プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    プロトピックアレルギー

     アトピー患者に時々処方されるプロトピック、へ~、という事を聞きました。
     
     藤沢薬品が作っているのですが、プロトピックの中に微量の香料を入れてるらしいのです。それが、アトピー患者の皮膚にアレルギー反応を起こす事があるみたいなのですよ。
     塗り始めは免疫抑制剤の力で一時的に良くなったりするけれど、アレルギー反応を起こす人は、この香料に反応して、使用前よりも酷くなったりする事があるらしいです。
     ドクターは以前、同じタクロリスム製剤のエリデルを処方した事もあるようですが、こちらは香料が入っているかどうか、私は聞いていません。もしかしたらエリデルは入っていないかもしれませんね。
     ドクターも、もう今は処方していないです。

     話は違いますが、新型インフルエンザ(鳥インフルエンザ)があちこちで報道されるようになりましたね。数か月前ですが、私も病院の研修を受けてきました。
     新型インフルエンザ、怖いですよ。パンデミック(感染爆発)が起これば、人口の25%が発症し、そのうちの何割かは亡くなる、というものです。正直、SARSよりずっと怖いと思います。
     医療体制としては、発症患者が数人の内は入院させますが、患者数が増えてきたら病院に来させないようにして自宅療養の方式に切り替える、という事です。
     入院も感染対策の空調をもった病院でないとだめなので、感染の疑いがあったら病院に先に連絡をして、指示に従って受診する必要があります。患者数が増えてきたら、電話受診で薬がもらえるようになる、という体制になってきているようです。
     ワクチンを急いで製造するという事ですが、ワクチン製造に半年かかり、なおかつワクチン接種の順番があり・・・。驚くなかれ、医療従事者は決して優先順位が高くないのです。。。感染者が増えて物流が止まってしまったら、ワクチンを輸送する事も出来なくなる、という事で、個人での対策が必要です。
     本当にパンデミックが起こるかどうか、ですが、歴史的に何年に一度、とかそういうのを調べると、起こる可能性が高い、という事でした。昔と比べて栄養状態や衛生面が向上しているとはいえ、SARSの広がりを見ると準備は必要と思います。SARSの始めの広がりは、マンションの換気扇の空調だった、という事で、どれ程の感染力か、とぞっとします。

     病院で説明があって、一般の人にとって大事だと思ったのは、マスクを備蓄する事、咳をする時に飛散しないように口と鼻を覆う癖をつける事、でした。
     マスクはSARSの時も不足しましたが、店頭から消えてましたよね。まず始めになくなる、という事です。昨日厚生労働省から配布されたパンフレットには「一人につき50枚以上は用意したいところ」とありました。使い捨てに、という事なので、備蓄を強くお勧めします。
     咳のエチケットは些細な事ですが感染に対してとても有効だそうです。

     流行がどれ位で止まるか、はわかりませんが、外出をあまりしなくても2カ月分くらいは生活できるようにいろいろ備蓄した方が良いという事です。ライフラインも仕事をしてくれる人がいてこそ動いているものなので、従事している人が次々倒れたら止まるそうです。。。
     
     こうした対策は、地震などの災害対策でも同じものが必要になるので、見直して準備した方がいいと思います。
     でももしパンデミックが起こったら、インフルエンザで死ななくても、アトピー、悪化するだろうなぁ。清潔が保てない環境は、怖いです。アトピー患者は特に、清潔用品の備蓄を充実させた方がいいかもしれませんね。


    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリックをお願いします。

    スポンサーサイト