プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ドクター講演会2008-5

    講演会の続きです。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    感染から身を守る(ウイルスとバクテリア)

    Q5:新しいスキンケア及び感染を防ぐ(バクテリア、ヘルペス)プラスティベース、お風呂、お薬について毎日のお風呂ではセタフィル。1週間に1回フィソヘクス,これはご家族もですね?毎月のムピロシンは大切ですね?

    Dr.:
    正しいスキンケアはものすごく大切です。アトピー性の患者さんは皮膚のバリアが完全ではないため,皮膚のメンテナンスは重要です。皮膚のバリアは感染を予防し,アレルギーから守り,乾燥から発生する炎症とかゆみを抑える効果があります。お風呂は安全なクレンザーなどを使い,プラスティベースのバリアを保つために1日何回も塗って,炎症を発生させないようにします。ファイソヘクスの洗浄とミュピロシンはバクテリアからの感染を下げます。もし,炎症ができたら安全なクリームや軟膏でひどくなる前に抑えます。

    アレルギー注射の継続

    Q6:スケジュールを守ることが重要ですね。注射をすると少し調子の悪くなる人はベイカー先生と調整をしてスケジュール,分量の調整する可能性もありますね?注射の日にクラリティンを飲むことも大切ですね。

    Dr.:アレルギー注射の役目は,環境からのアレルギートリガーを少なくしていくためです。体内でアレルギーブロックができるようになってくると,ラッシュアレルギー治療外でのアレルギーからも守れるようになるようです。分量の調整は患者さんによって違います。アレルギー注射でゆっくりと免疫のシステムを刺激し,それによって体内でアレルギーをブロックしていくことができます。ぎりぎりの刺激が大切なので,免疫を刺激しすぎると炎症を起こしてしまいます。クラリティンを飲んだり,場合によってはデルタゾンを少量飲む方もおられ,これらは反応をできるだけ少なくするためです。

    炎症のトリガーを探す。新たなものや前からのトリガー両方

    Q7:治療が進むにつれて,以前には感じなかったトリガーを感じることもあるようですが,それはどのような理由が考えられますか?

    Dr.:理由と言うより時間は止まっていないので、どんな人でも年も関係なく急にアレルギーの症状がでたりするかたもいます。これはアトピーと関係なくアレルギー症状はいつでも発生する可能性はあります。ただし,もとからアレルギーに敏感で皮膚のバリアがちゃんとできていないと,新しいトリガーをつくってしまうこともあります。

    Q8:米国での集中治療後、日本に帰国後、何度か「ショートバースト」しなければいけない理由は?

    Dr.:日ごろのスキンケアを継続できるように,炎症が起こったときにはデルタゾンのショートバーストをします。
    皮膚の悪化によく繋がる要因はバクテリアやウイルスの感染,刺激物やアレルギーからの空気中か直接の接触,季節の変わり目で正しくスキンケアができていないときや,長期間のアトピーまたは長期間のステロイド使用によって不安定な皮膚になっている方やストレスからでも炎症を起こします。
    治療から1年目,2年目ぐらいが一番炎症が多く,それからは少なくなります。その中でもすごく症状がひどい方は長い間にわたって炎症を起こす方もおられます。

    患者さんからの体験談とAAJから付け加え

    ■バクテリア
    ・「手ピカジェル」を使う時は、アルコール成分がバクテリアだけでなく皮膚のバリアも奪うので、気をつけて使用する。
    ・ブリーチ(漂白剤「ハイター」を入れた入浴)は、1回につき50-90ccのハイターを入れる。目的はバクテリアを落とすことである。入浴後にセタフィルで洗い流す。目に入らないよう気をつければ顔を洗ってもよい。まずは1週間に2回入浴から始める。かゆみがなければ何回入ってもよい。

    ■接触性アレルギー
    ・ブラジャーのサイズを正確に測定して、体に合ったサイズのものに替えたら、(ブラジャーが触れる部分の)炎症が消えた。

    ・洗濯でプラスティベースがきちんと落ちているか確認をするとよい。洗濯中の水を触ってヌルヌルしているのは、プラスティベースが落ちていないからだ。

    ■アレルギー注射
    ・5年間のアレルギー注射を経て、終了してもよいか/続けるべきかの目安としては、3か月注射をやめてみて異常がなければ終了とする。これまでに1人だけ5年経過後も注射を継続している患者さんがいる。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     以上、5回にわたっての記事になりました。
     ご協力いただきましたtomokoさん、どうもありがとうございました。

     私自身も知らなかった事もあり、とても参考になりました。
     行きたかったわ~…。

     AAJの治療は渡米して、の治療のため、帰国すると非常に孤独になります。そして不安定な皮膚を抱えて精神的にも不安定になります。ですから今回の講演会は、ドクターの話も良かったけれど、多くの患者さんたちと交流を持てた事がとても良かった、という声が多かったように思います。

     そんな患者さんたちの要望にこたえて、AAJでは定期的に交流会をもつようになるようです。
     場所は東京になるので、東京及び近辺にお住まいの方は、行かれると良いと思います。
     また不安な気持ちになってしまった方、不信感が頭をもたげてきている方など、遠方からでも参加する価値はあると思います。必ず行かなくてはいけないものではないので、単発で行かれてはいかがでしょうか。帰ってくる時には、きっとポジティブな気持ちになってこられると思います。

     帰国後はある意味、自分との闘いのようなところがあります。
     けれど、渡米前と後で絶対に違うのは、一人じゃない、という事です。ドクターがいます、AAJの方がいます、そして同じ治療をした先輩患者さん、後輩患者さんたちがたくさんいます。声を上げれば、みんなが振り向いてくれます。
     交流会はそれを実感できる所なので、孤独に陥った時は、行かれてみてはいかがでしょうか。

     人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。

    スポンサーサイト

    COMMENT

    Re: タイトルなし

    リラさん
    治療のめどが付いてきたようで、良かったです。
    副腎の機能検査、今は徐々に重要になってきていますよね。
    来年はリラさんにとって、転機の年になりそうですね。
    期待しています。

    こんばんは。
    これから渡米治療の申し込みをしようと思ってます。
    費用の関係でいつになるかわからないけど…たぶん来年2月頃かな?
    滞在が1ヶ月で済めばいいなあと願っています。
    「アトピー有名病院」の記事読みました。私も副腎の機能検査を
    するように医者から言われてるので、今度してきます。
    また報告しますね。

    Re: タイトルなし

    みなせさん

    こちらではお久しぶりです~!
    みなせさんにとっても有益だったようで良かったです。

    > 手ピカジェル、自分も使っているんですが確かに使った後、乾燥した感がありますね。
    > うちの母はアトピー持ちではないのですが、もともと皮膚が弱いせいか使ったら手が荒れるそうです。
    > 関係ないですけど手ピカジェルとかのジェル系のアルコール製品って高いですよね。かなりぼられてる気が・・・。

    私は手ピカジェルは使っていないですけど、高いんですか。
    アルコール自体、結構高いからかもしれないですね。私はお掃除にアルコールを好んで使っているのですが、結構しますよ。。。掃除用だから安いので十分なのですが、キレイキレイのアルコールとかも結構しますもん。

    >
    > それにしてもこれだけ有益な情報を聞けるうえ、患者さんとの交流もできるこの講演会は本当に素晴らしいですね。
    > できることなら毎回参加したいものです。

    交流会が始まるようですよね。
    東京でやるようですが、地方でもやるようになればいいのにな、と思います。

    お疲れさまでした~。
    今までの復習となる基礎知識だけでなく、新しい情報も色々あって非常に勉強になりました。ありがとうございました。

    手ピカジェル、自分も使っているんですが確かに使った後、乾燥した感がありますね。
    うちの母はアトピー持ちではないのですが、もともと皮膚が弱いせいか使ったら手が荒れるそうです。
    関係ないですけど手ピカジェルとかのジェル系のアルコール製品って高いですよね。かなりぼられてる気が・・・。

    それにしてもこれだけ有益な情報を聞けるうえ、患者さんとの交流もできるこの講演会は本当に素晴らしいですね。
    できることなら毎回参加したいものです。

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。