プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ドクター講演会2008-1

     ドクターマセソンの講演会が11月8日に行われ、良かった、という声を聞いています。
     いいなぁ。
     私はコツコツと、資料から新しい情報に関して、書いていきたいと思います。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
     皮膚の不完全なバリアはフィラグリンを作る遺伝子に問題があるようです。
     この物質は皮膚のバリアを保つもので、水分を皮膚に蓄える効果もあります(自然のモイスチュライザーとも言われます)。
     アトピー性の方は、いろいろな度合いでフィラグリンに問題があるため皮膚が水分を保てず、自然のモイスチュライザーも少なく皮膚が乾燥しやすくなるので痒みが増えます。
     さらに空気中のアレルゲンなどが皮膚に直接入ります。花粉やカビ以外にも細菌や食べ物の物質なども皮膚に入っていきます。皮膚から入ってくるアレルゲンで体がアレルギーの反応を肺や胃にも作ってしまいます。スタッフなどのバクテリアも皮膚に入っていけるので、エクソトクシンを作ってしまってアトピーを悪化させます。

     さまざまなアレルゲンが皮膚に直接入ってくるので、アトピー性の方は体がIgE抗体を作ってしまいます。IgEが反応してしまうと痒みが増え皮膚を引っかいてしまいます。
     引っかくと皮膚組織にダメージを与えるため、皮膚が物質を出し痒みがさらに増えてしまいます。
    これで免疫システムを刺激するため皮膚自体にIgE抗体が出来てしまいます。
     これらのトリガーでアトピー性皮膚炎の症状になります。皮膚の不完全なバリアが症状の初めで、それからIgEや免疫システムを刺激してしまうようです。

     さまざまな偏見なしの(アメリカではダブルブラインド研究といいます)アレルギーに関連している研究を行った結果IgG抗体の数値を上げIgE抗体の数値が下がるとアトピーに効果があることがわかりました。
     さらにケモカイン(炎症を悪化させる物質)の数値が低下しT細胞の数値が安定していっていました。アレルギーイミュノセラピーによって投与されているアレルゲン以外のものにもブロックが出来たことがわかりました。

     これらの研究の結果はこちらで現在行われている治療を正当化します。皮膚のバリアをしっかり保ち、アレルギーイミュノセラピーを継続しそれ以外にも感染予防やこちらでの治療アプローチがさまざまな研究の結果、効果的なのがわかります。新しく研究が行われ、新たな情報が出てくるとそれを基に治療の内容も変わっていきます。これは医学の自然の法則です。


    以上、以下の3誌に掲載された最新の内容からの解説だそうです。
    The New England Journal of Medicine,  
    Current Opinion in Allergy and Clinical Immunology.
    The Journal of Allergy and Clinical Immunology. 

     文中のイミュノセラピーとは、私たちが受けている、アレルギー免疫療法=減感作療法です。
     減感作、というには、言葉が不足してきているようで、免疫療法の方がふさわしくなってきているようですね。
     この間まで載せていた、長屋医師の内容より、もっと進化しているように感じます。
     
     またアメリカでは、アトピーに免疫療法はしないのが原則でしたが、それが変わってきつつある事を示唆しています。
     つまりドクターマセソンのやっているアレルギー免疫療法との併用が、間違っていないという事を表しています。

    ■フィラグリンとは?

    ・肌を屋根の瓦に例えると、その間を埋めているのがフィラグリンである。
     アトピーの人は完全なフィラグリンを作ることができないため、皮膚から水分が蒸発しやすく、外からの異物(アレルゲン・バクテリア)が侵入しやすい。
    ・フィラグリンを作る遺伝子を変えることはできない。しかし、子供時代にアトピーを治療することで、(治療をしなければ発症していたであろう)アレルギーをブロックすることができ、アトピーの重症化を防ぐことができる。
    ・自分の皮膚にアレルギー反応を起こす患者もいる。
    ・一番大切なのはスキンケア。スキンケアにより(不足している)フィラグリンの働きを補う。その後、個々の原因の治療をしていくことになる。

    ゆかり付け加え
     フィラグリンは基質タンパク

    ■IgG抗体の数値を上げ、IgE抗体の数値が下がるとアトピーに効果がある」とは?

    ・IgG抗体の数値を上げるとは、イミュノセラピーの効果を上げ炎症を減らすこと。
    ・アトピーは、IgE・T細胞などが関係するが、IgE抗体の数値はイミュノセラピーにより下げることができ、治療後皮膚が安定してくることにより、かゆみを引き起こすT細胞も安定してくる。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
     
     アトピーの研究、進んでいますね。
     この記事はAAJから配布された資料と、当日出席されたTさんという方のご協力のもとに書いています。ありがとうございます。

     当日は交流会の時間が多く取られていたため、ドクターに会いに行って状況を伝えたりして、コミュニケーションを取った方もたくさんいらっしゃったそうです。
     行かれた何人かの方から
    「行って良かった」
    という声を聞いています。
     出席できなくて、本当に残念でした。

     人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。  
    スポンサーサイト

    COMMENT

    shimashimaさん
    初めまして。
    子供さんたち、長屋先生の治療を受けられたのですね。良かったですね。喘息は命の危険もある病気ですから、一時的に症状を抑えるだけで事実上治療していない今の現状は、深刻なものだと思います。
    長屋先生、やっぱり協会からは快く思われていないのですね。私は医学部の教科書の執筆に携わっていただけたら、と思うのに、それは遠い話ですね。残念です。
    治療を受けると変化を実感するので、免疫療法がだれでも受けられるようになる事を私も切に祈っています。

    はじめまして
    ゆかりさんhpでいろいろ勉強させていただいております。情報提供ありがとうございます。
    私の子供達は喘息一歩手前の状態→血液検査に反応なし→長屋先生の皮膚テストでアレルギー反応が出た為、長屋先生のアレルギー治療しております。
    ゆかりさんはアメリカの治療を安全性を知ってもらいたくて長屋先生をhpに掲載されたのかな感じております。
    専門的なことは全くわかりませんが
    77才の長屋先生は17、8年前?帰国後、日本アレルギー協会に疎ましがられながらも信念を曲げず地道に治療されてきました。ご高齢にもかかわらず現在も一年に何度もアメリカの学会に行かれ研究されています。
    先輩患者さん達は日本にもアレルギー治療をと日本アレルギー協会の講演会などに
    出向き質疑されておりますが道は険しいなと感じます
    将来、アトピー・喘息等の日本の免疫治療がいい方向に変わることを願っております+

    まかろんちゃん・まりんママさん
    こんにちは。
    質問が高度だわ~。
    わからないから調べてみました。
    そしたらこんなのが載っていました。
    http://okwave.jp/qa605645.html
    直接の回答になるように思います。

    IgEは一つの目安にはなるけれど、アトピー治療やアレルギー治療の上では、日本でも重要視されていない記憶があります。
    つまり、臨床上は値が高かろうと低かろうと関係ないのです。
    なので私は一度も値を測った事がないし、アメリカでも測らなかったのも納得できるのです。
    アレルギーの分野はすべて解明されているわけじゃないので、研究上の意味としては大事だと思います。

    ゆかりさん、こんにちは♪
    今回も保存資料ですね~。ありがとうございます♪♪
    来年こそは講演会へ参加したいです!

    娘のIgeも、まかろんちゃんと一緒でいつも標準値なんですよね。
    アトピー友達の間では、食物アレルギーがある人は高いみたいでしたけど・・・難しくてよくわかりませんw

    こんにちは★

    Ige、2度ほど検査したのですが
    どちらも高くなく150以下だったと思うのですが
    なぜ低いのか、分かりますか??

    資料を読む限りだと
    アトピ-患者さん全員のIge値が高いというようにとらえられるのですが。

    アレルギ-治療をはじめて1年半ちょっと経ちますが
    もっと低くなるのかなぁ~と思いまして(^-^;

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。