プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    減感作療法について1

     偶然、久我山病院の長屋医師が「日本医事新報 No.4383 2008」に
    「日本の減感作療法はなぜ効かないか
        アメリカのアレルギー診療と比べて」
    という内科懇話会をした時のものが出ていたのを読む機会を得ました。
     非常に興味深かったので、内容を少しご紹介したいと思います。

     まず長屋医師のプロフィールですが、私もよく存じ上げませんが、アメリカで長年アレルギー科の専門医として治療にあたってこられて、日本に帰国されて、現在久我山病院のアレルギー科部長として勤務していらっしゃる、という事です。
     アメリカでアレルギー専門医だった、という事で、Dr.Bakerの治療と同じレベルで話が出来る医師です。

     以降、私が興味を持った部分の一部をご紹介します。

     まず、日本ではアレルギー検査では血液検査が主流だと思いますが、アメリカでは皮膚テストが主流です。これは血液検査より皮膚テストの方がはるかに感度が高いから、だそうです。

     日本では皮膚テスト用の花粉に対するエキスは12種類、減感作用治療用のエキスがあるのはこのうちの4種類、なので残りの8種類は検査で陽性でも、治療ができません。ワシントンにあるHolisiter-Stier社のテスト用・治療用エキスは
    大体64種類。テストをするからには、治療をするのが前提なのでテスト用と治療用と必ず数が同じ、というわけです。
     カビも同様で日本では5種類ですが、同じ会社のカタログによると19種類ほどあるそうです。
     こういった事情からか、日本では減感作をやっても効かない(なぜならエキスの製品が少ないから、ターゲットにしなくてはいけないものの治療薬がない)、という事になったのではないか、という事です。

     また「減感作可」とうたっている医師のもとを患者が訪れて希望しても、なんだかんだいって、治療しない医師が多いそうです。
     始めのうちは日本でも結構やっていたようだけれど、有効な治療ではない、とされて(あのエキスの数では、仕方ないですよね)、治療する医師の数が減ったのだろう、と。

     それと、ここはそのまま引用します。
    「スギ以外の木の多くは、早ければ1月から飛散し始め、遅ければ6月まで続きますから、通常のスギ花粉の飛散期である2~4月にかけては、スギとスギ以外の木の花粉や、3月頃から飛び始めるイネ科の草の花粉が同時に飛散する事になります。
    日本ではイネ科の草の花粉に対する減感作治療用のエキスは市販されていませんから、たとえスギ花粉に対してだけ症状が改善していたとしても、同時に飛散するスギ以外の木やイネ科の草の花粉による症状は改善しないので、患者の自覚症状の改善が不十分で、スギ花粉に対する減感作治療も有効でないと誤解する可能性があります。」

     疲れちゃったので、今回はここまでにします。

     次回も続きを書きますが、書店に頼めば「日本医事新報 No 4383 2008」は、入手する事が可能です。全文を読む事をお勧めします。
     
     人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。  
    スポンサーサイト