プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    アレルギー治療の進行具合

     今年も花粉の季節がやってきましたね。
     私は1月から既に反応していて、今はクラリチン一日2錠体制です。

     私は2005年5月に治療に行ったので、今3年目でじきに4年になります。
     なのに、まだ花粉症の症状が出る…。
     5年で治療、一応終了、と聞いているので、今年もクラリチン2錠要るようじゃ、困るなぁ…。アレルギー治療、本当に効いているの?と思いました。
     そう思い始めると、もしかしたら私の場合も、皮膚テストがうまく反応できなくて、検査した時正しい検査結果が出なかったんじゃないかしら。だとしたら再渡米してもう一度ドクターベイカーにみてもらった方がいいのかな、それとも長屋先生に頼んで、検査だけしてもらう、という事も試みた方がいいのかな?なんて、不安が募ってきてしまいました。

     それで、考えても仕方ないので、まず日本オフィスの明石さんにお聞きする事にしました。

     で、回答を頂きました。
     私の場合、花粉症の症状は、目の痒みと鼻水、たまにくしゃみという感じで、皮膚が悪化する、という事はありません。渡米前、春先の皮膚の症状は悪い時もあり、さほどという時もあり、というか、ずっと悪いのでよくわかりませんでした。
     以上を伝えると。
     皮膚が悪くなっていない、という事は、治療の効果は出ている、と考えてもいいそうです。
     本当にダメな人の場合、ショートバースト終わった直後からすぐに赤くなってくるので、それがないという事は、効いている、と。ただドクターベイカーが作る薬液は日本の患者さん用にはすごく薄く作ってあるので、効果を出すにも通常より時間がかかるそうです。

     一応5年で終了ですが、それ以降も続ける事は可能で、判定のために5年たったら一度、2ヶ月ほど治療を休んでみて、体が反応しないかどうかみて、反応するようであれば2ヶ月の休みを経ても、治療をビルドなしで今まで通りの治療を再開できるそうです。

     アレルギーは突然治るので、3年たってもまだクラリチン2錠必要なほどだから、と言っても全然悲観する事なく、まだまだすっきり治ってしまう可能性は十分にありますよ。

     という事でした。

     せっかくだから時間がかかってもちゃんと治るまで、治療を続けたいです。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。
    スポンサーサイト