プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    アトピー有名病院について

     最近聞いた話なのですが。

     ドクターマセソンの治療を受ける患者さんたち、他のアトピー有名病院での治療歴がある方が多いです。とりわけよく名前が上がるのが、高知にある某有名病院です。ここは患者数自体が多いと思われるので、どうしても名前がよく上がるのだと思います。
     ここで治療歴のある患者さんで、最近(?)ドクターマセソンの治療を受け、帰国し、悪化した時にショートバーストが効かない、という症例が出たそうです。
     私も伝え聞きなので、詳しい経緯や状態などよくわかりませんが、とにかくそういう症例があった、ということです。
     ショートバーストは、人によって若干違うと思いますが、ステロイド内服薬を短期間スケジュールに沿って飲む事で、それによって主に悪化した皮膚や状態の鎮静化を図ります。
     私の場合、指示された量は、初日から順にプレドニン(実際に飲んだのはジェネリックのデルタゾンという名前の薬です)80mgを2日、60mgを2日、40mgを4日、20mgを4日、というのが多かったです。
     このプレドニンの量は内服としてはしっかりした量です。
     「治療薬マニュアル2008」で調べたところ、一錠20mgのものがなく、5mgとなっていて、1日5~60mgとなっていたので、日本で一錠20mgというのは使われていないものなのかもしれません。
     とにかく、そのショートバーストがアトピーに対して効果が出ない、という症例があった、という事です。

     原因として考えられるのは、高知にある某有名病院では、ステロイド外用薬を用いる、という事なので、ショートバーストが効かない、という方(単数か複数か不明)は、皆長年その病院の治療を受けてこられた、という事で、ステロイドが長期にわたって投与されたのが原因ではないか、という事です。
     当然の事ながら、自己の副腎のダメージも少なくはない、と考えられ、ショートバーストをしても意味がないので、スキンケアと思い当たるトリガーを除去してもらいながら、アレルギー治療の効果が出るのを待つしかない、というわけで、回復には長く辛い道になってしまいそうです。

     この話を聞いて、アトピー有名病院、怖いな、と思いました。
     
     アトピー有名病院をいくつか調べていて共通して思ったのは、使われている薬が明かされていない、治療方法に不可解な点が残る、という事でした。
     ステロイドを使っている自家製剤という軟膏など、ますますもって意味不明でした。なぜなら自家製剤にする必要性もわからなかったし、ステロイドを混ぜているのなら、どこかの製薬会社が作ったステロイド製剤を使っている筈で、それを患者に知らせない必要性がわからなかったからです。
     漢方薬一本でやっている、というアトピー有名病院も実は少なくて、やっぱり「ステロイド」という名前が出てきてしまい、最強ランクのジフラールを使って効かなくなったことがある私としては、ステロイドを使うのなら、最強ランク以上のステロイドを使わなければ効かないのはわかりきった事。それゆえに、ステロイドを使っている自家製剤の中身のステロイドの名前がわからない限り、大金をはたいて治療に行く(某有名病院は保険が使えませんよね)価値が見出せませんでした。
     ステロイドは作用が非常に強い薬で、抗炎症作用は唯一無二のような薬です。それゆえにジフラールも効かなくなった私には、他のアトピーに良い、という補助療法的なものがステロイド以上の抗炎症作用を出せるとは到底思えませんでした。

     使用される薬がわからない、というのは、ハイリスクです。

     私がアメリカに治療に行く時も、外野のごくごく一部で、
    「国内でいい、っていう病院には行かないの?」
    といった意見もありました。けれど医療資格を持つ私には、皆、あまり何も言えない、といったところだったと思います。
     けれど治療を迷っている方の中には、
    「そんな、アメリカなんて!日本でできる治療から始めてみたら。」
    と強く言われ、未成年や家族内で経済的弱者になる人たちは、その声に抗う事はとても難しいと思います。
     けれどショートバーストが効かない症例が出てきている以上、アトピー有名病院の治療はむしろ有害な可能性が高く、結局はコストを考えても渡米しての治療を第一選択にする事が最良の方法と私は思います。(私の後悔も含めて)

     最近、日本の外用ステロイド薬による副腎に対する影響が深刻化しているようで、ドクターマセソンの治療も、副腎の関係その他で内科の医師の意見を聞く必要がある人が少しづつ増えてきているようで、アメリカ側で一人協力医を頼んでいるそうです。
     間違った治療を重ねる、という事は、問題をどんどん大きくしてしまいますね。
     副腎に対するダメージが大きければ、他のホルモン系統への異常も考えられ、またアトピーも当然治りにくくなり、帰国後のトラブルが続くためドロップアウトする方も増える、といった悪循環も生まれます。
     悲しい事ですがこうした背景からアトピーアソシエイションがぼったくりだの何だのという書き込みも、もしかしたら増えてくるかもしれません。
     けれど、それに惑わされないで正しい選択をしていって欲しいと思います。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。
      
    AAJのHP(明石さんのブログ)に、年末年始の休みの日程が出ました。症状の報告に迷われている方、お薬の在庫の量、もう一度チェックし直して、連絡をしていってくださいね。
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。