プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    治療検討中の方へ

     渡米してのアトピー治療検討中の方の中に、ドクターに診てもらう時、最も悪い状態を診てもらわなくては、と、ステロイドを塗っていたのをやめてしまう方が中にいらっしゃるようですが、それは厳禁、と心得てください。

     脱ステすれば当然リバウンドが来ます。そして皮膚の状態が一気に悪化します。するといろんな感染を引き起こしてしまったり、アレルゲンの貫通も更に良くしてしまうし、体は一つでつながっていますから、当然体調も悪化してしまいます。
     ドクターはもう何百人もの日本人のアトピー患者を診ているので、最悪の状態を見なくても皮膚の薄さや色、病歴、今までの治療法、ステロイド歴などから重症度は十分に判別できます。
     なので皮膚の状態をわざわざ悪化させてしまうと、困難な治療をさらに困難にしてしまう事だけになります。
     ステロイドを塗り続けていた方は、そのまま継続して塗り続け、渡米時、ステロイドの内服薬でドクターの指示の元にリバウンドを調整して離脱してしまう方が安全で且つ治療にも良い方法なのです。

     これは渡米前のカウンセリングの際も同じ事なので、塗っている方は無理して脱ステしないでくださいね。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。

    スポンサーサイト

    COMMENT

    EDIT COMMENT

    非公開コメント