プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    アトピー治療の骨子

     私達が受けたアトピー治療の骨子。

    A 湿疹や炎症を抑えて傷の修復。
    B 感染の治療。
    C 徹底した保湿で、皮膚の保護と正常化を図る。
    D 原因追及とその除去(アレルギー治療を含む)

     多分、これだけ、です。

     記事の量が増えてしまったので、
    「とどのつまりは、どんな治療ですか?」
    ときかれたりした事もあります。ま、アトピーアソシエイション(AAJ)のHPを読んで頂ければそっちの方がいいかもしれませんが、最近、この治療の骨組みをよく思い出すんです。
     アトピーの原因や治療がわからず、右往左往してしまってジプシーしている方達。治療後、混乱してしまう方達。ドロップアウトしてしまう人達。そういう方達の事を考えると、問題はそれぞれ違うにしても、どの人達も上の治療から外れる事はないように思うのです。状態がどんなに酷いとしても。
     
     なぜ混乱をきたしてしまうか、と言えば、やっぱりこの骨子を知らなかったり、見失ってしまったり、どの位置にいるのかが分からなかったりするからかなぁ、と思うのです。

     Aはステロイドが主な治療になるので、それに対する拒否心がなければ大丈夫です。
     躓くのはBCDのいずれかになると思います。

     Bの感染ですが、感染は人によってかかっている感染症が少し違うので、治療に時間がかかったり、薬の種類が人と違ったりしますね。
     普通は黄色ブドウ球菌が主で、いわゆる一般的な菌辺りだとセファレキシンで十分なので、私はセファレキシンのみ処方されましたが、人によってカビが付いている人はカビの薬、膿胞があったりするとミネサイクリン。ヘルペスの人はアシクロビル、と、何に感染しているか、で、薬が違います。
     Cは自己ケアになりますが、これがきちんとできているかどうか、個人差がある筈です。
     Dは難易度が一番高いので、ここが引っ掛かってドロップアウトになる人が多いのかも、と思います。
     
     この治療の骨組みを、どんな場面でも思い出してもらえたら。自分の立っている位置がわかったり、どんな治療が為されているのか、見えたりするんじゃないかと思います。

     まだ渡米しないで辛い思いをされている方たちは、この4つのどれか、若しくはどれもできていないんじゃないかと思います。
     A~Dの分の末尾を「~出来ていない」を付け加えるとよくわかると思います。

    A 湿疹や炎症を抑えていない。傷の修復が出来ていない。
    B 感染の治療が出来ていない。
    C 徹底した保湿をしていない。皮膚の保護が出来ていないので、正常化できない。
    D 原因の追及と除去が出来ていない。(アレルギー治療が出来ていない)

     間違った治療をしている方は、(長期にわたってステロイド外用薬を使い続けている、アレルギーを考えないただの除去食など)ここに更に問題を追加していく事になります。
     
     こう考えると難しく見える治療も、シンプルに見えませんか?
     混乱してしまった人は、この骨格を思い出してみると少し、客観的に見えるようになるかもしれません。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    Re: タイトルなし

    常識になっている一般的な話としては、検査してもどうせ、黄色ブドウ球菌だ、というものなんですよね。ま、これはある意味真実で。
    昔はドクターも鼻腔から採取して検査したりしていたそうですが、今は検査しなくなりましたよね。
    で、セファレキシンで効かない湿疹に対してだけ、必要なら検査するように指示が出るようになったように思います。
    セファレキシンは黄色ブドウ球菌以外の菌にも効きますから、カバー範囲内の菌であれば検査の必要はありません(検査費用もかかりますし)。
    日本の問題は、検査の必要がある状態でも「どうせアトピーだ(黄色ブドウ球菌だ)」という思い込みで、真剣に向き合ってくれない、という所にあると思います。
    ドクターが言っていたアメリカの医学の「医学は自分の患者から始まる」という言葉、日本の医学界でも医学教育の中で教えてもらいたい、と、つくづく思います。

    Re: タイトルなし

    ニーさん

    こちらではお久しぶりです♪
    ふともう、3年前でしたか?講演会でお会いしたのを思い出します。
    はにかみ屋さんの印象でしたが、お変わりないでしょうか?
    ネット上の印象と実際の印象と少し違うので、いつも少し不思議な気がします。

    日本でのアトピー治療の問題点のいくつか、ですよね。
    薬は日本のでも大丈夫な人が多いと思います。。ただ処方されないんですよね。。。
    処方箋がないと手に入らない薬なので、同じ治療が日本でできない原因になっています。
    アレルギー治療の問題がない人の場合は、日本でも同様の治療をしてくれたら治る人はかなりいるように思います。

    >どの皮膚科もかびの検査もバクテリアの検査もせず・・・

    これは運が悪かったのでしょうか。私の通院していた皮膚科医院(4箇所)・大学病院(1箇所)ではほとんど(皮膚科医院1箇所を除くすべて)でパッチテストをしましたので。

    アメリカ治療を受ける前、私も気になっていたことはカビとバクテリアでした。とびひのおようにただれていたりしたところもありましたし、かびの炎症のようなところもありましたから。でもどの皮膚科もかびの検査もバクテリアの検査もせず、すぐに大量のステロイドを処方されるだけでした。ABCDの治療は考えてみたら一番単純で一番当たり前の治療ですよね。
    どうしてそういう治療をしてくれなかったのでしょうか。

    ドクターの治療で使う薬剤等は、すべて日本でも手に入りますし(rushの抗原はありませんが)、日本の標準治療の考え方とも部分的には同じですので、rushを除けば同様な治療は可能と思われるのですが、日本の医師の一般的意見としてステロイド投与量が多すぎるのと、黄色ブドウ球菌原因説に懐疑的なことで実施されないようです。
    同名の薬剤でも日米で違うという意見もありましたが、少なくともAAJで重要視されているステロイド外用剤の体内への浸透性については個人的にはほとんど変わらないと思います(直輸入のTACと、日本で処方されるケナコルトを自分で使い比べましたが、薬効は変わらないと思います。ただし薬の基剤については、TACは米で販売されているプラスティベースで、ケナコルトは日本で販売されているプラスチベースと感じられます)
    現在私自身は、日本で処方してもらった薬剤をドクター流の考え方で使用することとしてます(rushの液は日本にありませんので、取り寄せるしかありませんが)。

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。