プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    温泉、成功!

     先週末、蟹を求めて福井まで行ってきました。
     本格的な蟹デビューは初めてで、一流の蟹を食べたい!というのが目的でした。
     ま、ま、蟹はとてもおいしかったのですが、それについては「いい風吹いてきた!」で。

     で、芦原温泉に泊まったのです。
     急きょ決まった旅行だったので、いろいろ準備不足で案の定ドジっちゃいました。

     タオル類を忘れたのです。

     旅のスタートはタオル類の購入とケアベール探しから始まりました。タオルに付着している糊なんかを落とさないといけないから、洗わないとダメですよね。
     タオルは購入できましたが、問題はケアベール。取扱店舗がアリエールなんかより少ないんですよね。
     次はケアベール探しに奔走しました。福井、芦原温泉辺りにあるスーパーはバローばっかりで、このバローに取り扱いがなかったのです。おかげで走り回りました。
     結局芦原温泉にあるドラッグストア アオキにあり、購入。このアオキ、品ぞろえが良くて驚きました。イソジンウォッシュも買いたかったのですが残念ながらなかったですが、イソジンの原液がありました!いざとなればこれを薄めて使う事も可能ですよね。

     さてケアベールをやっとの思いで購入し、コインランドリーに行ってみたら洗濯機は全て、洗剤が自動投入だったのです…。
     コインランドリーは不特定多数の人が何を何で洗うかわからない、という事で、衛生面から洗剤が自動投入になった、というのをどこかで聞いた覚えが…。周辺のコインランドリーも新しい所ばかりだったので諦めて、宿で手洗い…。
     ゴム手袋も持ってきていなかったので、素手で洗いました。
     さすがケアベール。手荒れしませんでした!
     手洗いでいつも思うのが、脱水の大変さ。洗う事自体はいいんだけど、絞るのが大変ですよね。夫に手伝ってもらいながら一生懸命絞り、またコインランドリーへ乾燥機目的で行き、タオル4枚、バスタオル2枚に40分位かかったかな。

     タオルを忘れたがために、奔走しました。

     で、温泉ですが、おかぴーさんにこの間教えて頂いたように、出る時にイソジンウォッシュを使って、しっかり洗い流すようにしました。そして脱衣所の籠などにも注意するようにしたら、見事!問題なかったです。
     源泉100%の湯と、加水した湯とあったのですが、源泉100%の所は、皮膚がまだ薄いと思われる首が少し、ピリピリしました。他は全く問題なかったのですが。アトピーや皮膚が弱い人には、源泉100%は少しきついのかなぁ、と思いました。

     今まで温泉旅行で悪化していたのは、温泉成分が主で、あと公衆浴場という事で湯船のお湯もきれいではない、という雑菌の問題なんかが原因だったのだろう、と思いました。
     皮膚が強くなっているので入っている間は大丈夫ですが、出る時はイソジンウォッシュで温泉成分と雑菌をしっかり殺菌洗浄する事が大事、という事がわかりました。
     となると、洗い場のない温泉には入れないのです。事前の情報収集で、洗い場があるかどうか確認する必要があると思いました。

     今回、カニ、エビ、梅貝などを堪能してきました。素晴らしかったです。
     そしてもちろん、蕁麻疹もなし!
     近所で買えるお魚、必ず蕁麻疹が出ます。何日たったものが並んでいるんだろう…? 

     アトピーだから、と、何でもかんでも楽しみを諦める必要はないんですよね。
     原因を追及して、それさえ除けば楽しめるのです。
     一番の問題は、「何が悪いのか、わからない」という事だと思います。何が悪いかわからなかったら、対策の立てようがなく、いろんな事を諦めなくてはいけなくなります。
     治療前は、大好きな旅行も憂鬱に感じる事がありました。
     でも今は違います。
     問題は魚介類の鮮度、温泉の成分と公衆浴場の雑菌、旅館の寝具、という事がわかりました。それらに対して対処していけば、旅行自体を諦めなくても快適に旅行を楽しめるのです。
     人によって抱えている問題は違うと思いますが、問題を整理したり、人に相談したりする事はとても大切ですね。無駄に苦労したり、悲しい思いをする事がないようにして欲しいと思います。
     
     人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    Re: タイトルなし

    まりんママさん

    ありがとうございます。
    おかげさまでやっと解決方法が分かりました。

    > 『三人寄れば文殊の知恵』ですね(^_-)v

    おっしゃる通りで、人に聞くのって大事ですよね。
    一人で悩んでいても仕方ないですもん。
    これからはイソジンウォッシュを忘れずに、旅行に行こうと思います。

    うわ~!!おめでとうございます♪♪
    こちらまで嬉しくなってしまいました!タオルのお洗濯は大変でしたでしょうけれど、温泉・魚貝類どちらも堪能できてよかったですね~♪ 
    『三人寄れば文殊の知恵』ですね(^_-)v

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。