プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    明けましておめでとうございます

     明けましておめでとうございます

     お正月は、夫の実家でひたすら食べて飲んで寝る、という2泊3日を過ごし、帰宅後、仕事が始まるまで更にひたすらだらだらと過ごしたので、あまりに動かなさ過ぎで膝が痛くなりました。。。
     
     冬に入って皮膚に特に目立った変化はなく、汗をかかなくなった分、アトピー環境にはとても良い季節、と思います。1月は特に花粉の問題が最も少なくなるので、治療中の方は、アトピー改善強化月間として欲しいと思います。

     冬は衣服の枚数が増え、一枚一枚厚くなったり布の量が増えたりするので、洗濯に追われています。毎日2回以上洗濯機を回しています。幸い私が住んでいる地域は冬の晴天率が高く、風が吹くので洗濯物はよく乾きます。なので朝干して仕事に行き、もう一杯はタイマーで昼に洗濯が終わるようにしておいて、帰宅後1時頃干しますが、四時位まで干しておくと大体乾いています。
     この間、夜2時間ほど履いた靴下を朝履いたら、痒くなりました…。なので洗濯は手が抜けない、と再認識しました。

     皮膚の手入れは特に変わりなし。入浴後、皮膚が薄い所、アトピーが出やすい所はワセリンを塗り、その他の所はキュレルのローションタイプのを使っていました。
     で、最近キュレルからこちらの製品に変更しました。

       
    ドレミドラッグ

    ヴァセリンモイスチャーロッキングローションというものです。
     キュレルよりも刺激が少ない感じがします。使用量もキュレルよりも少なくて済み(キュレルはローションなので、やっぱりたくさん使いますが、こちらはキュレルより少し固い感じです)、価格的にも割安です。
     夫は一度使ったらこっち一筋になってしまい、キュレルには見向きもしなくなりました。固さとかいろいろ、男の人にも使いやすいようです。べとつかないですし。
     ワセリンを塗る時もキュレルのローションを塗る時もそうですが、少し肌がぬれた状態で塗るのが一番良いですね。このロッキングローションも同じで、少し濡れた状態で塗っています。
     
     意外にも私はまだ顔に塗るモノが決まっていなくて、結局だらだらとワセリンを使い続けています。ワセリン、保湿力がやっぱり強力だし、コストパフォーマンス、すごくいいですもん。いいのかなぁ、と思いつつ。。。

     仕事の白衣はアレルギーを起こさずに着られています。
     仕事中はほとんどゴム手袋を着用していますが、ワセリンを予め手に塗っておけば、ゴム手袋の中で汗をかいても耐えられる事が分かり、うまく環境に適応する事が出来ました。いろいろな菌の多い職場ですので、ゴム手袋の着用がうまくいけば、かえって自分の身を守ることにもつながる事がわかり(実は医師・看護師でも数人アトピーの人がいるのです)、うまくいっています。
     手湿疹は菌を吸い寄せてしまうので、手荒れを防ぐ事は医療従事者としては本当はとても大切だと思います。全然スタンダードな考えじゃないですけど。手洗いばかりが叫ばれるので、手湿疹ナースは多いです。

     工夫をして、環境と適応させていく事はアトピー患者にはとても大切だと思います。
     試行錯誤、です。
     でも一度ペースに乗せてしまえば、こっちのものですね。

     さてさて、とりとめがなくなりましたが、今年もどうぞよろしくお願いします。
     治療後、調子が悪い方、精神的にくじけそうな方、メールをくださいね。  
     
    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    かえるさん
    明けましておめでとうございます。

    帰るさんと共有できる考え方で、なんだかちょっと、嬉しいです。
    同じ病気で苦しんだんですもの。同病者で共有できると、本当に癒されるような気がします。

    かえるさんのブログの更新、いつも楽しみにしていますよ。重荷にならない程度に、更新してくださいね。

    今年もよろしくお願いします。

    遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

    毎回興味深く読ませていただいています。
    治療法は全然違うのに、ゆかりさんの考え方とか私もそう思うなーっていつも思うんですけど、何をどうするべきかってのは同じなのかもしれませんよね。

    相変わらずまったり更新していくのですが、今年もよろしくお願いします。

    シゼンさん
    初めまして。
    シゼンさんの漢方に関する内容は、知っていて、その上で書いた記事でした。

    私のブログのごくごく一部しかまだ読まれていないようなので、お時間のある時にでも読んで頂けるといいかな、と思います。

    mimiさん
    ヴァセリンローションは、私は近所のドラッグストアで買いました。
    記事中の写真をクリックしてもらえば、楽天でも買えますよ。

    ヴァセリンのローションはどこで購入できるのですか。

    genshiさん
    明けましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いします。

    冬はアレルギーにとっては比較的良い時期ですよね~。最近、寒いのが好きになってきました。
    息子さんはラッキーですね。早期治療が一番ですもん。
    私の身内もアレルギーっぽい人が増えてきて、長屋先生に診て頂きたいのですが、遠方に住んでいるので治療に通えない現実があります。
    早く全国でやれるようになればいいのですけどね。

    はじめまして、
    アメリカまでアトピーの治療に行かれたんですね!!
    あちらは治療方法が進んでると聞いていたので
    興味あったんですが、
    検査方法も優れているようですし
    使うステロイドも日本のものとは違うようですね。

    私は結果漢方と入浴etc…で
    1年程で治しましたが
    ゆかりさんは
    随分5年も漢方難民されたようですが…

    ただブロク拝見して気になったのは
    ”漢方は煎じ薬でなければならない”
    などとありましたが

    私が治療した範囲ではほとんどが
    顆粒、錠剤です。
    漢方が ”マズい、飲みにくい”
    というものばかりではないと知りました。

    ただツムラではありません。
    ツムラの漢方が
    ”効き目が弱い” のイメージを作ってしまってるのでしょうか?
    (ただツムラの漢方もいいものはあります)

    私が飲んでた漢方で
    唯一煎じ薬の方が効力があるものがありましたが
    そちらは錠剤にすると
    成分がカットされてしまうので
    効き目が弱くなるという話でした。
    (それも煎じる時間は2、3分位。 それ以上やるとジブくて飲めなくなります)

    漢方薬もジツは中国製がいいとは限らないです
    日本のメーカーが
    中国にそのつど厳選した素材を取り寄せて
    (素材が劣化したりすることも
    今の中国では頻繁にあるので
    日本の業者が厳しくチェックするのだそうです)
    日本で製造したものの方が
    かえって日本人の体質に合わせてあって
    あと安全性の面でも信頼出来るという面があります。
    (むしろ海外旅行で知らないところで漢方を買ったりNETでむやみに中国から漢方薬を買うとかは
    逆に危険ですよね、ことに今の中国は…)

    あと漢方医は中国人の方がいい
    とありましたが
    私は日本人の先生です。

    日本人は外国の文化を取り入れて
    それをもっと進化させる
    スゴい面があります。
    ”本場じゃなきゃダメだ”
    という考えが当てはまらない場合もあります。

    あと漢方のリバウンドですが
    これもちゃんとした先生がやれば
    ありません。
    (もちろん漢方薬にステロイドなんて混ぜないです^ ^;)

    ただたとえば当帰飲子1つにしても
    メーカーによって
    成分の含有量、質が違っていて
    ”どこのメーカーのものが一番有効か!”
    あと、処方する量も
    外すことなくピシャリと
    出してくれる先生は極わずかです。
    ただまず外すことなく出してくれる先生も
    いるにはいるんです。

    脱ステがすべてではないですが
    こんなふうに
    脱ステで治してくれるところもあるので
    日本も捨てたもんじゃないです


    それでもだいたいの日本の医療は
    ゆかりさんのブロクにあるように
    アトピー有名病院でも危なかったりしますよネ、
    日本遅れてるゾ!!

    私もアトピーでツラい時は
    本当に自分の皮ひっぺがして
    引っ掻きむしりたいホドだったし
    朝になると
    ”いったい寝てる間に何やったんだ?!”
    と、思うほど引っ掻きキズだらけだったし
    ”アメリカの治療はイイ”
    と聞いたら飛んで行きたくなるのわかります。
    日本の医療なんとかならないんでしょうか?…

    すいません
    長々と書きましたが
    ついアトピーのことになると
    このようになってしまいます(^ ^;

    あ、キュレル大丈夫でしたか?
    私合わなかったんですよ。
    他に自分に合うものもあったんですが
    それも人に100%合うとは限らないので
    むずかしいですね。

    ゆかりさん、いろいろ書かれてるので
    また拝見しますね!

    それではm(. .)m





    謹賀新年

    ゆかりさん
    明けましておめでとうございます。
    今年も宜しくお願い申し上げます。

    東京では、冬が最も湿度が低くダニやカビが少ない上、花粉の飛散も少ないのでアレルギー患者にとっては1年で最も過ごしやすい季節ですね。
    私も、花粉症・アトピーの息子(中1)に冬の間に免疫力をつけさせるため、1日でも多く減感作注射に通おうと思っています

    EDIT COMMENT

    非公開コメント