プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    減感作療法について 付け加え

     3回に分けて、久我山病院アレルギー科部長を務めていらっしゃる長屋宏医師が「日本医事新報2008 No4383」に載せた「日本の減感作療法はなぜ効かないか~アメリカのアレルギー診療と比べて~」から抜粋、あるいはまとめたものを書いてきました。
     少し難しかったかもしれませんが、疑問を抱いていた方に対していくつかの回答になったのではないかと思います。

     アトピーアソシエイションの治療では、ドクターベイカーが渡米治療でのアレルギー治療を担当しています。
     長屋医師の今回の記事だけを読むと、帰国されるまでの変遷はあるのですが、2000年代に入ってからの情報はとても少ないです。アレルギー治療は日々進化していますから、今回まとめた記事は1990年代までの情報が主ですから、やはり、アメリカで現役で治療・研究していないと、なかなか最新の情報が入りにくいように思いました。(もちろん2000年代はまだ発表する価値のない事しか出てきていないのかもしれませんが)
     私達は、ドクターベイカーのアレルギー治療で獲得した治療効果は、普通は一生続くと説明を受けているので、前回の抜粋した記事の最後のmemoryT細胞のあたり、今は確定したものになっているのかな、と思います。
     
     アトピー患者にとってアメリカでもアレルギー治療は本来、行われない、というのがスタンダードです。治療による反応がアトピーを悪化させるためです。ですから、日本で出来る治療をしたい、と長屋医師の元を訪れる事はお勧めしません。かえってアトピーを悪化させる結果になると思うからです。
     
     そこをあえて踏み込んだのがドクターマセソンです。
     ドクターも2000年を過ぎた頃までアメリカ式のアレルギー治療なしの治療を日本人のアトピー患者にしていたのですが、徐々に帰国後悪化の症例が増えてきて、アレルギーとの関連がある事はもちろん知られていますし、アメリカでは考えられないレベルの皮膚の薄さ、過敏さを見て、アレルギー治療の必要を感じ、友人であり信頼できるアレルギーの専門医、ドクターベイカーにアレルギー治療をあえて依頼した、というのが発端です。
     アレルギーを主体にして考えると、アトピー患者のアレルギー治療には、皮膚科の専門医が不可欠なのです。なので二人のうち、どちらが欠けてもダメなのです。
     まれにドクターベイカーだけの治療を希望される方がいるそうですが、アレルギー=アトピーではありませんから、皮膚科医なしでは治る見込みは低く、何もかもが中途半端になって、挫折感のみ味わい、かえってお金を捨てるだけに終わると思います。
     特に日本の重度のアトピー患者の場合、深刻な状況がいくつも重なっています。ですから、通常のアレルギー反応では起こりえない反応がいくつも出てきます。
     その一つに、最近増えてきている、渡米して始めに行うアレルギー検査が正常に出ない、というものです。
     これはアレルギー治療の常識では考えられない反応で、日本人の重度のアトピー患者に時々起る特有なものだそうです。
     そのため、最初の検査結果で陰性だったものが、経過を追っていく内にどうもおかしい、と再渡米して再検査をすると、思いっきり陽性になっていたりするそうで、おそらく間違った治療を重ねた上に起こる、通常では起こらない出来事だそうです。
     ですからこれが世界の学界の説に出てくる事ではまずないでしょう。この反応はステロイドや抗生剤の濫用の上に起こってしまうものとしか考えにくいので、日本特有の医療事情を反映して起こっていると思われます。そのため正しく薬が使われている国の人にとっては不要のものであり、世界に通用するものではないからです。
     ですから、アトピーの新薬が開発されたとしても、ステロイドや抗生剤の濫用歴がない人を想定して作られているでしょうから、それが現在重度になってしまっている日本のアトピー患者に使用したとして、願っている効果が得られるかどうかは疑問です。

     そんな事もあり、ドクターベイカーとドクターマセソンは話し合いながら治療薬の改善に努めてきています。前に2ちゃんねるだったかな。ドクターベイカーの作った治療薬は濃度が通常より極度に薄く作られている、と誰かが書いていました。書き込んだ人はおそらく、ドロップアウトした人で、治療に疑問を抱いて治療薬を調べてもらったのでしょう。「だから効かない、偽治療」と、彼らの治療を否定したくて書いたみたいですが、実はこれが工夫された証拠の一つです。
     通常よりも非常に強い反応を起こしてしまう重度のアトピー患者には、通常の濃度の治療薬は使えないので、効果は出すけれど副作用を起こさない程度の濃度を研究し調整したそうです。
     その為、私が行った3年前の時は、喘息の患者さんなどの治療に比べて結果が出るには時間がかかる、と言われていましたが、それから更に治療薬が進化しているので、今行く人たちの方が結果が出るのは早いみたいです。
     
     ですから、以前、アレルギー治療がきっかけでドロップアウトされた患者さんも、諦めずに時間をおいて治療を再開されれば、今度は違う結果を手に入れる、という事が十分可能です。
     ドロップアウトされる方のそれぞれの事情はわかりませんが、自己ケア、トリガーの除去に問題がなければ、初回に受けたアレルギー検査の結果が正しく出ていなくて、治療薬に必要なエキスが入っていない、という事も考えられます。現地でアレルギーが酷い、と指摘を受けた人はなおさらです。
     不信感も強くなってしまったかもしれませんが、感情を抑えて理性で考えてみてください。

     またアレルギー治療だけを中断された方もいると思いますが、実はAAJの明石さんも治療中、アトピーの悪化によって中断した組だそうです。それでも日を追う毎に皮膚が良くなっていったので、中途でやめてしまっても全く効果がないとは思わないそうです。今は皮膚は問題がなくなったけれど、喘息っぽい症状が残っているので、治療、またちゃんとやろうかなぁ、と言っていました。
     なのでアレルギー治療の中断によって、AAJと何となくわだかまりを感じていらっしゃる方は、実はご本人の思い込み、AAJ側は全く気にしていない、または状況を理解している、と思いますので、再開を考えてみてはいかがでしょうか?
     
     本題に戻りまして。

     重度のアトピー患者にとって既存の常識的な医療だけでは不足で、高度な治療が必要だ、という事がわかってくると思います。それゆえに洞察力が鋭い優秀な医師が必要だ、という事を理解し、納得してください。
     壊れてしまったかのような体を治す事は可能です。
     けれどアトピーは環境要因がある病気ですから、環境を変える努力をしなくてはなりません。つまりアトピー完治(状態)は、正しい高度な治療と本人の努力の上に初めて成り立つ、というものを肝に銘じて欲しいと思います。
     その上で、真剣に治療を検討されたらいいと思います。

     11月8日にドクターマセソンの講演会があります。
     一般の方にも開かれた場ですので、治療検討中の方、治療後の方、アトピーの患者さんのご家族の方など、行かれると多くの疑問の答えが得られると思います。

     人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。 

    久我山アレルギー患者の会
    Web Site :http://alergybyas.seesaa.net
    スポンサーサイト