プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    最近の状態

     前回の記事後に質問を頂いたので、許可を得て転載、加筆します。

    > ①治療前に比べてトリガーが原因で雑菌に弱くなったり、温泉にも支障がでたりと書いてありますが、生活しづらいですか?
    > なんか、私のイメージでは以前より皮膚が敏感に反応してしまうのかなぁと心配になるのですが・・

    以前より皮膚が敏感になった、という事はないです。
    皮膚自体は丈夫になっているので、以前より出にくくなっています。
    ただアトピー体質というのは、皮膚がスポンジ状でしか形成できない、という遺伝的な病気なので、皮膚の状態を常に良く安定化させて、バリア機能を働かせて、普通の生活はできるのですが、今回温泉のように特殊な環境になった場合、守り切れなくて出てしまう事がある、というわけです。

    渡米前はもっとひどく出ていたと思うのですが、常時酷い状態だったので、わからなかった、というわけです。
    今は普通の状態の皮膚なので、ぶつぶつしてくればわかるんですよね。

    もともとシミだらけの肌であれば一つや二つシミができてもわからないと思いますが、真っ白な肌であれば、シミが一つでもできれば大騒ぎ、ですよね。
    それと同じで、今は良い状態を維持できているので、ちょっと出ればすぐにわかります。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
     最近の出来事は、去年の秋、またヘルペスが出てきました。
     自分の勤めている病院の皮膚科に一応かかって薬をもらおうとしたのですが、案の定「神経痛」にされてしまいました。バルトレックスで症状が良くなるのは「プラセボ効果(偽薬効果)なのでは」との事。
     あまりに呆れた説明で絶句。医師二人がかりでの結論がこれ!帯状疱疹は再発しない、と断言されました。
     痛み止めが出されたので、院外処方を取りに行ったら薬剤師さんが問診表を見て、
    「脇腹のチクチク、って言うと、ヘルペスか何かですか?」
    私 「はい。」
    薬剤師 「前に帯状疱疹か何かあったのですか?」
    私 「はい。繰り返すタイプなんですけど」
    薬剤師 (戸惑った様子で)「これ、ウィルスの薬じゃないんですけどねぇ・・・」
    私 「神経痛にされちゃいまして」
    薬剤師 (気の毒そうに)「そうですか。。。残念ですね。」
     
     つまり、薬剤師の人も帯状疱疹でも繰り返す人がいる事を知っているのですよね。そして私も知っている。知らないのは医師だけでした。
     ちなみに私個人の経験ですが、帯状疱疹の再発の人、入院患者さんだけでも数人見た事があり、教科書と違うので、医師(皮膚科医じゃない)と、「珍しいですねぇ」「でも最近繰り返す人、増えてるみたいだよ」と会話したのを覚えています。それも10年も前の話です。。。
     なので、ドクターが帯状疱疹であっても一回とは限らないし、アトピー悪化の原因になり得る、というのは、非常に納得した話でした。
     「神経痛」「プラセボ効果」は免罪符的な言葉のようですね。特に「プラセボ効果」があまりに安易に使われる事に驚きました。(私の10年近くの経験では、プラセボ効果という人、精神科のおばあちゃん一人だけでした)

     秋はヘルペスが一番出やすい時期みたいです。
     あとは温泉事件と、それ位です。

     アレルギーは目が時々痒くなったり、鼻が少しむずむず来る時がありますが、原因不明です。クラリティンを飲むとすぐに収まりますが、市販のザジデン眼薬で症状が止まったりするので、気になった時にたまに眼薬をする程度です。一~二週間に何回か、位です。
     アレルギー治療は続けているので、この春、杉の季節にどうなるかな、と思っています。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    EDIT COMMENT

    非公開コメント