンはお勧めしません。経血をすばやく吸い取り、肌に当たらないようにする事が大事なので、布ナプキンはそれが出来ないからです。また布自体に厚みがあるので、ムレの原因になります。
     オリモノも、菌に好まれる培地になります。
     生理でない日は、私は必ずライナーを使います。2枚、十字の形にして使っていますが、これは快適です。下着を日中交換する事は、仕事中はなかなか難しいですが、ライナー位なら交換できます。3時間おき位に交換するのがいいです。
     あとパンツのクロッチの端。皮膚に擦れるのと、そのせいかばい菌も増えやすいようです。なので、ライナーを十字にすると擦れの予防にもつながります。
     でも最近、ライナーのコストが気になり始め、薄手の布ナプキンを購入してみました。生理の時と違って、簡易的に下着を交換する感覚でいいので、オリモノ程度なら洗える布ナプキンで十分、と思ったからです。
     で、感想ですが、ムレます。ネル地だし、夏場は無理かなぁ。
     今考えているのは、自分で作る事です。市販のものは生理の経血を吸収する事を目的にして作られているので、布地が厚くなってしまう。でも用途を考えると、布一枚で十分なんですよ。ハンカチにホックを付ければいい、という感じ。まだ作っていないですが、作って試したらまた書きたいと思います。
     ちなみに作り方、色々ありますね。でも一番驚いたのは、ハンドタオルの対角の端にホックを付けるだけ、というもの。でもそんなで十分なんですよね。

     乳頭のアトピーは、服・下着との間で擦れる事が原因、というのがナンバーワンみたいです。特にブラジャーはパットが厚かったり、形がしっかりしている=硬いという感じで、よく擦れるみたいです。
     なのでブラジャー、しなければしない方がいいと思います。むれるし。
     個人的に思うのは、分泌物が出る人もいるんじゃないかと思うのです。私は母乳、とまでいかないにしても、湿っぽい感じになったりした事もあり、おそらくプロラクチンという母乳分泌ホルモンが体質的に少し高いのと、渡米治療よりはるか前のジフラールを使っていた頃は、ステロイドの影響があったのかも、と今、思います。ステロイド外用薬で生理が狂う人も結構いるようで、ステロイドが体内に入っている証拠だと思いますが、こういう理由で女性ホルモン系が狂っていて、分泌物が出る、という事もあると思います。
     男性もプロラクチンの値が高めの人がいますので、乳頭に何らかの症状が強く出ている場合もあるかな、と思います。

     渡米時、ドクターに症状をきちんと伝え、見てもらってください。
     性器にアトピーがあっても渡米時見せない方がいらっしゃるようで、帰国後、症状を伝えられず、困る方もいらっしゃるようです。ドクターもカウンセラーの人も慣れていますから、脱ぎっぷりよくいってください!ドクターも見ないとわからないです。大金払う治療なんですから、羞恥心など捨てて、しっかり治す事だけを考えてください。治療は帰国後も続きますから、帰国後泣く事がないよう、しっかり診察してもらってください。
     ちなみに私は、ブラジャー持っていきませんでしたから、診察時は上は裸でしたね。皮膚科は目で見る診察が重要なのを知っていますし。下の性器は出来ていなかったので、パンツまでは脱ぎませんでした。でも必要なら見てもらう覚悟でしたよ。
     帰国後の再発の場合は、さすがに写真は抵抗があると思います。現地で見てもらっていれば、AAJの女性カウンセラーの方に文章で説明すれば、ドクターもどんな状況か予測がつきやすいと思います。
     どうしても見せられなくて、帰国後悪化してしまった、という方。女性カウンセラーに状況を伝えてください。隠している事が一番悪いので、正直に伝えて説明してください。

     性器のアトピーは面積が狭いので、トリガーも見つけやすく、隠して自分で何とかしようと思わなければ、治りやすい所です。治療の時は治療に専念して、オープンにいきましょう。
    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。

     皆さんのご協力のおかげで、ランキングを上げる事が出来ました。ありがとうございました。
     今後ともご協力くださると嬉しいです。
     嬉しくて今日は、記事が長くなっちゃいました。

    スポンサーサイト

    COMMENT

    Rhodesさん
    やっぱり空気に触れるとすぐに菌が繁殖してくるんですね。納得です。
    タンポン、もっと利用すればいいのになぁ、と思います。アプリケーター付きならそんなに難しくなく入れる事が出来るんですけどね。もちろん私はユニチャームのタンポンを使っています!その社長さんにお会いした時には、どうぞよろしくお伝えください。(^O^)

    知人の会社が、紙おむつや生理用品を製造する機械をユニチャームと共同開発しました。
    (機械の開発自体は何年も前の話だそうです)
    ユニチャームのお客様センター部門に届く声が、その社長にも届けられるので、社長自ら「ぼくはタンポン博士」とか言っているほど。 
    笑っちゃうんですが、女性以上ではと思うほど、かなり詳しい。

    空気に触れると雑菌が繁殖するので、ぜったいにタンポンの方が良い、と力説されておりました。

    genshiさん
    補足、ありがとうございました。男性の事はカバーしきれないので、とても嬉しかったです。

    トランクス、中高年男性というイメージなのですね。以前は中高年がブリーフ、若者がトランクスだったのに、トランクス世代が中高年になったという事ですね。軽いショックを覚えましたよ。(笑)今はボクサーパンツなんかがはやっているのかしら。
    ちなみに女の人のもトランクス、欲しいです。女性も通気性、大事なんですよねぇ。。。

    ゆかりさん
    私は男性なので、男性・男児の性器へのアトピーについて補足します。
    私の息子(中2)も性器にアトピーがあります。
    男性・男児も、性器にアトピーができると治りにくいです。その理由は、つい掻きむしってしまうことの他、ぴったりとした通気性のない下着を着用するケースが多く湿気がたまってしまう、敏感な個所なので強い塗布薬を使用できない等があります。
    対処法としては、なるべく掻きむしらないようにする他、下着をブリーフ型でなくトランクス型にすることがあります。トランクスというと中高年男性というイメージはありますが、子供用のトランクスも売っていますし、ブリーフよりもずっと通気性にすぐれています。

    EDIT COMMENT

    非公開コメント