プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    まずは知ることから

     アトピーは日本においては、まだ「原因不明」とされているような病気で、それゆえにいろいろな混乱が起こっています。
     情報も混乱、患者自身もあれこれ試しても良くならない、どんどん悪化する、などで精神的にも肉体的にも混乱、という感じ。正しい事がわからなくなって、「自分を信じる」という方向になり、自然治癒力を過大に信じ込み、うまくいかず、混乱。。。
     と、いろんな混乱が起こります。

     渡米してドクターに診察してもらい、安心したことの一つに「問題が整理された」という事が挙げられます。
     日本では患者の症状が医師に受け止められません。
     何でもアトピーのせいにされたり、ステロイドのせいにされたり、最後は心療内科に行け、と言われたり…。一生懸命説明したり、納得できる医療を求めている内にいつの間にかモンスター患者にされてしまったり。
     理不尽な事が沢山、たくさん起こりますよね。

     ドクターマセソンの治療において、そうした事があっさりなくなりました。私達の訴えはまっとうなものであり、日本において主張してきた事は、おかしい事じゃなかったんだ、と思いました。
     リバウンドの存在が認められ、ステロイドの疑問が解消され、なぜ湿疹が起こるのか、炎症が起こるのか、その疑問が解け、治療法と病態との関係を知り・・・。
     ドクターは常に穏やかに話をします。確かな知識があり、どんな疑問にも説明する事が出来るので、患者の質問にびくびくする必要がないからでしょう。

     どんな病気でもそうですが、まず、体に何が起こっているのか、それを正確に知る事がとても大切です。医学においてももちろん基本です。
     ところがアトピー患者においては、これが正しくなされていません。ここが落ちたら、次がないのは当然ですよね。

     渡米すると、皮膚科の診察だけでなく、アレルギー科の診察もあります。もうこれは基本になってきています。
     そして最近ですが、更に内科の診察が必要な症例も少しづつですが増えてきている、という事です。副腎の検査が必要になっている人が増えているようですね。
     おそらく病歴が長くなっている人が多くなり、ステロイド歴が長い人が増えている、という事でしょうか。更に徐々に高齢化が進めば、他の病気を持ち合わせているので、同時に受診する事を勧められるようです。
     費用は自己負担なので、ぎりぎりの費用で行っている人は断って内科を受診しない人もいるようですが、私は勧められた受診に対しては行かれた方がいいと思います。
     というのも、この時に受診をせずに帰ってきて、治療が難航するケースが出ているからです。
     例えば、ですが、アトピーで糖尿病を持ち合わせている人がいたとします。この人がアトピーだけ治療しようと思って行ったとします。けれどドクターの治療はステロイドを使う治療です。ステロイドは血糖値に大きな影響を与えます。ですから、ドクターとしては糖尿病の状態を知り、ステロイドをどのように使うのか、糖尿の治療はどうするのか、考え、相談する必要が出てきます。当然の事ながら、日本人医師とドクターマセソンとの意思の疎通、やり取りは難しく、患者自身が間に入るため、問題が大きくなってしまうでしょう。
     糖尿はほんの一例ですし、糖尿病歴が短ければ直前に日本で検査をしていけば、現地で内科を受診しなくてもよい、という判断になるかもしれませんが、その他の病気によっては、今後の治療方針に影響を与えるケースもたくさんあります。
     そのために、帰国後のトラブルが起こってアトピー以外の病気との関連が疑われる際、ドクターマセソンも日本の医師も、その患者に何が起こり、どんな治療が行われているのか正確に把握できない、という事も起こってしまい、治療中断、という事態も起こってしまうのです。
     現地できちんと内科を受診していれば、避けられたかもしれない事態なのに、です。
    (傾向としては、日本人医師が診察し、ドクターがステロイドを使う治療と知るとすぐに何でも全部「ステロイドのせい」と言ってしまい、検査すら拒否されたりする例が後を絶ちません…)

     なので渡米する、という事は、今自分の体に何が起こっているのか正確に知る、というのも、目標の一つにおいて欲しい、と思います。
     それはドクター達が正しい治療をする上でも、とてもとても大切な事です。
     
     渡米治療仲間のりとくんが、今、「りと★でびる」ブログで現在進行形で、治療経過を書いてくれていますが、とても興味深いです。帰国後、難航しているケースだと思いますが、問題点が次々と明らかになってきています。渡米前から記事があるので、比較もわかりやすいです。
     今のところ私が受ける印象ですが、渡米前は日本の治療で翻弄されて、問題がぐちゃぐちゃになっていて、最後は抵抗力が落ちてきてしまい、肺炎も起こしてしまったりして一時は渡米も危ぶまれましたが、なんとか行けて、でも、渡米がゴールじゃなかった、という例ですね。
     りと君のブログを読んで初めて知る事もたくさんあります。今現在、ドクターが気にかけている症例の一つでしょう。
     一見、渡米後に酷くなっているように誤解する人もいるかもしれませんが、そうではなく、以前からあった問題が出てきている、と考える方が適切です。その判断基準は、渡米前の彼の治療薬です。
     日本では普通の治療方法ですが、ドクターマセソンの治療の場合、原因がどこにあるのか、きちんと追及して明らかになってからでないと、薬を出しません。ところが日本の治療の場合、大体で出しているのがわかります。「大体」の治療は、大体治るのですが、治らなかった場合、ものすごく厄介になります。薬を使っている分、予想を超えた症状が出てきてしまうからです。そうなれば文献にない事が起きている事になり、何がその患者に起こっているのか、把握できなくなります。何が起こっているのか分からなければ、治療は対症療法にならざる得なくなります。それは正に、私たち重度に陥ったアトピー患者が良い例でしょう。
     りと君は今、頑張っている最中だし、AAJともよく相談し、コミュニケーションがうまくいっているようなので、治療後悪くなったのではなく、前から問題だった事が形を現してきている、という事を理解していると思いますが、中にはドクターのせい、と誤解し、自己判断で治療を中断してしまう人もいると思います。
     
     今、体に何が起こっているか、は、治療前、中、後の、どの段階においてもとても大切な事です。ドクターからの返事にここが抜け落ちている事がよくあると思いますので、説明を求めてもいいと思います。ま、ドクターからじゃなくても、カウンセラーの人たちでも回答は得られると思います。これがわかれば、治療の不安はずいぶん和らぐ筈です。

     自分の体に何が起こっているのか、それをまず、知ってほしいです。 
     
    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    EDIT COMMENT

    非公開コメント