プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    ドクター講演会

     明日、ドクターの講演会がありますね。

     私も行く予定でしたが、風邪をひいてしまい、諦める事にしました。
     何ヶ月も前から楽しみにしていましたが、風邪を皆さんに移してしまっても申し訳ないので、欠席します。
     お会いするのを楽しみにしていらした皆さん、ごめんなさい。
     とても残念です。

     講演会の資料は、既にAAJから配布されていて、とても深い内容でした。
     ですから、行かれるととても参考になると思います。

     また行かれる方は、積極的に質問してみてください。
     特に治療後の方で、まだ不安定な状態にある方は、些細な事でもこれを機会に質問して、自分で今後、どうしたらよいのか、という事を具体的にイメージ出来るまでにしておかれると良いと思います。
     他の患者さん達も来ますので、たくさんの症例を一度に見られる、と思って、いろんな方から情報収集し、
    「やっぱりそこ、悩むよね~」
    「どう判断していいのか、わからないよね~」
    という事があれば、明日、解決しておかれるといいと思います。
     ドクター、高沢さん、明石さん、みんな質問はWelcomeだと思うので。

     治療前の方はとても良い機会ですよね。
     治療検討されている方が講演会に行って、治療後の患者さんがあまりにきれいに治ってしまっていて、治療そのものに懐疑心を抱いてしまった、という事もあったそうです。(要するに、そんなに治るわけないから、元々たいして酷くなかったのだろう、と思い込む)
     なので、治療後の方と積極的に交流して、どのような状態だったのか、聞かれると良いと思います。皆さん、本を1冊書ける位の方ばかりとは思いますが。
     中には治療後でも、まだ辛そうな方も確かにいらっしゃると思います。時間がどうしても必要な方が中にはいらっしゃいますから。でもそういう方にも積極的に話しかけて、経緯やドクターからの病状の説明などをどう受けているのか、聞いておかれるといいと思います。

     そうはいっても、多分皆さん、いろんな話で盛り上がって、あっという間の一日になると思います。
     ケアホーム時代の同窓会、という人もいると思いますし。
     どうか貴重な機会を楽しんでくださいね。

     人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。  
    スポンサーサイト

    COMMENT

    りとくん
    講演会、行けなくて、りと君に会えなくて残念でした~。
    私を探してくださったなんて、感動です。
    当日はみなさん、結構盛り上がった、と聞いています。良かったですね。
    私も次の機会には、ぜひ行きたい、と思っています。
    その時はどうぞよろしくお願いします。

    こんばんは
    風邪は大丈夫ですか?
    ゆかりさんの日記を読んだのが、講演会が終わってからだったので、欠席されることを知らずにいました
    なので、会場ではゆかりさんを探していましたw
    講演会も大切ですが、風邪をこじらせないためにも安静が一番ですよね
    また今度お会いできることを心待ちにしています
    お身体をお大事に
    いつもありがとうございます
    失礼しました

    EDIT COMMENT

    非公開コメント